〈集団統率力で学級の崩壊を防ぐ〉問題提起1
集団統率力はなぜ必要か

〈集団統率力で学級の崩壊を防ぐ〉問題提起1集団統率力はなぜ必要か

責任感と志に裏打ちされた集団統率の原則と教育技術を!

学級を統率するための教育技術を学ぼうと呼びかける。教師の学級統率力を見直し、@名武将に学ぶ統率力、A名監督に学ぶ統率力、B名将に学ぶ統率力など多くの事例を紹介。さらに統率力で子ども社会の「仕切り屋」の育成、学級崩壊を統率力で立て直すなど提案多数。


紙版価格: 2,100円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-248019-5
ジャンル:
学級経営
刊行:
対象:
小・中
仕様:
A5判 176頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年11月14日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

教師の学級統率力を見直す /明石 要一
はじめに /長野 藤夫
T 統率力とは何か
一 教師たる「責任感」が前提である
二 而して「教育技術」を身につける
U 名武将に学ぶ統率力
一 武田信玄に学ぶ統率力
1 最大の財産は「人材活用」
2 能力を活用して統率する
3 やる気を高めて統率する
二 徳川家康に学ぶ統率力
1 徳川家康と本多正信
2 徳川家康の統率力から学ぶ
3 すごいパワーを学級づくりに生かしていく
V 名監督に学ぶ統率力
一 大松博文に学ぶ統率力
1 「率先垂範」が統率力の源である
2 日記指導で「率先垂範」を示す
二 西本幸雄に学ぶ統率力
1 「悲運の闘将」西本幸雄
2 統率者は「信念を貫く」
3 成功に導く教師の統率力
W 名将に学ぶ統率力
一 山本五十六に学ぶ統率力
1 統率者は「責任を放棄しない」
2 統率者には部下を引きつける魅力がある
3 統率者に必要なものとは
二 今村均に学ぶ統率力
1 不敗の名将・今村均
2 難攻不落の地下要塞「ラバウル」
3 将に将たる人徳
4 教師に教師たる人徳
5 授業で子供を成長させる
X 統率力で子供社会の「仕切り屋」を育てる
一 イベントをたくさん仕組み「仕切り屋」を育てる
1 教師が「仕切り屋」を育てる
2 「仕切り屋」をイベントでこう育てる
二 「仕切り屋」は誰でもできる
1 「リーダーが生まれる」思想
2 リーダーが生まれる係活動・イベントを仕組む
3 「リーダーが生まれる」池田学級のイベント
三 「仕切り屋」の定義で「不満」と「不安」を解消する
1 「推薦でやらされた」学級委員長の一文
2 決め方にこだわる
3 「仕切り屋」のイメージを壊す
Y 統率力で学級崩壊を立て直す
一 道徳の授業で学級を統率する
1 美しい生き方を示す
2 野口健氏の「エベレスト清掃登山」を授業する
二 指示を通すことで生還する
1 「指示が曲がる」学級
2 状況を確認し、基本方針を立てる
3 指示を通す手立て
三 崩壊した学級を担任する
1 学級崩壊を立て直すために必要なもの
2 学級崩壊を立て直すための優先順位
四 「授業開始の工夫」で立て直す
1 子供たちを授業に引きずり込む
2 「授業開始のパターン」を身につける
Z 統率力で学校行事を成功に導く
一 方針を示し、仕組みをつくり、そして集団を動かす
1 方針を示す
2 仕組みをつくる
3 集団を動かす
二 自主的な取り組みの中で統率力を発揮する
三 「個別評定」こそが特別支援を視点に入れた教師の統率力である
四 共感的理解と「絶対にやり遂げる」意志が成功に導く
1 盛り上がらない学校祭
2 教師はあきらめてはならない
3 統率者として最も大切なこと
[ 統率力で教師集団を活性化させる
一 教師集団を活性化させる校長の統率力
1 師弟同行の精神で教師の心を育てる
2 ここが違う「尊敬される校長」「軽んじられる校長」
(1) 校長に望むこと
(2) ぶれない言動
(3) 責任ある行動
(4) ほめてやらねば、人は動かじ
二 教師集団を活性化させる教頭の統率力
1 「嫌われる」ことを恐れてはならない
(1) 教頭かくあるべし
(2) 教頭の統率力を支える条件
(3) 「嫌われる」ことを恐れてはならない
2 教頭に備わっているべき統率力
(1) 教頭の統率力とは
(2) 教頭の危機管理力
(3) 教頭としての対応力
(4) 職員への共感的理解も「教頭の統率力」である
3 「教頭にしかできないこと」がある
(1) 教頭の世界における合い言葉
(2) 教頭にしかできない人の動かし方
三 教師集団を活性化させる教務主任の統率力
1 明確な指示が組織を動かす
2 教育課程の提案で教師集団を統率する
四 教師集団を活性化させる研修部長の統率力
1 「公開研究会」を継続して開催する
2 まず、隗より始めよ
五 教師集団を活性化させる生徒指導主事の統率力
1 「司令塔」として動け
(1) 常に「事態」をシミュレーションせよ
(2) 生徒指導主事は非常時の司令塔である
2 まず「やってみせる」のが生徒指導主任の統率力
(1) やってみせ
(2) 遅刻が多い現状をどう変えるか
(3) 小さなことからの変革
(4) いち早く現状を捉え「やってみせる」
\ 集団統率力はなぜ必要なのか
一 逆説的に考えてみるとわかる
1 統率されていない学級
2 統率されていない教師集団
二 集団としての力を引き出す
おわりに /長野 藤夫

はじめに

◆次の言がある。


  学級を統率する。


 これが一般的である。これは、すなわち次のことである。


  子供集団を統率する。


 「そのために、我々教師は先人に学ぶ必要があるのではないか」

 そう思うに至った。もちろん、本書で取り上げた先人以外にも、たくさんいる。

 たとえば北条時宗である。鎌倉武士を統率し、元寇という国難に立ち向かった人物である。

 たとえば兒玉源太郎である。日露戦争では自らの役職を降格させて現地に赴き、軍の指揮を執って我が国を勝利に導いた。

 そのような人物から統率の思想、理念、気概といったものを学ぶことで、次のことの重要性を、ひしひしと感じるのである。


  教師たる己の「心」を磨く。


◆最近、これもあるのではないかと考えている。


  学校を統率する。


 すなわち、次のことである。


  教師集団を統率する。


 これは、管理職だけの仕事ではない。各校務分掌でも、これができなければ学校づくりはできない。

◆いずれにしても、本書は力なき教師たちの一提案である。

 検証しつつ、ご批正いただければ幸いである。


  平成二一年一一月二三日   TOSS中学網走みみずくの会代表 /長野 藤夫

著者紹介

明石 要一(あかし よういち)著書を検索»

昭和23年1月17日生まれ

大分県姫島村出身

東京教育大学大学院博士課程満期単位取得退学

専門分野:教育社会学(青少年教育)

文部科学省中央教育審議会生涯学習分科会副会長

文部科学省子どもの居場所づくり推進協議会座長

2010年ゆめ半島千葉国体・大会式典委員会委員長

千葉県青少年問題審議会副議長

専門は教育社会学。1993年に千葉大学教育学部教授に就任。文部科学省中央教育審議会の生涯学習分科会副会長,千葉大学教育学部学部長,2010年ゆめ半島千葉国体の大会式典委員会委員長・大会広報委員長等も務める。

長野 藤夫(ながの ふじお)著書を検索»

昭和37年生まれ 茨城県岩井市(現在,坂東市)出身

TOSS中学網走みみずくの会代表

昭和60年 早稲田大学第一文学部哲学科東洋哲学専修卒業

平成元年 新潟県吉田町立吉田中学校

平成4年 北海道斜里町立宇登呂中学校

平成6年 北海道留辺蘂町立瑞穂中学校

平成10年 上越教育大学大学院派遣

平成12年 北海道北見市立北中学校

平成16年 北海道留辺蘂町立温根湯中学校教頭

平成18年 北海道紋別市立渚滑中学校教頭

平成21年 北海道雄武町立雄武中学校長

TOSS網走連合著書を検索»

TOSS網授研(代表・寺本聡),TOSS中学網走みみずくの会(代表・長野藤夫),紋授の知恵(代表・森田允亮)からなる連合サークル。昭和62年結成。22年の歴史を誇る,北海道では老舗のTOSSサークルである。代表・寺本聡。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ