勉強ができない子の指導法 中学校

勉強ができない子の指導法 中学校

好評5刷

勉強ができない子をどのように指導すれば伸びるのか。

勉強ができないと言われる子をどのように指導すれば伸びたのか、その過程をTOSS中学島根の仲間が共同研究で提言する。落ち着いて勉強できる学級づくり、TOSSの実践の追試、英語、数学、国語、理科などの自信をつける勉強法の提案、三年生への追い込み。


紙版価格: 1,960円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: なし

ISBN:
4-18-515022-9
ジャンル:
授業全般
刊行:
5刷
対象:
中学校
仕様:
A5判 180頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年11月25日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに
T 落ち着いて勉強ができる学級をつくれ
─中学三年生とのドラマ─
一 信頼を持たれていなければ、何の進歩もしない
二 「黄金の三日間」ですべてが決まる
三 モノを用意する ─ギターを手に歌った─
四 最初は譲らない
五 目標を意識させる
六 「道徳」「学活」で子どもをよく見る
七 作業指示には例示を加える
八 スポーツヒーローの授業(イチロー)
九 スポーツヒーローの授業(宇津木妙子)
一〇 スポーツヒーローの話(山下泰裕)
一一 惚れた教材で授業をする
一二 教え込む
1 シミュレーションをする
2 筋を通す
3 手順を同じにせよ
一三 ほめる、ほめる、ほめる
一四 短く叱る
一五 力強く励ます
U TOSSの実践を追試する
─若い教師のドラマ─
一 全員が準備バッチリ! 「三〇秒自己紹介スピーチ」
二 「五色百人一首」でクラスをまとめる
三 中学生も熱中! 「口に二画の漢字」
四 学級レクでクラス・保護者を巻き込む
五 クラス全員が真剣に考える いじめの授業
V 勉強ができない子の指導法 英語
一 中学生も赤まる大好き!
二 カタカナがあれば授業に参加できる
三 授業の前に、発問する内容を告げておく
四 毎時間小テストでスタート。五問なら一〇〇点が取れる!
五 ポイントを絞り、得意なことは毎回ほめる
六 「正解を正しく写すのもお勉強です」
七 授業中はアイコンタクトを忘れない
八 コース選択制の小テスト
九 忘れ物は貸し出して解決
一〇 英語の歌が大好き
一一 塾と学校 こんなに違う!
1 学校の先生は音読をしてくれない
2 学校の先生が言っていること分かんない!
3 学校でのテストの直しを一緒にする
4 学校で使っているノートを点検する
5 テスト前に学習内容をしぼって繰り返し学習する
W 勉強ができない子の指導法 数学
一 小テストは教科書と同じ問題を出す
二 フラッシュカードでの復習から授業を始める
三 宿題は授業後に一緒に解く
四 先生のマルがほしい!
五 ワークブックはこまめにチェックする
六 テスト勉強でやることを示す
七 『あかねこ中学数学スキル』は先生いらず
八 五分あれば良い!
X 勉強ができない子の指導法 国語
一 「自信のない人から、どうぞ」
二 まずは音読から ─塾でも音読は必須─
三 説明せずにあらすじが分かる方法 〜古典〜
四 みんなが熱中! 「五色百人一首」
1 集中力がついたY君
2 暗唱してたくさん和歌を覚えたS君
3 古語が読めるようになったJ君
五 「一字読解」で、できない子ができるようになった
六 学校では教えてくれないテストの解き方
七 書くことがおもしろい作文指導
八 漢字指導は「指書き・なぞり書き・写し書き」の三つのステップで
九 思わずうっとり「直写スキル」
Y 勉強ができない子の指導法 理科
一 勉強の仕方を教える
二 重要な用語は一〇〇個だ!
三 復習のシステムをつくる
1 覚えるべき用語をはっきり示す
2 復習のシステムを作る
四 用語は授業で定着!
五 全員合格! 原子の記号
六 漢字が大事!
七 ダジャレで覚えろ!
1 道管・師管が運ぶもの
2 BTB溶液
3 圧力・密度
4 オームの法則
八 絵を描け、図を描け、表を描け
1 血液が運ぶ物質
2 火成岩・火山岩・深成岩
九 「やったー! AA」ノート点検
一〇 理科室に早く来るといいことがある
一一 個別評定でおこった逆転現象
一二 問題パターンは少ない 〜繰り返しが有効!〜
Z 落ち着いて勉強ができる学級をつくれ
─中学三年生との別れ─
一 何とか授業に参加させたい
二 写すことならできる
三 たった一度の握手
四 卒業式直前のドラマ ─荒れた球技大会─
五 最後のスピーチ
おわりに

はじめに

 私は中学時代、どちらかというと成績は上位だった。そして、担任の勧めるまま卒業後、私の希望とは別に工業高専に入学した。そこで、私は貴重な経験をした。

 当時の高専は、六十点が合格点だった。その中で、一年の時から欠点をもらった。得意なはずの数学でさえ。二年生の時、物理で零点をとった。これも初体験だった。

 読者には、こういう経験はあっただろうか?

 まさに、「落第生」である。

 私は、もともと商業高校を希望していたこともあり、二年で中退し、担任が紹介してくれた普通 高校に一年落第した形で編入した。そこでは、また、優等生(?)に逆戻りした。二年後、もともと行きたかった経営学部に合格し、経営学を学ぶことができた。

 落第も、私には貴重な体験だった。

 途中で方向転換をし、教職を目指したが、実現までに四年の歳月が必要だった。

こういう経験が全て、教職に就いてから役に立った。「勉強ができない子ども」の気持ちが私には分かるのである。もちろん、全てが分かるわけではない。それでも、優等生だけで終わった教員より、少しは分かる(つもりである)。


 私が教職を目指したきっかけは、次の本を立ち読みしたことである。

 山本(f地)三郎『しいのみ学園』福村出版

 当時、私は北九州市内の大学に在籍しており、ジャズ・バンドで身を立てようと、東京で修業をしていた。ところが、ある理由でバンドに嫌気がさし、ふと書店に立ち寄り、先の本を手にしたのである。立ったままで一気に読み進めていた。涙で顔はぐしゃぐしゃであった。お金があれば買って読むのだが、生活費が少なかったため、その時は買えなかった。

 私は、「普通の教師は嫌だが、こんな教師になら、ぜひなりたい」そう考え、バンドを捨て教職への道を進んでいった。そして、数年後、念願の教師になる。昭和五四年、二六歳の春のことである。

 それ以来、私は「障害児教育」に最大の関心を持ちながら歩んでいった。

 ところが、一年後、私は二人の天才教師の書物と出会う。そして、軌道修正する。

 斎藤喜博『教師の仕事と技術』(国土社)

 向山洋一『斎藤喜博を追って』(昌平社)

 二人の天才教師に共通することがある。それは、「障害児教育」を重要視していることだ。

 斎藤喜博は前掲書で「難物な子どもから学ぶ」を書いている。また、向山洋一氏は、大場龍男氏との共著『向山洋一は障害児教育にどう取り組んだか』(明治図書)を執筆している。

 私は、この一点だけをとっても、この二人の天才教師を心の底から信じることができる。

 本シリーズは、二人の天才教師とのつながりが深い、明治図書の江部満編集長のお陰で執筆するチャンスを頂いた。これにも、何かの縁を感じる。

 勉強ができない、と言われている子をどのように指導すれば伸びたのか、その過程をTOSS島根の仲間が具体的に書いた本である。中には、子どものプライバシーを守るために、学年や年度を変えている場合もある。あらかじめ了承願いたい。

 仲間の渾身の指導法をぜひお読み頂き、読まれての感想や厳しい指導をお願いしたい。

 なお、この本は、次のような四冊シリーズとなっている。他の学年も併せてお読み頂きたい。

一 勉強ができない子の指導法 低学年  吉川廣二+TOSS島根二十代サークル+二

二 勉強ができない子の指導法 中学年  丸亀貴彦+TOSS石見

三 勉強ができない子の指導法 高学年  坂田幸義+TOSS島根各サークル代表

四 勉強ができない子の指導法 中学校  川神正輝+TOSS中学島根

 今回も、明治図書の江部満編集長には大変なお骨折りを頂いた。この場を借りて心より感謝する。また、いつも温かくTOSS島根の仲間を見守りご指導下さる向山洋一先生にも心より感謝する。


  二〇〇三年八月十七日(五十一回目の誕生日)

   TOSS島根 代表 /吉川 廣二

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ