教え方のプロ・向山洋一全集86
“授業開始15秒”のつかみが授業の勝負

教え方のプロ・向山洋一全集86“授業開始15秒”のつかみが授業の勝負

好評2刷

先生、こっちあててくれん…意外にできない「目線」修業

誰もが納得する審査員がいなければ崩壊…授業は「行為」である!教師が受け入れる審査とは、教材研究は授業とは違うのだ!技能習得の仕組みとは、先生の授業面白いよ、実力の差を目の前にすること!こうして―自分の実力を知り、授業の腕をあげる修業が始まるのだ…。


紙版価格: 1,760円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: なし

ISBN:
978-4-18-436617-6
ジャンル:
教育学一般
刊行:
2刷
対象:
小・中
仕様:
A5判 152頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2018年1月19日
『新学習指導要領の展開』
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

1 向山洋一全集全一〇〇巻刊行へのまえがき
/向山 洋一
2 道徳 子どもに聞かせた世界の声
/河田 祥司
T 検定で見えてくる授業技量とは
1 日本初 授業技量検定とは
2 授業の技量をどの教師にも向上させる唯一の道が模擬授業である
3 正しい評価・評定のない行為は惰性に流され堕落する
(1) 授業を語る資格─その十分条件
(2) 横口授業・介入授業から模擬授業へ
(3) 代案を示し実演する!
(4) 激変するのはいくつ≠ワで?
4 授業技量検定から見えてきたこと
(1) 評定基準はこうだ
(2) 技術と技能の違い
(3) 黒帯六条件の中味
(4) 上達論・上達法の「発想」
5 授業行為を裁判に訴える保護者が出た
6 だれもが納得する審査員がいなければ崩壊
(1) 授業は「行為」である!
(2) 教師が受け入れる審査とは
(3) 教材研究は授業とは違うのだ!
(4) 技能習得の仕組みとは
(5) 先生の授業、面白いよ
(6) 実力の差を目の前にすると!
7 授業技量検定項目目線
(1) 先生、こっちの方は当ててくれん……。
(2) 意外にできていない「目線」の修業
8 授業「開始15秒のつかみ」の正体
(1) 臨床がなくていいのか
(2) 授業を儀式にしている人、いませんか
(3) 授業を貫くつかみを考える
(4) 奇をてらえばいいってもんじゃない
9 斎藤喜博の授業(NHKテレビ放映)を技量検定する
(1) 「学校づくりの記」の立ち位置
(2) 喜博の授業はD表!?
(3) D表検定の五項目はこうだ!
10 授業技量検定F表、E表、D表とは
(1) 授業技量検定の項目を詳述する
(2) F表の認定基準はこうだ!
11 授業技量検定C表、B表、A表とは
(1) 検定はどう行われているか
(2) C表で実践をチェックしてみよう!!
(3) B表を活用してみよう
12 あなたも検定を受験してみませんか─体験記
13 技量向上システムの基礎基本
14 授業力が飛躍するには七つの段階を通る!
15 一度真剣勝負の舞台に立ってみませんか
16 向上のステージには五つのレベルがある
17 「教師の技量向上」を自覚することからの出発
18 「ライブ」で見ても見えない? のはなぜか
19 授業技量検定への批判をこう受け止める
20 知識を得る上達論から修業する上達論へ
あとがき
/松崎 力・伴 一孝

1 向山洋一全集全一〇〇巻刊行へのまえがき
   /向山 洋一

 向山洋一全集全一〇〇巻が刊行されることになった。

 これは、日本の教育界で初めてのことであり、他の分野でもほとんど耳にしない出来事である。

 私が、小学校で三十二年間実践したことのすべて、千葉大学、玉川大学で十年余にわたって教えたこと、NHKクイズ面白ゼミナール、進研ゼミ、セシールゼミ、光村、旺文社、正進社、PHP、サンマーク出版、主婦の友社などで発刊した教材群(その多くは、日本一のシェアをとった)などが入っている。

 すべての子どもの学力を保障するために、とりわけ発達障がいの子の学力、境界知能の子の学力を保障するために、慶応大学など多くの専門医と協同研究をしてきた成果でもある。

 教育技術の法則化運動は、結成して一年で日本一の大きな研究団体となり、二十一世紀にそれをひきついだTOSSは、アクセス一億、一ケ月で七十七ヶ国からのアクセスがあるなど、ギネスものの無料のポータルサイトとなって、多くの教師、父母の方々に情報を提供するようになった。

 TOSS学生サークルも全国六十大学に広がり、TOSS保護者の支援サークルも生まれている。

 総務省、観光庁、郵便事業会社と全面的に協力した社会貢献活動もすすめてきた。例えば、「調べ学習」として、全国一八一〇自治体すべての「観光読本」(カラー版)を自費で作り、八〇〇余の知事、市、町村長からのメッセージをいただいている。

 このような大きな教育運動の中で、多くの方々と出会い仕事を共にしてきた。波多野里望先生、椎川忍総務省局長はじめ、幾多の方々の応援に支えられてきた。

 また、こうした活動を普及していく多くの編集者とも出会ってきた。

 とりわけ、お世話になったのが、向山洋一全集全一〇〇巻のほぼ全部を創ってくれた江部・樋口編集長である。多くの方々に心から御礼の意を表したい。

 この一〇〇巻が完成する時、二〇一一年三月一一日、一〇〇〇年に一度といわれる巨大地震が日本をおそった。

 東北地方太平洋岸が壊滅的な被害をうけた。

 向山洋一全集全一〇〇巻と共に、この東日本大震災のことも、この全集に含めておきたい。

 どこよりもはやく、東日本復興の企画会議を招集し、今回百数十人から寄せられた「復興企画」の中から寄稿をお願いしたものである。

 「TOSSの活動、願い、実行力」を具体的に示すものとして、後世に長く伝えられていくことと思う。


2 道徳 子どもに聞かせた世界の声
   /河田 祥司


 「生涯最高の授業をしませんか」

 向山洋一氏から呼びかけられた。

 その授業内容が驚きだった。

 ツイッターに投稿された「心に残るつぶやき」を、


  印刷して、子どもに渡し、教師が読むだけ


 超一級の資料だけに、下手に教師が加工すると濁る。向山氏の指示通り、実践した。

 読み終わるとすぐに、男の子が叫んだ。

 「僕たちができることをしようよ!」

 その声に合わせるように、様々なアイデアが出され、自分にできることは何か考え始めた。

 また、感想も子どもたちの「やる気」と「本気」を感じるものばかりであった。

 「日本人って凄い!」「日本人として誇りに思う」

 こうして、感動と躍動の渦が教室を包み込んだ。

 東日本大震災。未曾有の国難が日本を襲った。

 一瞬にして、今まで築いてきたものがなくなった。

 避難所では、面識あるなしにかかわらず共同生活が始まった。

 今まで住んでいた家はなくなり、隣との境界すら分からなくなった人も多い。

 震災は、否応なしに多くの「個」を「公」に変えていった。

 普通なら、現実を受け止められずに「個」を強固に守ったり取り戻そうとしたりして、狂乱状態に陥る。

 しかし、ほとんどの日本人は、今の状況を受け止め、「公」を優先する行動をとったのである。

 それは、官僚や有名人の言動ではなく、名もなき素人のネット上でのつぶやきによって全世界に発信された。

 多くの悲しみと混乱の中でも、当たり前のことを当たり前にできる日本人に世界は驚愕した。

 日本人の心に残るつぶやきが積み重なり、被災者だけでなく、うつむいていた多くの日本人の顔を上げさせた。

 こうして、日本人の素晴らしさが世界中に可視化されたのである。

 心を強く揺さぶり、自信や誇りへと変えていく力強い事実を、どのように子どもに伝えるか。そう考えている時に一筋の光を与えたのが、向山洋一氏の先の呼びかけである。

 すぐに全員分印刷して、子どもたちに読み聞かせた。

 A4八枚にもおよぶ量でありながら、子どもたちは、シーンと聴いていた。

 一つ一つの短い事実が、子どもたちの心にズドンズドンと落ちていくようだった。

 教師の解釈を述べたり、解説したり一切せずに、ひたすら読んだ。

 涙を浮かべている子。まばたきをするのを忘れたように見つめる子。紙を握りしめ前のめりに読む子。

 教室が、異様な雰囲気になっていくのが分かった。

 二〇分近く読み聞かせたが、あれだけの沈黙を説教では作れない。

 この空気の正体を確かめたくて、今の気持ちを書くように言った。教室は、鉛筆の音が響くだけだった。

 自分と対話し、脳に「日本人としての誇り」を刻む時間だった。

 「同じ日本人としてうれしく思った。世界一温かい日本を守って行きたい」

 「自分たちにできることを考え、力になりたい」

 印刷した資料は、子どもたちの興奮とともに家庭でも読まれ、保護者からの協調の声がたくさん届いた。

 改正教育基本法の前文に挿入された言葉「公共の精神を尊び」。

 一〇歳に満たない子どもたちが、精一杯「公」にかかわり、守ろうとしている姿に胸打たれた。

著者紹介

向山 洋一(むこうやま よういち)著書を検索»

1943年9月15日生まれ

1968年3月 東京学芸大学社会科卒業

2000年3月 東京都大田区立多摩川小学校退職

教育技術法則化運動代表,千葉大学非常勤講師,上海師範大学客員教授,日本教育技術学会会長,日本言語技術教育学会副会長。月刊『教室ツーウェイ』『向山型「算数」』『向山型「国語」』編集長。月刊『教育トークライン』,隔月刊『ジュニア・ボランティア教育』編集人。

日本一のインターネット教育情報ポータルサイトTOSSランド代表。

松崎 力著書を検索»

栃木県茂木町立逆川小学校

伴 一孝著書を検索»

長崎県長崎市立橘小学校

河田 祥司著書を検索»

香川大学附属高松小学校

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ