TOSS教師の読み聞かせシリーズ5
教室がジーンとなる“やってみたくなる感動の仕事”話70

TOSS教師の読み聞かせシリーズ5教室がジーンとなる“やってみたくなる感動の仕事”話70

好評3刷

子どもたちに世の中の職業の奥深さ、広さを伝えたい。

どんな場、どんな仕事でも、働く人の姿は美しい。そこから子どもが"将来なにを目指していくか”を考えるきっかけになるような、感動的な話を収録。自分を高める、人とのつながりを伝える、自然や命の大切さを伝える、社会に広さと深さを伝えるなど、豊富な事例で迫る。


紙版価格: 1,960円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
4-18-529511-1
ジャンル:
学級経営
刊行:
3刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 160頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年9月24日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
1 働く人の姿から学ぶ自分を高めるためにしたい話
◇愛と勇気にあふれた感動する話
盲導犬訓練士◆愛情をもって育てる /青木 勝美
将棋の棋士◆難病の少年を支え続けた将棋 /奥田 真由美
医師◆自分を待ち続ける患者たちのために /小林 亜津子
ボーカリスト◆欠点は魅力にしちゃえばいい・歌で勇気や幸せを与える /水野 正司
刑務官◆罪を償う人達と共に過ごす /藤原 佳澄
警察官◆「制服を着る」とは「責任を着る」ということ /福谷 崇
◇努力の大切さを伝える感動する話
タレント◆恐怖、苦悩、違和感の苦しみに中から自分流を切り開く /青木 勝美
営業マン◆『しょうゆ』でアメリカ市場に食い込め! /青木 勝美
プロ野球選手◆練習、練習、それ以外に道はない /青坂 信司
政治家・市長◆お金をもらわない信念が、住み良いまちを作る /山田 正和
古野電気◆魚群探知機を作った男の話 /宍戸 威之
りんご師◆りんごへの思いがりんご産地を救う /石川 雅昭
バットマイスター◆日本人メジャーリーガーを支えるバットづくり職人 /染谷 幸二
靴磨き職人◆心までも磨き上げる職人魂 /染谷 幸二
◇夢と誇りを持ち続けた感動する話
落語家◆後ずさりだけせずに常に前に向かって進む /青木 勝美
炭焼き職人◆信じた仕事に誇りをもつ /青木 勝美
漫画家◆夢に向けて背中を押してくれた一言 /青木 勝美
役者◆五〇歳を過ぎても夢を追いつづける /青木 勝美
考古学者◆一つの夢を追っている人間は輝いている〜吉野ヶ里遺跡を発掘した考古学者 /大木 敏道
プロ野球選手◆平常心でチームの信頼を勝ち取る /宍戸 威之
鳶職◆「仕事は愛」 /小手森 良貴
理容師◆どこの世界にも夢はある。ないのは自分が夢を持たないだけだ。 /水野 正司
プロボクサー◆雨もりのしない立派な家に両親を住まわせたい /水野 正司
幼稚園経営者◆本物の幼児教育をめざした園長さん /水野 正司
自動車工◆世界一速い自動車を作った男 /福谷 崇
2 働く人の姿から学ぶ人とのつながりを伝える話
◇おもいやりの心を持った人の感動する話
管理職◆桂離宮を復活させろ /青木 勝美
タレント◆太陽の一言が心の交流につながる /青木 勝美
村のお医者さん◆人々に心から慕われた医師 中原呉郎 /和歌 千明
客室乗務員◆国際線トップクラスのサービスは、客室乗務員の思いやりに支えられている /宍戸 威之
居酒屋経営◆目の不自由な子どもたちにひと時の幸せを /馬場 慶典
園芸業◆思いやりは「いつでも」「どこでも」「全ての」人に /馬場 慶典
お笑い芸人◆華々しく浴びる光の陰にあるものは /平田 純也
◇感謝の心を忘れない感動する話
教師◆可能性をどこまでも信じる /小林 亜津子
花火師◆贈られたゴーグル /和歌 千明
タクシードライバー◆お客様との出会いを大切に /和歌 千明
画家◆絵で伝わる誠実な生き方 /染谷 幸二
教師◆応援されることの喜び /藤原 佳澄
コンビニエンスストア◆お客さんに「また来たい!」と思わせたい /南川 敦子
薬品販売店◆売ったのは「希望」 /馬場 慶典
3 働く人の姿から学ぶ自然や命の大切さを伝える話
◇人の命の大切さを守る感動する話
医師◆地味ではあっても、貴い生命を救うため真摯に働く姿こそ本物になれる /青木 勝美
看護師◆ナースセンターでのコーヒー /和歌 千明
消防士◆十年ぶりの再会 /和歌 千明
義肢装具士◆笑顔を持って帰ってもらいたい /山本 真吾
救急救命士◆タイムリミットは七二時間!救急救命士必死の救助活動 /馬場 慶典
旅客機操縦士◆絶体絶命から乗客を守った名パイロット /馬場 慶典
医師◆次々と同僚が倒れても信念を貫き病気と闘った /平田 純也
◇自然と共に生きる感動する話
装蹄師◆馬の気持ちにならないと馬の痛みがわからない /青木 勝美
保健所◆殺処分される小さな命を救え /青木 勝美
研究所所員と農家◆荒れ果てた土地から世界最高峰をつくりあげる /青木 勝美
ネイチャーガイド◆今、目の前にある自然を子ども達に /藤原 佳澄
農業研究者◆植物の力を引き出す農業のプロ /水野 正司
鳥類保護研究者◆アホウドリの絶滅を救った研究者魂 /染谷 幸二
動物医◆あきらめない治療が動物と人間を救う /馬場 慶典
昆布漁師◆襟裳砂漠を緑の森に変えた男 /石川 雅昭
4 働く人から学ぶ社会の広さと深さを伝える話
◇働くことの喜びに満ちた感動する話
ドアマン◆人の役に立てているかどうか、それが全て /和歌 千明
看護師◆病気を抱えた看護師のプロ意識 /吉田 沙智
バイク製造業◆「一〇〇%惚れる」 バイクの改造一筋 /小手森 良貴
パン屋◆「おはよう」の声が聞こえるパン屋さん /松岡 義智
教師◆教師の仕事は思い出づくりではない・人生を変えた私の先生 /水野 正司
タクシー運転手◆「困ったときに必要とされる仕事だ」という誇りが仕事を支える /水野 正司
ホテル客室係◆ハンカチ一枚への思いやりが生涯の思い出を生んだ /馬場 慶典
新聞配達員◆寒い!眠い!痛い!辛い! /だからこそ人の気持ちが温かい /平田 純也
◇日本人としての気概に満ちた感動する話
OS開発者◆逆転『TRON』にかけるОS戦争 /青木 勝美
町工場の職人◆通勤ラッシュを通過せよ /青木 勝美
警察官◆土石流災害で六五〇人の命を救う /青木 勝美
UNTACボランティアメンバー◆僕はその誰かになりたい /青坂 信司
青年海外協力隊◆日本もここも同じ。出会いに感謝 /佐々木 尚子
南部鉄器職人◆職人の気概が後継者不足に「待った!」をかける /染谷 幸二
建具職人◆「素直な木しか使わない」というこだわり /染谷 幸二
医師◆地位も名誉も財産も投げ打って、放射能に汚染された地に降り立った /平田 純也

まえがき

 サークルの仲間に「子どもの頃の夢は何でしたか」と聞いてみたことがあります。

 「プロ野球選手になりたい」「看護師になりたい」「幼稚園の先生になりたい」「小学校の先生になること」「保育士」「パイロット」「コックさん」などと発表してくれました。

 私は、その発表を聞いて次のように言いました。

 「みなさんが言ってくれた一つ一つは、職業です。つまり、夢の多くは職業と結びついていることが多いのです。夢を実現するということは、将来自分の就きたい職業に就くということでもあるのです」

 子どもの夢や希望を育む教育は絶対に必要です。その切り口の一つが「職業」です。

 現在、進学も就職もしなかった若者、いわゆる無業者(NEET・ニート)が増えていると言われています。その数全国で約五二万人です。その他に、若者をめぐる問題は数多くあります。不登校の子どもの数約一三万人。定職に就かないフリーターは約二〇〇万人です。それら全てを合わせると約二七〇万人もの若者たちが何らかの問題を抱えていることになります。

 若者の問題をこのまま放置することは、日本という国家にとっての大きな損失なのです。

 こうした状況の中で、文部科学省は平成一七年一月二八日にキャリア教育の報告書をまとめました。キャリア教育とは、「児童生徒一人一人の勤労観、職業観を育てる教育」です。またこれとは別に社会経済生産性本部は、若年者の雇用の将来を考える会の最終報告として、「若者に希望と誇りをもてる職業を」という行動計画をまとめています。

 国も民間も共通した問題認識の下で報告書をまとめたのです。それだけ日本にとって緊急の重要課題であるということがわかると思います。

 子どもの頃の夢や希望は、固定したものではなく多くは流動的です。あるときはプロ野球選手、あるときはパイロット、あるときは冒険家といったように、常に変わるものです。それは身近に接したり、何らかのメディアを通して自分の心が動かされたからです。それは決しておかしなことではありません。自分がその時々憧れる職業や人物と重ね合わせることで、自分の将来の可能性を探っていくことになるのです。

 世の中にある職業や、そこで働く人たちの世界は、奥深く、広いのです。

 子どもたちの夢や希望を育むために、世の中の職業の奥深さ、広さを伝えたい。そして、そこで働く人たちの心を打つエピソードや困難を乗り越えていく生き様を伝えたい。それは、学校教育が行うべき大切なことの一つだと私は考えています。

 この本の中で紹介しているエピソードの一つ一つは、きっと読み聞かせるだけで教室の子どもたちの心を打つものばかりです。子どもたちはジーンとします。そして、世の中には様々な職業があり、職業の一つ一つの中には、ドラマがあるのだということを学び取ってくれるはずです。

 多くの教室で、この本の中のエピソードが紹介され、子どもたちの夢や希望を育むことに少しでもお役に立てることを願っております。

 最後に、この本の執筆の機会を与えてくださった明治図書樋口雅子様とTOSS中央事務局の師尾喜代子先生に深く感謝いたします。


  平成一七年二月一七日   TOSSオホーツク 代表 /青坂 信司

著者紹介

師尾 喜代子(もろお きよこ)著書を検索»

・静岡県磐田市出身

・青山学院大学卒

・東京都大田区立田園調布小学校勤務

・『ジュニア・ボランティア教育』誌副編集長

・TOSS中央事務局

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ