総合的学習の教科書シリーズ7
福祉・ボランティアの学習テキスト 中学校

総合的学習の教科書シリーズ7福祉・ボランティアの学習テキスト 中学校

投票受付中

点字の授業、手話の授業、体の不自由な人を理解する授業、お年寄りを理解する授業、総中学はこう変わる、ボランティアの年間カリキュラム。


復刊時予価: 2,010円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: なし

ISBN:
4-18-512716-2
ジャンル:
総合的な学習
刊行:
3刷
対象:
中学校
仕様:
A5判 112頁
状態:
絶版
出荷:
復刊次第
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

発刊のことば
第1章 点字の授業
授業のポイント/ 授業の流れ/ 準備物
1 点字を読む(その1)―らくらくマスター! 点字のしくみ /西山 佳代子
2 点字を読む(その2)―何て読むの? この点字 /西山 佳代子
3 「点字地図」を作ろう―作って楽しい、作って学べる点字地図 /西山 佳代子
4 アイマスク体験(その1)―目が不自由な人と、そのガイドを体験する /井上 好文
5 アイマスク体験(その2)―ガイドと地域調査 /井上 好文
6 盲導犬の理解とマナーの授業 /阿左美 宏明
第2章 体の不自由な人を理解する授業
授業のポイント/ 授業の流れ/ 準備物
1 車いす体験(その1)―足が不自由な人の疑似体験 /井上 好文
2 車いす体験(その2)―車いすに乗って街に出よう /井上 好文
3 車いす体験(その3)―地域調査をして車いすマップを作ろう /井上 好文
第3章 手話の授業
授業のポイント/ 授業の流れ/ 準備物
1 聴覚障害を理解する(その1)―「ハイジの歌」がわかるかな? /山根 恵子
2 聴覚障害を理解する(その2)―口話ゲームをしてみよう! /山根 恵子
3 耳の不自由な人たちの理解の授業―事実の理解・手話・読唇などを通して―(PTA授業参観日の実践) /佐々木 知子
第4章 お年寄りを理解する授業
授業のポイント/ 授業の流れ/ 準備物
1 55年後の自分を想像しよう―年をとることは、ひとごとじゃない /西山 佳代子
2 高齢者介助の方法を学ぼう―中学生にもできる「シーツ交換」 /西山 佳代子
3 特別養護老人ホーム「やすおか荘」との交流―準備活動を例として― /中島 博文
第5章 中学校はこう変わる
1 新教育課程でのボランティア教育 /渡辺 尚人
2 授業の単元化をめざす /長野 藤夫
第6章 ボランティア教育年間カリキュラム
1 福祉・ボランティア教育カリキュラム
あとがき

第1章 点字の授業(冒頭)

点字の授業1 点字を読む(その1)
   ―らくらくマスター! 点字のしくみ /西山 佳代子


 「点字って、《読み》《書き》2通りの表し方があってややこしい。」

 そんな悩みも、点字ペンを使えばソク解消。点字ペンだと「読みの面」だけ理解すればよいので、生徒もらくらく学習できます。

 《バリアフリー》の考え方をすぐ実践に移せる「点字」を使って、知的で遊び心いっぱいの授業を展開しましょう。


1.授業のポイント(中2・学級活動)


 1点字の紹介→2基礎知識→3五十音の表し方→4実際に読む というように、スモールステップで学習できるよう授業を構成する。


2.授業の流れ(50分計画)

 (1)点字ってどんなもの?(10分)

 点字新聞や点字本などを紹介する。

 続いて、点字クイズを配布する(後掲の資料1を参照)。

 点字の基礎をひとつひとつ教えるかわりに、クイズに挑戦させる。これならゲーム感覚で取り組め、また短時間で要点もつかめる。

 制限時間は3分。正答率うんぬんよりも、興味をもって取り組むことができたかどうかを評価の観点としたい。

 問題が解けた生徒から、「解答&解説編」をもとに答え合わせをさせる。


 (2)点字のしくみを学習しよう(30分)

 1「ア行」の表し方

 点字カルタを使って、6点点字のしくみを学習する。まずはア行から。


説明1 6つの点には、それぞれ位置を表す番号がついています。まずはこのカルタを使って、配列を確認しましょう。


説明2 配列が理解できたところで、母音「あいうえお」の表し方を学習します。この5つが五十音の基礎になりますから、しっかり頭に入れておいてください。


 点字ペンセットを配布し、練習用シート(小)を1枚準備させる。

 シートの左上(1マス分)に、読みの面の配列(1〜6の番号)を記入させる。


説明3 まずは「あ」から。「あ」は1の点で表します。シートの2番目のマスの1の位置に、鉛筆で黒丸(○)を書きなさい。


 同じ要領で、「い」〜「お」をマークさせる。その際、マスの下にそれぞれ「あ」「い」……と記入させていくとよい。


 2段目に、もう1度「あ」〜「お」を書いてみましょう。一番左の1マスを空けて、2マス目から書き始めます。

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書

ページトップへ