五色百人一首で学級づくり 低学年編

五色百人一首で学級づくり 低学年編

好評4刷

書評掲載中

五色百人一首がクラスに感動の嵐を巻き起こす!

五色百人一首が生んだドラマ―クラスを救う、子どもを救う、そして教師を救う。特に低学年児は夢中になる。炸裂する五色百人一首の効果を低学年システムとして開発。こうすれば一年生でも始められる。ちょっとした技で。


紙版価格: 1,960円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: なし

ISBN:
4-18-530214-2
ジャンル:
学級経営
刊行:
4刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 176頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年9月17日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

監修の言葉 /小宮 孝之
まえがき /岡 惠子
第T章 五色百人一首が生んだドラマ
1 クラスを救う! 子どもを救う! そして教師を救う! 五色百人一首の力
2 夢中で覚える一年生。百人一首が子どもたちを変えた
3 子どもを変えた五色百人一首
4 ひらがなを覚えていない子にこそ五色百人一首
5 百人一首は人生の縮図?
第U章 我流からの出発
1 こんなところにあった私の我流
2 「どうして、うちは百人一首コールが起きないの?」からの出発
3 毎日することに意義がある
4 「こんな我流があったなんて!」からの出発四四
5 我流を廃して楽しい百人一首
6 私にも起こせた! 夢の百人一首コール
第V章 知的に楽しく五色百人一首をしよう
1 漢字交じり文で五色百人一首小話をする
2 五色百人一首で子どもたちが夢中になる小ネタ集
3 百人一首と読み先習百人一首と「鳥」の授業で一年生が大興奮!
第W章 五色百人一首で変わった子どもたち
1 炸裂する五色百人一首効果
2 百人一首で、ここまでかわる
3 苦手な子を救う得意札
4 真の勝利
5 やんちゃ坊主と百人一首負けたらかんしゃくを起こす子とは、こう付き合う
6 ドラマを生む百人一首Aちゃんが変わった!
7 五人だって白熱! 五色百人一首は最高!
8 百人一首せんと、学校が始まった気がせえへんなぁ!
9 朝百が朝のリズムを作る
10 百人一首で親子、祖父母と孫とのつながりができた
11 ひらがなを覚えていない子にこそ、五色百人一首を
第X章 五色百人一首の低学年システム
1 みんなが取れてみんなが楽しい
2 こうすれば一年生でも始められる! ちょっとした工夫と技
3 六月から始めた百人一首
4 「五色百人一首」一年生への指導をどうしたか
5 「先生、どこに行けばいいの!」の嵐
6 番付チェンジの混乱は、こうしたらなくなる
7 「ゐ」だって「ゑ」だって読めるよ
8 詠み方の工夫で力をつける
9 低学年でも無理なくできる五色百人一首のシステム
10 わんぱく坊主も盛り上がる百人一首のシステム
11 覚えるコツは?
12 取れなくてもうれしい団体戦
13 大会入賞者養成修業システム
14 一年生はじめての百人一首、三つの裏技
第Y章 学年・学校を巻き込んで五色百人一首をしよう
1 ちょうせんじょう
2 学年を巻き込んで、学校を巻き込んで百人一首をやろう!
3 低学年もできた! 校内五色百人一首大会
4 百人一首の交流はこのようにして成功していった

監修の言葉

 このシリーズの執筆、編集作業そのものが「ドラマ」だった。ライターが決まった段階で情報交換用のMLを作った。その日のうちに五色百人一首をめぐる事実が次々と書き込まれていった。鳥取の入江明代先生からは「本校一二クラスのうち、五クラスが百人一首に取り組み始めました。終業式の日も三年生が六年生と対戦して勝ち一年生は三年生と対戦し圧勝して喜んで帰っていきました。休憩時間も一年生が三年生の教室に出かけていって百人一首をしています。一月には他校と百人一首交流会をします。学校で取り組むと本当に楽しいです」というとびきりのドラマが、大阪の糸井利則先生からは「高学年の荒れたクラスでのエピソードを書きます。学級崩壊をさせたクラスの弟妹たちを、自らが企画した五色百人一首大会で上位独占させたドラマがあります。絶対書かせてください」という強い意思表明が寄せられた。しかしこれらは本編に掲載されない、いわば「次点のドラマ」に過ぎない。

 低学年編を担当した岡惠子先生は「ほんのちょっとの子どもの変化も見逃さず記録しておいてください。かすかな進歩は子どもにとっては大きな変化なのです。負けて怒って泣いて……そんな中で一枚が取れたという時が必ず来ます。上手くいかなかった先生が「百人一首コール」を聞いた時、やっていてよかったと思う瞬間です。今回の仕事は天命のような気がします。五色百人一首の良さを伝えなくてはならない。五色百人一首の神様はいるのです。私たちが札を読むとき、そっと側に来てくれているのです。これからもこのTOSSの財産を広めていきましょう。皆さんで百人一首の文化を後世に伝えましょう」という呼びかけをした。そして、一年生に初めて百人一首を指導した時のドラマや、「どうして、うちは百人一首コールが起きないの?」という疑問から我流が見えたという先生のドラマ、親子・祖父母との繋がりが深まったという事実に加え、平仮名を覚えていない子にこそ百人一首を教えたいという主張、更に百人一首と漢字読み先習との関連などが完成した。

 高学年を担当したのは長野の宮崎京子先生だ。「初めてで分からないことだらけでしたが、一三〇ページの原稿が集まりました。子どもたちが大好きな五色百人一首で、一人でも多くの先生方が素晴らしい学級を作っていってくださることを願ってやみません。この仕事を与えてくださり、本当にありがとうございました」という声に応えて、高学年ならではの実践が続々と集まり、「黄金の三日間から、一学期・二学期・三学期から開始するシステム」、さらには「学級イベント」として、学期末編、県大会参加編、卒業直前編、親子レクレーション編がすべて揃った一冊ができあがった。

 本シリーズの大きな特徴は中学校のドラマだけを集めた一冊が作れたことである。責任者の田上善浩先生を中心にTOSS熊本・中学サークルの先生方が執筆した。田神先生は「小学校とは違う、中学校の事情、実情などを踏まえて、中学ならではの一冊にしたいと思います」と述べ、「中学生が熱中する五色百人一首」をテーマに、校内百人一首大会でのドラマ、中学生が熱中する五色百人一首の威力、五色百人一首を取り入れた楽しい授業参観の様子や国語「短歌」の授業に百人一首がこれほど効果を発揮する、という論文が詰った一冊を完成させている。

 各論文には必ずクラスで起こった描写が入っている。子どもが言った言葉。負けてふてくされて「やりたくねえ」と言っていた子が熱中するまでの様子などが赤裸々に描かれている。すべて事実だから、そこには重みがある。

 編集段階で「面白くない」と思った原稿は、容赦なく執筆者に突き返した。「ここがこうダメです」「県のボスに見てもらってから出して下さい」と伝えると、見事に変身した原稿に変わって戻ってきた。

 長い長い歴史をくぐり抜けてきた百人一首を次の世代に伝えていくのは我々教師の使命である。各執筆者が作り上げた数々のドラマを是非、全国の多くの学校でたくさんの子どもたちにも経験してほしいと願ってやまない。そこで新たなドラマが生まれた時、本シリーズの本当の価値が、実感としてお分かりいただけるものと思う。


   TOSS五色百人一首協会事務局長 /小宮 孝之

著者紹介

小宮 孝之(こみや たかゆき)著書を検索»

1963年7月 東京都生まれ

1987年3月 文教大学教育学部卒業

私立高等学校にて古典の教韃を執った後,東京都の公立小学校に移る。現在,東京都北区立小学校勤務。

TOSS武蔵野代表。

TOSS中央事務局で五色百人一首を担当し,TOSS五色百人一首協会事務局長を務める。

岡 惠子(おか けいこ)著書を検索»

TOSS相模原

1982年 千葉大学教育学部卒業

現在,神奈川県相模原市立鶴の台小学校勤務。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ