新規採用者向け 演習方式による教職の基礎トレーニング14
評価・評定と通知表記入 チェックポイント

新規採用者向け 演習方式による教職の基礎トレーニング14評価・評定と通知表記入 チェックポイント

好評2刷

評価・評定の基礎基本から通知表作成のコツまでわかりやすく紹介

評価と評定の違い、自己評価と相互評価の関連など、基礎基本を押さえた上で、通知表をどう扱えばよいか、所見欄の書き方、学習所見・行動所見をはじめ、各教科の記入ポイントも具体例を入れながら紹介。早く書くコツや個人情報などの法的規定などお役立ち情報も満載。


紙版価格: 2,100円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: なし

ISBN:
978-4-18-270422-2
ジャンル:
評価・指導要録
刊行:
2刷
対象:
小学校
仕様:
B5判 128頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年12月9日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

ま え が き
T 評価・評定の方法
1 評価・評定とは何ですか。評価と評定は違うのですか /平松 孝治郎
2 評価・評定は何のためにするのですか /平松 孝治郎
3 絶対評価・相対評価とはどのような評価ですか。違いを教えてください /飛田 政彦
4 授業中のどんな場面で評価・評定するといいですか /平松 孝治郎
5 効果のある評価・評定とはどのようなものですか /平松 孝治郎
6 効果のない評価・評定とはどのようなものですか /平松 孝治郎
7 関心・意欲・態度はどのように評価したらいいですか /風間 麻江
8 自己評価・相互評価をどのようにしたらいいですか /山下 理恵
U 通知表記入のしかた
1 通知表記入のイロハとは何ですか /浅井 輝夫
2 通知表とは何ですか。法的根拠はあるのですか /渡邉 緑二
3 所見欄の書き方で,良い文例と悪い文例を教えてください /吉冨 友紀
4 所見欄を書くためのコツがあれば教えてください /井戸 砂織
5 総合的な学習の時間の所見欄には,どのようなことを書けばいいですか /岩井 俊樹
6 低学年の通知表では,どのような所見を書いたらいいですか。行動面と学習面に分けて文例を示してください /荻野 珠美
(1) 低学年:学習所見の文例
(2) 低学年:行動所見の文例
7 中学年の通知表では,どのような所見を書いたらいいですか。行動面と学習面に分けて文例を示してください /井戸 砂織
(1) 中学年:学習所見の文例
(2) 中学年:行動所見の文例
8 高学年の通知表では,どのような所見を書いたらいいですか。行動面と学習面に分けて文例を示してください /佐藤 貴子
(1) 高学年:学習所見の文例
(2) 高学年:行動所見の文例
9 国語の「話すこと・聞くこと」の評価・評定はどのように行えばいいですか /山下 理恵
10 国語の「書くこと」の評価・評定はどのように行えばいいですか /山下 理恵
11 国語の「読むこと」の評価・評定はどのように行えばいいですか /山下 理恵
12 国語の「言語事項」の評価・評定はどのように行えばいいですか /山下 理恵
13 算数の評価・評定はどのように行えばいいですか /川合 惠美
14 理科の評価・評定はどのように行えばいいですか /水野 彰子
15 社会科の評価・評定はどのように行えばいいですか /飛田 政彦
16 音楽の評価・評定はどのように行えばいいですか /水野 彰子
17 図工の評価・評定はどのように行えばいいですか /鳥居 範子
18 体育の評価・評定はどのように行えばいいですか /堀 達也
19 生活科の評価はどのように行えばいいですか /牛田 美和子
20 家庭科の評価・評定はどのように行えばいいですか /牛田 美和子
21 総合的な学習の評価はどのように行えばいいですか /小野 公美子
22 英会話授業の評価はどのように行えばいいですか /井戸 砂織
23 学級活動の評価はどのように行えばいいですか /石原 惠理
24 児童会活動の評価はどのように行えばいいですか /石原 惠理
25 学校行事の評価はどのように行えばいいですか /石原 惠理
V 通知表に役立つミニ知識
1 通知表を早く仕上げるコツを教えてください /荻野 珠美
2 通知表にはどんな歴史があるのですか。通知表の歴史を教えてください /橋本 幸康
3 通知表は誰が何のために出すのですか /浅井 輝夫
4 通知表の効果的な生かし方を教えてください /佐藤 貴子
5 通知表を早く集めるにはどうしたらいいですか /荻野 珠美
6 通知表にきれいにハンコを押すにはどうしたらいいですか /荻野 珠美
7 通知表は個人情報です。作成時・保管時にどんなことに気をつけるといいですか /山下 理恵
8 向山先生の通知表の作り方を教えてください /安達 覚
9 評価にかかわるポートフォリオの作り方を教えてください /牛田 美和子
10 ブルーム理論とは何ですか /橋本 幸康
11 知的障害児がいる場合,どのように配慮したらいいですか /佐藤 貴子

まえがき

 サークルで「評価・評定と通知表記入 チェックポイント」の執筆をさせていただいた。書き進めながら,サークルで何度も意見を交わしたり,原稿を検討したりしていった。評価や評定について改めて考えることができた。評価や評定は奥が深い。

 向山洋一氏の「授業の腕をあげる法則」の第9条は「個別評定の原則」である。授業の腕をあげる法則の中にも評定が入っている。

 評価・評定は教育活動に欠かすことはできない。避けて通れないものである。教師なら,評価・評定を上手に生かしていきたいものだ。

 本書には,評価・評定を上手に生かしていくコツや評価・評定の具体例が詰まっている。新規採用者の先生方,若い先生方が読みやすいようビジュアルに構成した。通知表作成の際に参考にしていただけたらと思う。


 本書は,全部で三つの章立てとした。

 第T章は,「評価・評定の方法」とした。

 そもそも評価・評定とは何なのか。また,評価・評定は何のためにするのか。さらに,評価・評定を効果的にするにはどうしたらよいのか,という原理的なことまで立ち返ってみた。

 原理的なことを,きちっと押さえて評価や評定をすることが大事だと思ったからである。

 第U章は,「通知表記入のしかた」について,できるだけ具体的に書いていった。低学年・中学年・高学年の学習所見・行動所見の文例も入れた。参考になることと思う。

 また,各教科の評価・評定のしかたについてもかなりのページを割いた。それぞれの教科をどのように評価・評定していったらよいのか,と悩んだときに役立つものとなっている。

 第V章では,「通知表に役立つミニ知識」として,早く仕上げるコツや通知表の歴史などについても触れている。どこから読んでもいいようにできている。このようなちょっとしたミニ知識も,知っていると役立つこともあると思い執筆した。


 ところで,向山洋一氏は,『教え方のプロ・向山洋一全集40「子どもを変える通知表」』の中でこのように書かれている。


  多くの教師の通知表の文章をじっと読むと,いろいろなことが目に浮かんでくる。通知表の文章には,その教師の教育観,子どもへの対応,授業の技量,人柄,学級経営などが内包されている。通知表の文章は,教師の自己申告書である。(p.18)


  基本的には,子どもたちのよさを見つけてほめるということ,一行読んだらクラスの誰のことかわかるような書き方をするということです。つまり,一般的な書き方をしないということです。(p.133)


 このことを常に頭に入れて,通知表を書き進めていくことである。

 通知表は教師の自己申告書である。教師としての総合力が問われているといってもよい。良さを見つけてほめる,一般的な書き方をしないことが大切なことなのである。

 今回,このようなサークル共著を執筆できたのは,明治図書の樋口雅子編集長の温かい励まし,TOSS代表向山洋一氏の日ごろからのご指導によるものである。また,サークルで総力を挙げることができたのは,多くのサークル員の協力によるものである。感謝の気持ちでいっぱいである。

 このサークル共著が多くの若い先生方に役立つことを願っている。


   TOSS愛知教育サークル代表 /平松 孝治郎

著者紹介

向山 洋一(むこうやま よういち)著書を検索»

1943年9月生まれ

1968年3月 東京学芸大学卒業

2000年3月 東京都大田区立多摩川小学校退職

教育技術法則化運動代表,千葉大学非常勤講師,上海師範大学客員教授,日本教育技術学会会長,日本言語技術教育学会副会長。

平松 孝治郎(ひらまつ こうじろう)著書を検索»

TOSS愛知教育サークル代表

1956年 福井県生まれ

1979年 奈良教育大学卒業

2001年 愛知県東海市立緑陽小学校

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ