役に立つ教育技術 いくつ持ってますか1
子どもの心をわしづかみにする30の仕掛け

役に立つ教育技術 いくつ持ってますか1子どもの心をわしづかみにする30の仕掛け

好評8刷

段取り力と演出力で子どもを惹きこみ学級をまとめる。

「どんどん日がたつにつれて皆仲良くなってきた。友だちもふえた気がする。男女の間でも前より話をするようになった。仲間はずれも全くないし〜」こんな作文を子どもからもらいたいと思う教師は多いと思う。そこに至る手だてを、学級経営や授業指導の具体例で示す。


紙版価格: 1,960円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
4-18-614119-3
ジャンル:
授業全般
刊行:
8刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 160頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年12月9日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
T 学級に「先生大好き!」コールを起こす仕掛け
1 担任が学級のボスになる /前田 憲明
2 教師の得意技で権威を高める /小松 俊介
3 授業で教師の権威を高める /桑原 泰樹
4 けんかの仲裁ノウハウ /林 健広
5 やんちゃ君との闘い方 /奥田 嚴文
6 「時間を守る」だけで「先生大好き!」となる /木田 庄継
7 子どもの心をわしづかみにする語り /大田 早弓
U どの子も「先生が好き!」と思い込む仕掛け
1 授業中のアイコンタクトはこうとる /平中 健也
2 どの子も心待ちにする日記の返事 /山田 恵子
3 わずかな進歩を発見、こうほめる /松本 訓枝
4 子どもを魅了する言葉かけ /吉田 宗尚
5 子どもとの距離を縮める「先生のお手伝い」 /奥田 嚴文
V 男女が仲良くなるための仕掛け
1 男女で協力、授業でこう活動させる /岸 義文
2 男女で協力、給食・掃除でこう活動させる /井上 玉美
3 男女で協力、休み時間のこの遊び /中山 崇
4 どの子も納得――遠足などの班づくり編 /三井 清
5 どの子も納得――席替え編 /市川 徹
6 隙間時間にこそ、学級づくりに役立つゲーム! /臼井 昭文
W 「気になる子」を取り込む仕掛け
1 勉強ができない子をヒーローにする /河田 孝文
2 集中力がとぎれやすい子をとりこにする /平山 優希
3 こだわりを持つ子を流れにのせる /新川 莊六
4 パニックに陥りやすい子を熱中させる /蔵田 紀子
5 トラブルが多い子を活躍させる /末益 紀子
X 裏文化で子どもを熱中させる仕掛け
1 クラスがまとまる五色百人一首 /伊藤 和子
2 チャレランで仕掛ける /桑原 佑樹
3 教師の得意技で魅せる――ドッジボール編 /河村 大輔
4 教師の得意技で魅せる――ピアノ編 /上野 直子
5 夢中! 熱中! このイベント /大貝 浩蔵
6 教師がガキ大将となって仕切る休み時間 /中村 浩二
7 「読んで」コールが起こる本の読み聞かせ /鶴美 和子

まえがき

 最も信頼できる学級経営の評価は、子どもの作文である。

 年度末、自分の学級について作文を書かせる。

 「どんどん日がたつにつれて、みんな仲良くなってきた。私も一学期より友達が増えた気がする。男女でも前より話をするようになったし、とても明るくなった。六年生を送る会では、係で男女一緒に考えたりして六年生を送る会をやりとげた。いろいろな人も話し合い、発表にも参加するようになってきたのもみんな仲良くなったからだと思う。仲間はずれとかも全くないし、みんなとても仲がいい。」

 この学級は、前年度崩壊していた。

 ある子は、次のような作文を書いた。

 「四年のころは学校に行くのいやで早く帰りたい帰りたいと思っていたけど、五年生になって学校に行くのがすごく好きになって朝がすごく楽しくなった。これも、河田先生の学級になったからだと思う。来年も河田先生が担任になってほしいと思っているので六年生の担任になってください。」

 この学級は、前年度次のような状態だった。

 授業中の教室徘徊は日常茶飯事。授業中、「頭が痛い」と称して保健室に逃げ込む子が続出。雑談でにぎわう教室。/ガラスを割る。友達を殴る。他の学年の子にけがを負わせる。三階の窓から物を投げる、つばを吐く。メンバーは日替わり。/クツかくし、悪質ないたずら、アザができるほどの暴力など……日常化するいじめ。/誰かがつけた民放テレビでにぎわう朝の教室。全校朝会・集会活動の集合時間に間に合わない大多数の子。ほとんどの子が遊ぶ掃除時間。/いじめっ子、やんちゃな子が闊歩し、まじめな子、勉強したい子が小さくなっている学級。やがて教室はまじめがバカらしい空気に包まれる。ほとんどの子がやりたい放題、好き放題。

 これら惨憺たる状況はすべて事実である。この学級で一年間過ごした子どもたちの証言である。

 年度末、私はこの学級の担任を希望した。あっさり決まった私に同僚は同情した。

 「あそこまで崩れたら、誰が担任しても再生は無理……。あの子らを更正させるのは難しいよ。でも、これ以上崩れようがないから……。がんばって……。」

 周囲の同情と心配に感謝しつつ、私は新年度の準備を進めた。崩壊した学級向けの準備……ではない。

 教室を片付けてから黒板にメッセージを書く。子どもの名前を覚える。最初の三日間のアクションプランをノートに書き、頭の中でシミュレーションする。きわめて例年どおりの準備である。

 そして迎えた新年度。案ずるより産むは易し。崩壊した学級は、三日間で再生した。

 同僚の心配も保護者の不安も見事に裏切ることになってしまった。

 それから、子どもたちはグングン力をつけ学級集団として抜群のまとまりを見せはじめた。親・教師・子ども、あらゆる視点からそれが確認できるようになった。


 二月、私の学級で長州教育サークルの丸一日授業研修会を持った。サークルメンバーが一時間交代で授業をするという企画である。一日いるわけだから、学級経営に関して取り繕いも隠し事も言い訳もできない。

 その日の終わり、槇田健先生から子どもたちへ次の言葉をいただいた。

 「君たちの討論は、山口県内の五年生でトップレベルです。全国の子どもたちを見てきた私が保証します。」

 槇田先生に山口県のトップレベルと評される学級が前の年は崩壊していた。

 原因はどこにあるのか。単学級のため、クラスがえはなかった。

 変わったのは、担任だけである。

 すべてとはいわないが、担任の姿勢に問題があったと考えるのが自然だろう。

 学級経営の生命線は、もちろん授業である。

 授業がうまい担任の学級は、絶対に荒れない。周囲がうらやむ居心地のよさそうな学級集団となる。

 なぜか? 授業がうまい教師は、段取り力があるからである。四十五分という制限時間の中で、最大限の効果をあげようと時間をマネジメントする。

 また、授業がうまい教師は、演出力がある。難しいことを簡単にし、子どもを惹きこむ演出をいたるところに仕掛けている。

 授業がうまい教師は、段取り力と演出力を学級経営にも活用している。さまざまな仕掛けで、どの子にも居心地のよい空間を演出するのである。

 本書には、学級経営がうまい教師の段取り力と演出力が抽出され整理されている。

 学級生活のさまざまな場面で、教師はどのように判断し行動していけばいいのかが具体的に示されている。

 また、学級経営の方向を左右する勘所が描かれている。

 多くの失敗、多くの成功の上に創りあげられた具体的な方法ばかりである。

 本書を活用され、一つでも多くの学級が居心地のよい空間になることを願っている。

 一人でも多くの子どもと、一人でも多くの教師の笑顔が増えることを願っている。


 本書は、私どものサークルTOSS/Advance初の共著である。

 編集を担当した山田恵子氏をはじめとするサークルの仲間一人ひとりが、経験と知恵と汗をしぼり出して書き上げた。

 私たちの努力の結晶が一人でも多くの先生方のお役に立てることを願っている。


   TOSS Advance代表 /河田 孝文

著者紹介

河田 孝文(かわた たかふみ)著書を検索»

1964年5月 山口県下関市豊北町神田特牛生まれ

1988年 山口大学教育学部卒業

1988年山口県山陽町立厚狭小学校教諭,1993年山口県豊浦町立小串小学校教諭,1996年山口県下関市立江浦小学校教諭を経て,1999年から山口県豊浦町立川棚小学校教諭

1988年教育技術法則化運動に参加する。

向山洋一22番弟子,槇田健1番弟子,TOSS授業技量検定5段位,TOSS道徳教育研究会代表,TOSS長州教育サークル所属,TOSS/Advance代表

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ