崩壊しない学級はここが違う 中学校

崩壊しない学級はここが違う 中学校

好評6刷

極めて具体的な学級崩壊の解決・予防法を明らかにした。

学級は社会の縮図―危機管理がなければ社会は成り立たない、授業で崩壊しない学級をつくる、崩壊しない学級づくりの手立て、生徒の荒れをこう予防する、崩壊に立ち向かう生徒を育てる、学びの共同体をつくるなど詳述。


紙版価格: 1,860円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
4-18-230419-5
ジャンル:
学級経営
刊行:
6刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 152頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年11月19日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
T 学校は社会の縮図である
一 「危機管理」がなければ社会は成り立たない
1 「社会」の現実/2 学校に「治外法権」を与えてはならない/
3 教師にも「治外法権」はない
U 授業で「崩壊しない学級」をつくる
一 教育技術を身に付けよ
1 悲しい実態/2 空っぽな教職歴/3 教育技術が授業を救う/
4 授業は教育技術でこそ成り立つ
二 国語の授業で「崩壊しない学級」をつくる
1 「やる気を引き出す原理原則」でこそつくれる/2 知的で面白い授業をせよ
三 社会の授業で「崩壊しない学級」をつくる
1 教科書の記述に疑問を持たせる(日中戦争)/2 事実に基づいて疑問を解決させよ
四 数学の授業で「崩壊しない学級」をつくる
1 「皆ができる」授業で「お客さん」ゼロをめざす/2 統率者として知的な権威を築く
五 理科の授業で「崩壊しない学級」をつくる
1 実験で感動的な授業をつくる/2 いかに「モノ」を用意できるか、それが勝負!
六 英語の授業で「崩壊しない学級」をつくる
1 生徒に「できた」という喜びを持たせる課題を設定する/2 教科書をなぞる/
3 教科書を暗唱する
V 「崩壊しない学級」づくりの手立て
一 生徒の序列をこそ崩壊させよ
1 五色百人一首で生徒の序列を崩壊させる/2 価値観を引っくり返す/
3 このポイントで序列を崩壊させる
二 裏文化で生徒の人間関係をつくれ
1 全員で遊ぶ場面をつくれ/2 「遊び」の中から生徒は多くのことを学ぶ
三 イベントで学級のムードを盛り上げよ
1 マンネリは崩壊の一つの芽である/2 学校行事を学級イベントとして活用する/
3 手強い伝言ゲームで他者を意識させる/4 小イベントを意図的に仕掛ける
四 小さな事実を確実にほめるべし
1 小さな事実を確実にほめるために/2 教師が定めた基準(合格ライン)を貫け/
3 職員室で間接的に「ほめる」/4 学級通信でほめる/5 ほめ言葉をたくさん持つ
五 教師の権威を打ち立てよ
1 権威がなければ荒れる/2 授業でさらなる権威を勝ち取れ
六 学級のルールを機能させるべし
1 「黄金の三日間」で指導せよ/2 できた生徒をほめ続けよ/
3 「納得」が学級のルールを機能させる
七 「いじめ」とは断固闘え
1 いじめをなくすことができるのは、担任教師だけである/2 授業で闘え/
3 いじめは病気と同じ
八 「品」が命運を握っている
1 ずるい行為は下品である/2 品のない行動を未然に防ぐ手立てを考えよ/
3 教師が温かく見守りながら不正を防げ
W 生徒の「荒れ」をこう予防する
一 学級の状況を把握せよ
1 名前を覚える /2 個人情報を徹底的に頭に詰め込む/
3 挨拶・返事・後片づけをよく見ておく/
4 朝・昼・放課後・授業中に全体の様子を知る/
5 学校行事の取り組みで生徒の姿が見えてくる/
6 学級会で生徒同士の話し合いを持つ
二 常に危機意識を持て
1 椅子を机に入れさせる/2 朝読書を始める/3 最初が肝腎である
三 「荒れ」の兆候を見逃すな
1 教室の乱れをチェックせよ/2 生徒が動くような手を打て/
3 ルール無視に毅然と対応せよ
四 「アドバルーン」は必ず叩きつぶせ
1 出会いの場面で叩きつぶす/2 知的に一歩詰める
五 「言語の教育」を意識せよ
1 殺伐とした光景/2 「言語の教育」は国語教師だけの仕事ではない/
3 最も身近な「言語環境」/4 「言語の教育」が教室の荒れを防ぐ/
5 「言語の教育」こう指導する
X 「崩壊」に立ち向かう生徒を育てる
一 生徒に気概を持たせよ
1 最後の防波堤/2 気概とは何か/3 気概をこうして持たせる
二 正義の「輿論」を構築すべし
1 教師の仕事と自覚せよ/2 第一の歯止めをかけよ/3 正義感を育てよ/
4 授業で生き方を教えよ
Y やはり「学び合い」「支え合い」なのだ
一 違いはどこにあるのか
1 崩壊「する学級」と「しない学級」/2 崩壊「させる教師」と「させない教師」
二 「学びの共同体」をつくらなければならない
1 「学び合い」と「支え合い」である/2 結 論
あとがき

まえがき

 「問い」はたった一つである。


 問一 「崩壊する学級」と「崩壊しない学級」は、何が違うのですか。


 次のワクに、結論を、短く、二〇字以内でズバリとお書きいただきたい。

(図省略)

 あるいは、次のような答え方もある。

(図省略)

 こちらは、漢字二文字である。どちらも、中身は同じだ。本書を読めば、たちどころに理解できる。

 ならば、何をどうすればいいのかである。それを示しもしないで「結論」だけ言うのは、無責任の極みである。

 本書では、


 学級を崩壊させない□□になるために、何をどうすればいいか。


を示した。

 力なき教師集団の一提案であるが、日々学級づくりに悩んでいる中学教師の役に立つことができれば、これ以上の喜びはない。また、力量溢れる諸先輩方にもお読みいただき、ご批正いただければ幸いである。


  平成一七年八月二六日   TOSS中学網走みみずくの会代表 /長野 藤夫

著者紹介

長野 藤夫(ながの ふじお)著書を検索»

TOSS中学網走みみずくの会代表

北海道留辺蘂町立温根湯中学校教頭

TOSS中学網走みみずくの会著書を検索»

平成8年結成。「生徒にとって価値のある教師」をめざし,発展途上にあるサークルである。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 学級経営・授業について悩んでいた時期に購入したので、参考になった。
      2016/5/2140代・中学校教員
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ