TOSS教師の読み聞かせシリーズ4
教室がシーンとなる“とっておきの話”100選 中学生編

TOSS教師の読み聞かせシリーズ4教室がシーンとなる“とっておきの話”100選 中学生編

ロングセラー

好評17刷

どんな騒がしい教室でも静かになる。心に響く話100選。

大好評のシリーズの中学生版。大人に近づきつつある中学生は悩みも行動も人生で一番揺れる時期。教師の言葉で、彼らが悩んだ時、失敗した時、ひるんだ時に心に響くとっておきの話を、あらゆる場面を想定して紹介。全校集会でも活用できる作品も多数あり。


紙版価格: 2,300円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: なし

ISBN:
4-18-516416-5
ジャンル:
学級経営
刊行:
17刷
対象:
中学校
仕様:
A5判 240頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年9月19日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき /師尾 喜代子
1 「生徒指導」で使う話
誰だって、本当は変わりたいんだ /下里 守
万引き――何万人もの人の思いを引き裂く行為 /山本 真吾
「夢」をキーワードに学級目標の趣意を生徒に語る /染谷 幸二
進級した二年生には、信頼される先輩になるための条件を語る /染谷 幸二
CHANGEをCHANCEに /佐々木 尚子
道は自ら切り開いていくものである /佐々木 尚子
人は変わることができる メダカが教えてくれたこと /北吉 陽子
その人の行動は、その人の心が決める /染谷 幸二
荒れた学級を救う「はい」の話 /染谷 幸二
挨拶とは心を届けること /染谷 幸二
靴箱に置かれた靴を見れば、その人の心がわかる /染谷 幸二
もの言わぬ物を大切にしなさい /月安 裕美
学校にいけなくなった女の子が書いた詩 /山本 真吾
正直な態度は必ず認められるものである /川神 正輝
HIVに感染した美香 /太田 輝昭
薬物に手を出してしまったアキラ /太田 輝昭
なぜ、スカート丈は膝下か /伊藤 和子
本当の気持ちがあれば行動できる /垣内 秀明
自分の失敗を見つめることで成長できる /垣内 秀明
喫煙にショックを受けている下級生がいますよ /小中 原愛
煙草はあっさりやめられる /佐藤 泰弘
思春期は「夢」「あこがれ」を求める時期である /川神 正輝
思春期は価値観が変わる時期である /川神 正輝
2 人生の知恵を「スポーツ選手に学ぶ」
ゴジラ松井が立てた中学二年生の誓い /北吉 陽子
プロは自ら憎まれ役を買う /山本 芳幸
古田選手は人を輝かせて、自分も輝いている /下里 守
日本一の市民ランナーを目指す藤原佳澄先生 /染谷 幸二
「裏方」の人がいるから野球ができる /櫛引 丈志
壁を乗り越えて自分の可能性を広げる /厚 美佐
一流選手は見えないところでも努力をしている /山本 芳幸
3 「友達・友人関係」を語りたいときの話
牛乳のふたを拾った彼を好きになった /小川 晶子
彼との再会が臆病になっていた私を変えた /岩渕 明子
私のような思いをしてほしくない /多根 千晶
友達の言葉に救われた /小川 晶子
カッコイイのは誰だ /下里 守
教室が温かくなる「ダッシュ」の話 /藤原 佳澄
ケンカの思い出 /山本 真吾
4 「命の大切さ」を教える話
あなたは奇跡の一人だ /月安 裕美
もう一つの入学式 /垣内 秀明
尊い人生を歩んでほしい /向井 ひとみ
クリスマスツリーの思い出 /佐々木 尚子
誕生日は、「生きていること」に感謝する日 /染谷 幸二
エイズウイルス感染者と共に生きる /太田 輝昭
尊い命が奪われる人工妊娠中絶 /太田 輝昭
5 「先達・先人に学ぶ」人生の知恵
ジョン万次郎に学ぶ運命の開き方 /向井 ひとみ
「善の心」は「悪の心」より大きく強いものである /向井 ひとみ
生涯ハンセン病患者に尽くした日本人女性 /小川 晶子
困ったときはお互いさま 国際医療ボランティア組織AMDAの基本理念 /小川 晶子
良い遺伝子のスイッチがONになる生き方 /高橋 薫
ふるさとの自然に誇りを持つ /高橋 薫
まず動き出すことが大切である /高橋 薫
日本が世界に誇る女性・緒方貞子 /厚 美佐
遠回りでも、自分の才能や可能性は見つけられる /小中 原愛
キュリー夫人の「科学は人類を幸せにする」という信念 /進士 かおり
一四○○年の伝統が最新技術を支える /進士 かおり
お金儲けより地球を救うことを考えている社長さん /八納 由美子
日本のプラモデル /垣内 秀明
I have a dream.  /佐藤 泰弘
6 「勉強のやり方」を伝える話
国語・なぜ音読をするの? /星 美穂子
数学・問題集を四回繰り返す /西野 一葉
数学・数学は何のために勉強するの? /月安 裕美
社会・サラエボの悲劇から『子どもには敵も味方もない』ことを伝える /染谷 幸二
社会・社会科は誰でも得意になれる! /北吉 陽子
理科・皆既日食、その瞬間! /山本 芳幸
英語・英語スピーチコンテストに挑戦! /八納 由美子
英語・リスニング力アップの秘密 /青木 英史
総合・「国際理解」では「違い」を考えることがポイントになる /瀧沢 広人
読書・人生を決めた一冊の本との出会い /山本 雅博
読書・読書感想文がきっかけだった /佐藤 泰弘
勉強のコツ・テスト直前はカンニングペーパーを作れ! /藤原 佳澄
勉強のコツ・勉強は自分で苦労しないとやっぱりダメだ /小中 原愛
勉強のコツ・一五分コマ学習 三年生一学期の学習法 /大北 修一
勉強のコツ・だまされたと思って復習してごらん /小川 晶子
7 「部活動指導・行事指導」で使う話
部活動指導では《生き方の指導》が可能である /染谷 幸二
地獄と極楽 /染谷 幸二
大会前日、《感謝の気持ちの大切さ》を伝える語り /染谷 幸二
大会前日、《攻めることの大切さ》を伝える語り /染谷 幸二
《負けたときに残ったもの》が一生の財産になる 部活動の慰労会で語ったこと /染谷 幸二
逃げなかった自分 /岩渕 明子
「がんばる」ということ /垣内 秀明
賞状で評価されない部分で勝負しよう /染谷 幸二
勝負強さは「いつも通りの生活」から生まれる /染谷 幸二
一人が一つでいい それぞれのよさを発揮する /櫛引 丈志
あなたが決めて進めばよいのです まずは一歩を踏み出すこと /櫛引 丈志
プチトマトの話 プラス思考の大切さを語る /八納 由美子
ステージでの一瞬の喜びが、苦しい一年を超える /山本 雅博
陰で支えてくれた仲間への誠意を示す /伊藤 和子
陰でがんばっている人たちのために歌おう 学級合唱が変わる瞬間 /坂井 ふき子
行事前に落ち着いているクラスをほめる /星 美穂子
仲間と共に部活動をする意義とは? /星 美穂子
「運」を呼び込むコツ /太田 輝昭
8 「進路指導」の季節・卒業前にする話
中学卒業は夢を手にする『はじめの一歩』である /染谷 幸二
「ダイヤモンドの原石」が輝き始める時 /染谷 幸二
一つ好きなことを断つ /大北 修一
プレッシャーと仲良くなる /大北 修一
卒業生からの手紙 /山本 真吾
高校にはすべてがあると思ってた /山本 真吾
道子さんが「精一杯生きろ」と訴えかけてくる /岩渕 明子
両親に、自分に望む生き方を聞いてみよう /伊藤 和子
流れ星に願いを唱える /厚 美佐
入試で失敗したから、就職は絶対夢をかなえる /小川 晶子
慎重にして、し過ぎることはない 入学願書の記入 /小川 晶子
大変なときに、あなたは周りを思いやれますか? /坂井 ふき子
最後の瞬間まであきらめないで努力する /坂井 ふき子
会社はお金をもらいに行くところではない /進士 かおり
消防士だった父の「仕事への情熱」「仕事への誇り」 /森山 恭子
あきらめる前に「あと一回だけ」 /森山 恭子
深夜のアルバイトで出会った人たちに学んだこと /山本 雅博
あなたは「柿の種」を選ぶか /藤原 佳澄
新しいことを始めるに遅すぎるということはない /青木 英史
あとがき /染谷 幸二 /川神 正輝

まえがき

 最近、読み聞かせの話題をよく耳にします。

 昨年、明治図書から『教室がシーンとなる とっておきの話 一〇〇選』が小学校の低・中・高と出版されました。

 とても好評で、その反響があまりに多く、中学生にも、教師が選んだよい話、心に届く話を聞かせたいという思いから、本誌の企画が生まれました。

 つまらない話をすると、子どもは騒ぎ出します。子どもだけではありません。大人はだまっているかも知れませんが、「くだらない。」と話し手に評価を下します。

 逆に、心に沁みる話は、子どもに影響をあたえ、行動までも変える力があります。大人の場合は、尊敬の対象となり、多くの人脈へとつながります。


 小学校の全校朝会で、校長先生の後に立った生活指導の先生が、「とっておきの話」の中から選んで、覚えて話をしたところ、ざわついていた体育館が、だんだん静かになったというのです。

 「ほんとうに、いい話を聞くと子どもたちは、シーンとなるのですね。」

と報告してくれました。おまけに「校長先生の話よりよかった。」と先生方から褒められたというのです。


 本誌は、TOSS中学の先生方のお力で書き上げられました。中学生にどんな時、どんな話をきかせたいか、教師の思いが伝わってきます。中学生は、小学生と違って、大人に近づき、悩みも行動も複雑です。中学の先生方が、教師の言葉で伝えてください。中学生たちが、悩んだ時、失敗した時、ひるんだ時、届けたい話ばかりです。

 子どもたちの心に届く話は、自分の取材だけではなかなかよいものとのめぐり合いも限られてしまいます。

 多くの教師たちが、情報のアンテナを高くし、自分の実践と絡めて、書いてくれました。それぞれのお話には、メッセージがあります。話の中に内包された教師の思いや生徒たちへのメッセージが、よい形で、読み手に届いてくれることを願います。

 TOSS代表向山先生は、私たちによくビジネス書を紹介してくれます。成功哲学や前向きな生き方、日本人の気概ある話を読むにつけ、人間としてのあり方や歩み方、仕事へのやる気を受け取ります。教師である私たちこそ本をたくさん読んで、子どもたちに話して聞かせたいと考えます。

 私は、朝の読書タイムに自分の読んだ本の中から、子どもたちに関係のあるところを読むことがあります。小学生には難しい時もあるようですが、それなりの受け取り方をするようです。中学の教室に向山先生の進めるビジネス書を置いたら、生徒たちは面白がって読んだという報告もあります。


 中学の生徒たちが、それぞれの場面で、それぞれの立場で、本書からメッセージを受け取ってくれることを願っています。加えて、小学校高学年、中学と、難しい年頃の子どもたちに対応しなければならない時、教師の力にもなってくれることと思います。

 最後に『教室がシーンとなる とっておきの話 一〇〇選』の名付け親である樋口雅子編集長には、たくさんのご指導を頂きました。また、TOSS代表向山洋一先生には、企画、内容ともに数多くの示唆を頂きました。TOSS中学の井上好文先生、ご執筆いただいた川神正輝先生、染谷幸二先生始め多くの先生方、関係各位に心よりお礼申し上げます。


  二〇〇四年二月   /師尾 喜代子

著者紹介

師尾 喜代子(もろお きよこ)著書を検索»

・静岡県磐田市出身

・青山学院大学卒

・東京都大田区立田園調布小学校勤務

・『ジュニア・ボランティア教育』誌副編集長

・TOSS中央事務局

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ