中学生の学力保障シリーズ5
英語の学力向上策

中学生の学力保障シリーズ5英語の学力向上策

ロングセラー

好評6刷

時代の要請でもある学力保障。そのためにすべきことは何か。

生徒指導の根幹はすべての生徒に学力をつけることだと主張する。そのために中学英語では指示と発問で授業を進め、説明しない、リズムとテンポ、ほめ続ける、生徒の緊張場面を作るなどを通して学力保障を確実にすると説く。


紙版価格: 1,860円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: なし

ISBN:
4-18-613512-6
ジャンル:
外国語・英語
刊行:
6刷
対象:
中学校
仕様:
A5判 168頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年11月15日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
第T章 英語授業のシステムと基礎学力
1 言葉を削り我流を排せ、そして時間を確保せよ /大北 修一
1) パーツで授業を組み立てる
2) すべての生徒に身につけさせたい英語の力とは
3) 学力保障のために―「1人のもれもなく」にこだわる
4) 中学校の授業には「詰め」が抜ける
5) 写すのも勉強
6) つねにフィードバックできるシステム
7) 基礎学力の保障は学校で
第U章 英語授業の表舞台
〜「聞くこと・話すこと」の基礎学力を保障する〜
1 「Super Q&A」で英会話の基礎固め /大鐘 雅勝
1) 中学生でも「会話」ができる
2) 用意するもの
3) 進め方:ラウンド1
4) 進め方:ラウンド2
2 スーパーQA(大鐘雅勝氏実践)で鍛える /青木 英史
1) 短時間に大量インプット!「スーパーQA(大鐘雅勝氏実践)」
2) 「スーパーQA」のための準備
3) 実施方法
4) プラス1文に挑戦!
5) ALTとスピーキングテスト
6) スーパーQA例文集
3 3ステップでスピーチ力を鍛える /相澤 愛子
ステップ1:英検2次面接方式で鍛える
ステップ2:教科書本文で鍛える
ステップ3:スピーチコンテストで鍛える
4 教科書のダイアローグからミニスキットへ /紀洲谷 貴実子
1) やっぱり基本形は教科書のダイアローグ
2) 教科書のダイアローグにオリジナルの要素をプラスして
3) 発展としてのオリジナルスキット
4) スキットの中に,必ず聞き返す場面を!
5) ビデオに撮られる!……後輩の見本として
5 不正解率2%! ロールプレイの効果 /森川 ゆき子
1) ロールプレイは「なりきる」こと
2) まずペアでロールプレイ
3) ハンドアウトの必要性
4) 継続した取り組みにするために
6 リストアップ!
――中学1年生を例に―― /川神 正輝
1) まずこのクラスルームイングリッシュ(基礎の基礎編)
2) 次にこれ! クラスルームイングリッシュ(中学基本編)
7 生徒のコミュニケーション能力をつける英語ゲームの活用 /瀧沢 広人
1) 文法学習で使える英語ゲーム 〜比較級を使って〜
2) マジカルリスニングで全員参加の授業を 〜ポイントは2人1組というしかけ!〜
8 リズムとテンポで新出文型をこう導入する
〜授業の導入は「モノ」と「ノリ」で生徒の心をぐっとつかむ! /八納 由美子
1) 授業準備からワクワクする!
2) モノを効果的に使う
3) 何度も繰り返して,定着をはかる
第V章 英語授業の裏舞台
〜英語の「読み・書き・文法」を保障する〜
1 英単語はこう教える
――英単語習得システム 平均点98点!!!『英単語スキル』の威力 /田上 善浩
2 教科書が読めない子への指導ステップ3 日常的に読めない生徒の実態をつかめ /大北 修一
ステップ1:全体音読の指導
ステップ2:ペア音読の指導
ステップ3:詰めの指導
3 読みとり能力を育てる「新・訳読式」の授業 訳読式授業は,「できない」子を救う /瀧沢 広人
1) 英語が読めない……と言う女の子の叫び
2) 訳読式否定論への疑問
3) 向山型算数を意識して
4) 昔の「訳読式」と今回の「訳読式」
4 「詰め」のノート指導五つのステップうっとりするノート作り
〜五つのポイント〜 /清水 陽月
5 文法が理解できていない子への指導ステップ3 説明しない 確認する 繰り返す
――「過去形」を例に―― /川神 正輝
ステップ1:あれこれ説明しない,問う
ステップ2:今何を勉強しているのかを確認する
ステップ3:練習を繰り返す
6 書く力を育てる試写プリントはこれだ 視写は音読活動とリンクさせて /大北 修一
1) 授業時間内で教科書を視写させる
2) 教科書視写で何を使うか
3) 本文視写プリント
4) 本文プリントを使って「検定試験」をする
7 教科書ワークブックのさせ方三つのポイント 教科書問題で成功体験を! /野々村 由美
1) 教科書問題に入る前にペアワークで
warm-upを(大鐘雅勝氏の追試)
2) 向山型数学に学ぶ教科書問題の指導システム
(西野一葉氏の構想追試)
3) 早く終わった子どもに発展的な活動を
8 スモールステップで高校入試対策 /高場 政晃
1) スラッシュ訳で長文読解を少しずつ
2) 「名詞軍団」で少しずつ長い英文が書ける
9 単語が読めない子への指導ステップ3 フラッシュカード・ビンゴ・緊張場面 /青木 英史
1) フラッシュカードを使う
2) ビンゴで繰り返し単語にふれさせる
3) 「緊張場面」を作る
10 できない子でも取り組める英文法プリント A君が変わった! 笑顔あふれる魔法のプリント /森川 ゆき子
1) A君が〇をもらいに来た!
2) 試行錯誤の授業づくり
3) プリントへのこだわり
4) 具体的な使い方
5) 苦手な生徒にはこの指示で詰めをする!
第W章 英語のテストづくりとその評価
1 言語や文化についての知識理解の問題 言語と文化に分けて,授業ベースの出題を /紀洲谷 貴実子
1) それぞれの分野をはっきりさせて
2) 「言語についての知識理解」を問う問題づくり
3) 「文化についての知識理解」に感じる違和感
4) 「文化についての知識理解」を問う問題も,授業ベースで考えたい
2 読み取り問題をこう作る /青野 厚子
1) 教科書からの出題
2) 生徒が初めて目にする文章
3 リスリング問題をこう作る 公立高校入試問題をターゲットに /佐藤 泰弘
1) 入試の分析
2) 定期テストの作問
3) 録音
4 書くことの力を試す英語テスト /堤 浩則
1) 書くことの基本の力
2) 基本の確認テスト
3) 語彙は充実しているか
4) 英作文で総合的な力を
5 スピーキング実技テストをこう実施する /田上 善浩
1) 音声
2) Q&A
3) スピーチ

まえがき

 「学力保障」。私たち中学校教師が最も重要視すべきキーワードである。

 生徒指導,教科指導,進路指導……様々な指導があるが行き着くところは「学力保障」である。

 授業がおもしろくない。どうせ自分はやってもだめだ。勉強なんかしたくない。そんな生徒は荒れる。生徒指導の根幹にすべきは生徒に学力をつけることである。

 おもしろい授業,楽しい授業。そんな授業ができた。生徒の表情が明るくなった。ところがテストをやってみると点が取れない。がんばっているはずなのに点が取れない。「やっぱりだめか」。テスト後の失望感。学力を「保障」することが教科指導の根幹に来なくてはならない。

 そして進路を保障するとはまず第一に学力を保障することである。学力を確実につけさせることが進路選択の幅を増やすことになる。学力をつけないままの進路保障はあり得ない。

 生徒に学力をつけさせたい。教師ならだれもがそう思う。そして何度も「ていねいに」説明をする。しかし説明すればするほど分からなくなる。授業のテンポが崩れリズムが悪くなり,生徒の集中が切れる。

 教科書以外の問題をと思い,手作りの補充プリントをたくさん作りやらせる。すぐ出来る生徒と時間内に出来ない生徒の差が大きく開く。出来てしまった者はヒマになり,出来ない生徒は家に持って帰るが結局出来ずじまいに終わる。またプリントのミスがなくならず生徒にいらぬ混乱をさせることも少なくない。

 そんな現状をなんとかしたい。この本を手にされた中学教師の方々はまじめに真剣に生徒の学力問題を考えておられることだろう。

 TOSS中学は向山洋一実践に学ぶ中学教師が集まってできている。

 向山実践では,

  ・説明しない。(説明すればするほど分からなくなる。)

  ・教科書を使って授業をする。宿題は極力出さない。学校で読みも書きも計算もしてしまう。

 TOSS中学英語も指示と発問で授業を進める,説明しない,リズムとテンポ,ほめ続ける,作業をさせた後は必ず確認を入れる,生徒の緊張場面を作る(ソロ活動を入れる)などを通して生徒の学力を保障する取り組みを進めている。そしてTOSS(Teacher's Organization Of Skill Sharing)の名のごとく,よりよい指導法を共有化していきたいと考えている。

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ