担任ビギナーズ・365日の仕事術5
小学5年の担任になったら 学級づくり・授業づくり

担任ビギナーズ・365日の仕事術5小学5年の担任になったら 学級づくり・授業づくり

好評9刷

月別学級経営、学習指導のポイントを網羅した担任のバイブル

ギャングエイジを脱して論理的思考時代に入る高学年。それだけに「教師の実力」を見抜くようになる。尊敬する教師の言うことは大切に聞くが、反発したら言うことを聞かなくなる。こういう難しい年代の学級経営と授業づくりの成功ポイントを具体例で解説。


紙版価格: 3,200円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-183526-2
ジャンル:
学級経営
刊行:
9刷
対象:
小学校
仕様:
B5判 248頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年10月23日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに
まえがき
T これでばっちり学級開き
1 1年間を見通した学級経営計画表(1学期)
2 1年間を見通した学級経営計画表(2学期)
3 1年間を見通した学級経営計画表(3学期)
4 新学期前日までの担任実務チェックリスト
5 黄金の3日間のための計画1 教師の願い
6 黄金の3日間のための計画2 学級のシステムづくり
7 黄金の3日間のための計画3 学習のシステムづくり
8 教室環境はこうする1 教室掲示
9 教室環境はこうする2 システム
10 知的な出会いをこう演出
11 ドラマチックな出会いをこう演出
12 出会いで語るこの話
13 当番活動の活性化
14 係活動の活性化
15 知的・熱中・出会いのイベント
16 アドバルーンにこう対応する
17 一人ひとりの動きが明確になる清掃指導
18 みんな満足,トラブらない給食指導
19 朝の会・帰りの会の進め方
20 これだけははずせない学習ルールベスト10
21 ほめる・はげます・認める場面をここで見つける
22 学校への参画・児童会活動
23 英語活動の取り組み準備へのヒント
U 1年間を決める授業開き
■国語■
1 討論の授業への日常的指導を授業開きから始めよう
■社会■
2 社会科授業開きは,5円玉で
■算数■
3 ノートスキルを使った授業開き
■理科■
4 わくわくドキドキする体験を
■音楽■
5 授業はコマとパーツで組み立てる
■図工■
6 絵が苦手な子どもも満足する絵画指導法
■家庭■
7 掃除をしよう 残菜から環境について考えてみよう
■体育■
8 体育って楽しい! 仲間と楽しむ体ほぐしアラカルト
■道徳■
9 家族は宝物
■総合■
10 エネルギー問題で地球規模の視点を考えさせる
V 月別学級経営のポイント
【5月】
1 初めての授業参観
2 保護者会での話題と演出
3 信頼を得る家庭訪問
4 生活指導ではずせないポイント
【6月】
5 伝統文化を授業する(百人一首の指導)
6 生活習慣を見直すチェックシステム
7 やる気の起こる宿題システム
8 梅雨時はペーパーチャレランで知的に
【7月】
9 係活動活性化へのステップチェック
10 通知表 所見の書き方ポイント
11 読書感想文指導はこうする
12 夏休み前に行う教師の「語り」
【9月】
13 シルバーの3日間 計画表
14 夏休みの作品整理の仕方
15 運動会練習システム
16 おすすめ運動会競技(よさこいソーラン)
17 おすすめ運動会競技(竹取物語・ワープリレー)
【10月】
18 校外指導のポイント
19 保護者会でのおすすめ話題
【11月】
20 学習発表会での指導ポイント
21 音楽発表会での指導ポイント
22 チャレラン集会をしよう
23 読書指導はこうする
【12月】
24 個人懇談の進め方
25 自己評価はこのチェックポイントで
26 年末に向けての指導はこう演出する
【1月】
27 来年度に向けての決意を引き出す指導
28 かぜ・インフルエンザに対処する生活習慣指導
29 歯の治療率を高める方法
【2月】
30 6年生を送る会の企画づくり
31 縄跳び指導で,やる気アップ
32 最後の授業参観
【3月】
33 学習の復習をシステム化
34 卒業式呼びかけ指導
35 別れの演出はこうする 授業編
36 別れの演出はこうする 語り編
W 教科別学習指導のポイント
■国語■
1 作文指導の基礎・基本
2 音読指導の基礎・基本
3 思考を促す「局面の限定」の原理原則
4 判断力を培う発問システム
5 表現力を養う指導技術
6 物語教材の授業ポイント
7 説明文教材の授業ポイント
8 伝統的教材の授業ポイント
■社会■
9 社会科の基礎チェック
10 農業・水産業・工業の授業ポイント
11 情報の授業ポイント
12 運輸の授業ポイント
13 観光の授業ポイント
14 社会科で思考力を育てる技術
15 社会科ノートはこう作る
■算数■
16 ノート指導はこうする
17 計算指導のポイント
18 図形問題の指導ポイント
19 割合の授業の指導ポイント
20 量と測定の指導ポイント
■理科■
21 感動を呼ぶ理科授業システム
22 実験における指導ポイント
23 観察における指導ポイント
24 見開き2ページにおさめるノート指導
■音楽■
25 全員参加の合唱指導
26 リズムでつくる合奏指導
27 授業を盛り上げるパーツベスト5
28 盛り上がるふしづくり指導
■図工■
29 個性を引き出す限定指導(酒井式)
30 着色指導の基礎・基本
31 きれいにできる版画指導
32 楽しくできる風景の絵
■家庭■
33 生活を見直すようになる授業ネタ
34 自分を見つめる食育指導
35 ミシン指導のポイント5
■体育■
36 陸上運動の基礎・基本
37 泳力を伸ばす指導ポイント
38 チームワークを重視するゲーム指導
39 縄跳び指導はシステムで
40 マット運動のポイント5
■総合■
41 環境教育 エネルギー学習はこうする
42 福祉教育 ボランティアカルタの活用法
43 情報教育 調べるスキルはこう育てる
44 外国語活動 基本はTOSS型英会話でおさえる
X そのまま使えるファックス集
1 新聞ファックスシステム
2 学年だよりの型
3 学級通信の型
4 1学期の振り返りチェックポイント
5 夏休みの計画表
6 夏休みの生活(おたより)
7 2学期はじめの学年だより
8 2学期はじめの学級通信
9 校外学習シート
10 2学期の振り返りチェックポイント
11 冬休みの計画表
12 冬休みの生活(おたより)
13 3学期はじめの学年だより
14 3学期はじめの学級通信
15 最後の学級通信
16 ペーパーチャレラン1
17 ペーパーチャレラン2
18 通知表文例集
コラム あいさつ指導/ 自由と平等/ 音声言語を指導する

まえがき

 「先生! 大好き!」「休み時間に一緒にあそぼう!」

 初めてもった担任。新しい学年の子どもたち。新しい学校の子どもたち。子どもたちはみな素直で,教師の言うことに従ってくれる。

 そんなかわいい子どもたち,明るい学級。しかし,その影には「学級崩壊」「学力非向上」という,とてつもない落とし穴が待ち構えている。たいていの若き教師は,その穴に気づかずにいる。そしてはまってしまう。なぜか。


  学級づくりという概念をもっていないからである。


 学級づくりとは,「学級集団」をつくることである。

 子どもがいて,担任がいて,教室がある。それだけで学校の中に「形としての」学級はできる。しかし,その中で生活するのは子どもたちである。人間である。勝手にほうっておいたなら何も生まれない。しだいに学級の体をなさなくなっていく。しかし,悲しいかなそれさえも気づかない人もいる。なぜか。


  学級づくりには,マネジメント力が必要だからである。


 企画力・統率力・イベント力・運営力……さまざまな形での「力」や「技術」を身につけていないと「学級集団」をつくることができない。


 学級集団がうまくつくれたとしても,それでは不十分である。

 学校は学ぶところである。勉強するところである。学級が楽しくても友達どうし仲がよくても肝心の「学習」ができていなければ学校ではない。「習得型」「活用型」「探求型」という言葉が示すように,基礎・基本の習得が学校では求められる。学習指導要領には基礎・基本の「確実な習得」とある。それなくして活用型の学習,追究型の学習はありえない。

 基礎・基本を確実に習得させるための方法はある。教科によってポイントがある。ただ「教える」のではなく,楽しく,知的に教えることがプロとしての教師の仕事である。

 学級集団づくりなくして基礎・基本の習得もありえない。

 学級経営・マネジメントの両論であるこれら2つについてプロと呼べる指導ができてこそ「教師」の仕事である。本書は,それらのエキスを集めたものである。しかし,ここにあるのは一つの「型」を示しただけに過ぎない。それらの芯にある「原理」や「原則」を見つけ出したときに他の指導に生かせることができる。本書が,その入り口になれば幸いである。

 向山洋一氏は,言う。


  学び続ける教師だけが子どもたちの前に立つことができる。


 いつまでも学び続けていきたい。読者にとって本書が学ぶきっかけになれば幸いである。


   TOSS中央事務局 /雨宮 久

著者紹介

雨宮 久(あまみや ひさし)著書を検索»

山梨県に生まれる。千葉大学教育学部を卒業後,山梨県で小学校教諭となる。

向山洋一氏代表の教育技術法則化運動に参加し,TOSS(Teacher's Organization of Skill Sharing)での実践・研究をすすめている。TOSS山梨・TOSSフラミンゴウズの代表,TOSS中央事務局メンバー。子どもの事実と教師の腹の底からの実感をもとに教育実践活動を続けている。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 自分なりにアレンジして,実践してみようと思う内容が多くありました。
      2019/1/1240代・小学校教員
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ