子どものパワーを引き出す学級経営の極意と裏ワザ 中学校

子どものパワーを引き出す学級経営の極意と裏ワザ 中学校

好評4刷

誰でもできる、楽しい学級を作るための秘訣を紹介!

一年間を制する黄金の三日間の極意と裏ワザを解説。特に朝の会や帰りの会、休み時間、給食指導、掃除指導など教師が率先して行動を示す。さらに子どものパワーを引き出す係活動、学級活動の極意と裏ワザを公開。保護者との信頼関係作りの裏ワザを詳細に解説。


紙版価格: 1,700円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-157715-5
ジャンル:
学級経営
刊行:
4刷
対象:
中学校
仕様:
A5判 116頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年12月11日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
T 一年間を制する黄金の三日間の極意と裏ワザ
一 一年間を制するために学級担任として心に刻むべきたった一つの極意
二 持ち上がった生徒を始業式の日から指導する
三 一年間を制する土台を築く黄金の三日間を迎えるために必要な春休み準備の四つの裏ワザ
四 黄金の三日間で生徒の心をわしづかみにする六つの裏ワザ
五 黄金の三日間で学級のしくみを作り、学級のルールを確立する四つの極意
六 黄金の三日間でこの先生の言うことを聞いていればできるようになると思わせる二つの極意
U 朝の会や帰りの会、休み時間の極意と裏ワザ
一 朝読書の時間から一日は始まっている
二 朝の会を効率よく短時間でまとめる三つの裏ワザ
三 休み時間を無駄なく過ごす四つの極意
四 帰りの会で明日も学校に来たいと思わせる
V 給食指導、掃除指導の極意と裏ワザ
〜教師が率先して行動する
一 給食準備を早くする極意
二 給食準備を早くする裏ワザ
三 給食で不正を防ぐ極意
四 掃除指導の極意
五 生徒に掃除をさせる裏ワザ
W 子どものパワーを引き出す係活動・学級活動の極意と裏ワザ
一 当番「二人一役」制で学級を機能させるワザ
二 フォローシステムで係活動を機能させるワザ
三 係活動を盛り上げるワザ
四 イベントを盛り上げるワザ
X 教室環境の極意と裏ワザ
〜教室環境はシンプルで効率よく
一 教室掲示の極意
二 あると便利な教室掲示の裏ワザ
三 その他の教室環境の裏ワザ
Y 子どものパワーを引き出す行事指導の極意と裏ワザ
一 合唱コンクール
1 合唱コンクールでクラスに勝利をもたらす五つの裏ワザ
2 合唱コンクールでクラスをまとめる三つの極意
二 体育祭〜体育祭でクラスを勝利に導く三つの裏ワザ
三 職場体験〜職場体験の極意と裏ワザ
1 職場体験の極意
2 職場体験の裏ワザ
四 修学旅行〜修学旅行でキャリア教育を行う
Z 保護者との信頼関係作りの極意と裏ワザ
〜できるだけ生徒のそばにいる
一 学級通信の効果
二 保護者懇談の組み立て方
三 保護者との信頼関係を作る裏ワザ
[ いじめ対応の極意と裏ワザ
一 いじめを発見するシステム
二 いじめを未然に防ぐ
三 いじめを発見したら
四 校内の連携を図る
五 いじめ対応の裏ワザ
\ 特別支援を必要とする子への対応の極意と裏ワザ
一 タイプ別対応術〜ADHD(注意欠陥多動性障害)
1 対応の極意
2 対応の裏ワザ
二 タイプ別対応術〜アスペルガー症候群
1 アスペルガー症候群の子の特性
2 子どもを癒す五つのスキルを使う
3 大人を試す言動にも冷静に対処する
4 こだわりを活かす
三 タイプ別対応術〜自閉症/高機能自閉症
1 自閉症/高機能自閉症の子の特性
2 見通しを持たせる
3 指示を具体的にする
4 視覚入力を活用する
5 パニックには場面を転換させる
] トラブル予防法の極意と裏ワザ
〜一年間変わらない指導方針で
一 クラスのルールを確立して安定をもたらす五つの裏ワザ
二 学級の女子とよい関係を作る三つの極意
あとがき

まえがき

 学級は、生きている。

 様々な事件やドラマが展開し日に日に成長している。

 子どもたちは、いきなり突拍子もないようなことを言ってくる。その一つ一つに対応していかなければならない。

 例えば、「ボーリング大会をしたいのですが」と言ってくる。

 どうするかだ。

 企画書を提出すること。基本的に大賛成であることも告げる。

 この「大賛成」がよい。次々とアイデアを持ち寄る。ペットボトルが、ボーリングのピンに変身する。

 新聞紙がボールになる。スコアーカードやレーンも自作である。

 誰もが楽しめる企画が作られ、実行する。

 学級は、一つの企画を消化する度に成長する。

 イベントを成功させる秘訣は、向山洋一氏の提案する「所時物の原則」である。

 活動の場所を約束する。

 活動の時間を保証する。

 活動の物を用意する。

 そして、「ほめる」のだ。

 「教えて、ほめる」ことで、子どもの活動は、さらに広がりを見せていく。ダメな教師は、この逆をやってしまう。「教えないで、叱る」である。所時物の原則も知らず、その時の思いつきで指導する。そして、最後は、叱ってしまう。これでは、子どもはマイナスに変化する。

 学級崩壊は、こういったマイナスサイクルの連続で起こる現象である。

 プラスのサイクルが続けば、学級は楽しいところとなる。

 学級には、様々な子がいる。どの子も満足させる学級は、このプラスサイクルの中にある。

 繰り返すが、「教えて、ほめる」ことが学級活動の中で極めて大切な原則である。

 楽しい学級を作るには、原則を知らなければならない。プラスサイクルの連続である。

 本書は、楽しい学級を作るための秘訣を紹介している。楽しい学級は、誰でも作ることができる。

 お役に立てれば幸いである。


  平成二一年一〇月   TOSS岡山サークルMAK代表 /甲本 卓司

著者紹介

甲本 卓司(こうもと たくし)著書を検索»

TOSS岡山サークルMAK代表

『ジュニア・ボランティア教育&総合的な学習』誌編集長

岡山県久米南町立弓削小学校

山本 芳幸(やまもと よしゆき)著書を検索»

岡山県倉敷市立庄中学校

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ