向山洋一の授業シリーズ6子どもが燃える授業には法則がある

ロングセラー

好評14刷

すぐれた教育思想にもとづく授業行為をつくる/ちょっとだけ違う授業行為―アマとプロの境い目授業行為でサラブレットたれ―等授業の原理解く。


紙版価格: 1,300円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: なし

ISBN:
978-4-18-202815-1
ジャンル:
授業全般
刊行:
14刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 120頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年10月21日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
T すぐれた教育思想にもとづく授業行為をつくる
1 熱中する授業を貫く法則
2 最初の三分間に技量のすべてが現われる
3 四つの授業行為
4 教える内容が明快
5 教え方のポイントをふまえている
6 発問の目線を低く
7 授業はリズムよく(その1)
8 授業はリズムよく(その2)
9 全体指導の原則
10 教材の原理で作られたうつし丸くん
U ちょっとだけ違う授業行為
〜アマとプロの境い目
1 もう一歩上の行為
2 自分の視点で教材分析をし蓄積する
3 研究会で学ぶ
4 プロが負うべき義務
5 正確に再現する
6 片々の技術、そして、見えない技術
7 問題場面への対応能力を身につける
8 力ある教師だけが授業を解説できる
9 研究結果は真実のみを述べよ
10 実践記録、研究記録には自分の本当の考えを述べよ
V 授業行為でサラブレッドたれ
1 すぐれた教師の条件
2 教育は現場の実践である 〜行動しなければ、何も変わりはしない
3 超一流人間の語り
4 知性に欠ける授業の特徴
5 討論の授業はディベートよりどこが秀れているか
6 アメリカで共感された授業
7 全員の子の活動場面をたくさんつくる
あとがき

まえがき

 すぐれた授業行為は、すぐれた教育技術に貫ぬかれている。

 しかし、それだけではない。

 すぐれた教育技術は、すぐれた教育思想にもとづいているのである。

 子どもが一瞬のうちに、変化する教育の方法がある。変化が大きいし、効き目があるので、「良いこと」と思いがちである。

 例えば「どなる」ことである。どなれば、とりあえず静かになる。

 しかし、副作用も大きい。

 やがて、どなることが通じなくなり、いくらどなってもきかなくなるのである。

 「給食残し」などの表を貼る教師が今でもいるそうだ。(こんなひどい教師が、教師としていられるというのは、なぜだろう?)

 これも、やがて「どうでもいい」ということになる。私の弟は、小学校の時、毎日、給食を残していた。グラフは断トツのトップだった。

 それでも、給食は残し続けたわけである。中学校から、好き嫌いがなくなったから、あれは何だったのだろうと思う。

 ちょっと気づきにくいことだが、「ほめるためのシール」もはじめ効き目があるが、副作用が大きい。「シール」を止めると、やる気がなくなってしまうからだ。

 知的好奇心を失なわせるのである。波多野先生の名著が出ている。

 法則化運動が誕生したころ、「授業中に赤白帽子をかぶる」という方法が出された。

 賛否のたぴに帽子の色をかえるのである。

 私は、寒気がするほど、嫌な方法で、当然特Cとした。

 この人は、子どもをほめる時に「マジックで手の平に書く」という方法もしていた。

 こんなことが、いいわけがない。

 この人の応募論文は数十とあったが、そのほとんどは、評定Cか特Cだった。授業の基本がなってないのである。

 「力のない私ですが、がんばります」と毎日メモが入っていた。

 私は、その人に「学習ゲーム」の才能があることを見つけ、「学習ゲーム」のライターとして起用した。最初の頃、かなり粗削りだったので、作り直しをさせ、良いものに変っていった。

 ところが、「学習ゲームがよい」のは「授業もよい」と錯覚し、この人は法則化を離れていった。

 類は友を呼ぶから、小さな動きが生れたが、やがて消えていってしまった。

 私は、「授業の思想」の違いが出発点にあったと思ってる。

 「すぐれた思想」こそが、多くの人々をひきつけ、すぐれた教育を生み出すのである。


 すぐれた教育行為であるかどうかをどう判断するのか。

 それは、自分の尊敬する先輩にそのことができるかどうかということである。

 例えば、向山の手にマジックでほめことばを書けるのか。失礼ではないのか。

 例えば、授業中の向山に赤白帽子をかぶせられるのか、無礼ではないのか。

 例えば、向山をそのことばでどなりつけられるのか、恥ずかしくはないか。


 このように考えれば、反省することが見えてくる。

 すぐれた教育思想による、燃えるような授業を、どの教室でも展開してほしいと思う。


  一九九八年一月吉日   /向山 洋一

    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ