子どもの進歩がわかる絶対評価の通知表所見文例集 小学5〜6年編

子どもの進歩がわかる絶対評価の通知表所見文例集 小学5〜6年編

好評5刷

絶対評価の観点からみて望ましい評価文とは何か。使ってはいけない表記と語句を分析し到達基準を明確にした通知表所見文を教科別総合的学習など支援の言葉を含めて事例解説


紙版価格: 1,760円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: なし

ISBN:
4-18-265029-8
ジャンル:
評価・指導要録
刊行:
5刷
対象:
小学校
仕様:
B5判 104頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年9月17日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
T 絶対評価の観点からみて,のぞましい評価文とは
1 絶対評価が意味するもの/ 2 何かが物足りない所見文/ 3 「支援の言葉」が,その子を変える/ 4 こんなことに留意して言葉を書く/ 5 ちょっとした一言で与える印象が違ってくる/ 6 以前からの伸びを記入し,ほめる/ 7 教師の期待や思いを入れる
U 使ってはいけない表現と語句
(1) 断定的に決めつけたような表現/ (2) その子のマイナス面だけを強調するような表現/ (3) つき放したような冷たい表現/ (4) 保護者に責任を転嫁するような表現/ (5) 自分の責任を回避するような表現/ (6) 兄弟や他の児童と比較した表現/ (7) その子の心身の欠陥や異常に言及する表現/ (8) 差別や偏見につながる表現/ (9) 児童や保護者に理解できない専門用語を用いた表現
V 生きる力(関心・意欲・態度)の評価をどうするか
1 生きる力とはどんな力か/ 2 生きる力をどう評価するのか/ 3 生きる力をいつ誰が評価するのか/ 4 生きる力の具体的な評価方法/ (1) 学習の初期の段階/ (2) 学習の途中の段階/ (3) 学習の終末の段階/ (4) まとめ
W 到達基準を明確にした通知表所見文例集
1 国語科
話すこと/ 聞くこと/ 話し合うこと/ 文章の組み立て/ 手紙/ 事実と意見/ 効果的に書く/ 記録・報告/ 図書資料/ 要旨/ 登場人物の心情/ 読書発表会/ 漢字の学習/ 漢字の由来/ 辞書の利用/ 文語調の文章/ 文章の構成/ 敬語/ 共通語と方言/ 視写/ 毛筆
2 社会科
5年生〈インターネット活用能力/ 社会科資料集活用能力/ 聞き取り能力/ 文章資料読みとり能力/ グラフ読みとり能力/ 写真読みとり能力/ ビデオ読みとり能力/ 要約する能力/ 仮説をたて検証する能力/ 問いを発見する能力/ 調べ方が分かる能力/ 基礎的な知識〉6年生〈インターネット活用能力/ 社会科資料集活用能力/ 聞き取り能力/ 文章資料読みとり能力/ 写真読みとり能力/ イラスト読みとり能力/ グラフ読みとり能力/ 要約する能力/ 調べ方が分かる能力/ 情報を分類する能力/ 基礎的な知識の習得〉
3 算数科
5年生〈小数とその計算/ 整数/ 面積/ 分数/ 割合/ 児童板書/ 体積〉6年生〈分数のかけ算/ 文章題/ 比とその利用/ 図形の拡大と縮小〉
4 理 科
種子の発芽と成長/ 魚や人の誕生/ 実や種子のできかた/ 流れる水のはたらき/ 天気の変化/ もののつり合い/ おもりの動きとはたらき/ おもりの重さとはたらき/ もののとけかた/ ものの燃えかたと空気/ 植物のはたらき/ 大地のつくりと変化/ 電流のはたらき/ 水よう液の性質/ 人や動物の体/ 生き物と自然
5 音楽科
5年生〈表現の能力(歌唱)/ (身体表現)/ (記譜)/ (創作)/ (器楽)/ 鑑賞の能力〉6年生〈表現の能力(歌唱)/ (創作)/ (器楽)/ 鑑賞の能力〉
6 図画工作科
かたつむりの線/ 線画/ 下絵の線/ 色作り/ 主調色作り/ 筆の持ち方/ 筆遣い/ 筆の洗い方/ 道具の扱い方/ 色の置き方/ 彩色/ 木版画/ カッターナイフ/ 金づち/ 電動糸のこぎり/ 両刃のこぎり/ 接着剤/ 針金/ 鑑賞
7 家庭科
包丁/ 野菜の洗い方/ 野菜のゆで方/ 野菜の切り方/ はかり/ 計量スプーン/ 調理の後片づけ/ 糸通し/ 玉結び/ 玉どめ/ 下糸の入れ方(ミシン)/ 下糸の巻き方(ミシン)/ 上糸のかけ方(ミシン)/ ぬい方(ミシン)/ 洗う(洗濯)/ すすぐ・しぼる(洗濯)/ 片付け(洗濯)
8 体育科
A 体つくり運動(体ほぐしの運動,体力を高める運動)/ B 陸上運動(短距離走,リレー,ハードル走,走り幅跳び,走り高跳び)/ C 表現運動(表現,フォークダンス)/ D 保健【1 けがの防止】/ 【2 病気の予防】
9 総合的な学習
国際理解・英会話/ 情報/ 環境・エネルギー/ 福祉・ボランティア/ 健康/ その他
X 生きる力の評価文例集
1 国語科
毎日の練習/ 目標を持つ/ 発表/ 漢字の学習/ 言葉を大切に
2 社会科
積極性/ 努力/ 追究/ 丁寧さ/ 興味・関心/ 準備物/ 体験活動
3 算数科
学習用具の準備/ テストの見直し/ 発展問題への取り組み
4 理 科
種子の発芽と成長/ 魚や人の誕生/ 天気の変化/ おもりの動きとはたらき/ もののとけかた/ 植物のはたらき/ 大地のつくりと変化/ 電流のはたらき/ 人や動物の体/ 生き物と自然
5 音楽科
積極性/ 素直さ/ 興味・関心
6 図画工作科
根気強さ/ 探求心/ 集中力/ 意欲/ アイデア/ 忘れ物/ 準備
7 家庭科
経験/ 追究/ 知恵
8 体育科
マット運動/ 鉄棒運動/ 跳び箱運動/ 水泳/ バスケットボール/ サッカー/ ソフトボール/ 保健 心の健康/ 保健 病気の予防
9 総合的な学習
課題設定の能力/ 問題解決の能力/ 学び方・ものの考え方/ 学習への主体的・創造的な態度/ 自己の生き方/ コミュニケーション能力/ 情報活用力
Y 通知表の見方をどう保護者に伝えるか
1 保護者は通知表をどう見ているか?/ 2 通知表の見方をどう伝えるか/ (1) 保護者会で/ (2) 学年・学級通信で/ (3) 個別懇談会で
あとがき

まえがき

 昨年度まで,本校の通知表の観点別評価の割合は,絶対評価を加味した相対評価であった。

 だいたい,次のような割合になっていた。

 「よくがんばっている」が約30%,「がんばっている」が約60%,「もう少しがんばろう」が約10%。

 30人学級とすると,「よくがんばっている」になる子が9人程度。「がんばっている」が18人前後。「もう少しがんばろう」が3人程度となっていた。

 学年末に「TOSS向山型算数到達度テスト私家版」(明治図書)を実施した。

 「知識・理解」「表現・処理」「数学的な考え方」の3つの領域ごとに分かれている検定である。

 基準は「85点〜100点」がA,「50点〜84点」がB,「49点以下」がCとした。

 すると,その人数は下の表の矢印の右側のようになった(5年生のある学級)。

 もし,このテストだけで,通知表の観点別の評価をすると,下の表のように変わる。

 下の表を見ていただいて,分かるようにA,B,Cの割合ががらっと変わってくる。

 これが絶対評価に伴う,通知表の大きな変化である(もちろん,基準の設定によりまた,割合は違ってくるが…)。

 子どもたちにとっては,学級集団に左右されず,自分の力がきちんと評価されるようになる。ある意味であたたかい評価方法である。

 しかし,その客観性や本当に力がついたかどうかなどが厳しく問われるようになる。

 通知表の所見も,こういった変化を見据えて書かねばならない。

 教師が一人一人の子どもの伸びをどのように捉え,どのように支援していくのか。そのために,通知表にはどのように所見を書けばいいのか。相対評価の頃と比べて,どのように書き方を変えていけばいいのか。

 多くの教師は悩んでいるかと思う。

 本著では,教科ごとにどういった所見を書けば子どもたちが進歩を自覚し,自主的に学習していけるかという観点に立ってまとめた。それぞれ具体的な所見文を例示している。

 ご参考にしていただき,子どもたちの心に響くような所見を通知表に記していただけたらと思う。


 知識・理解

  よくがんばっている(A) 10人⇒24人

  がんばっている  (B) 18人⇒6人

  もう少しがんばろう(C) 4人⇒2人


 処理・表現

  よくがんばっている(A) 10人⇒21人

  がんばっている  (B) 18人⇒8人

  もう少しがんばろう(C) 4人⇒4人


 数学的な思考

  よくがんばっている(A) 10人⇒18人

  がんばっている  (B) 18人⇒8人

  もう少しがんばろう(C) 4人⇒6人


  2002年4月2日   /戸井 和彦

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ