子どもの規範意識の育て方 低学年

子どもの規範意識の育て方 低学年

学級システムやトラブルへの対処法で規範意識を育てる!

規範意識を育てる向山型学級経営を@システムAほんの少しの「技」Bトラブルへの対処法などで示す。さらに特別支援への対応を通して規範意識を育てる。また「道徳教育」「家庭」とのつながりの中に規範意識と育てる事例を豊富に収め、親との信頼関係を築く。


紙版価格: 1,960円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-150318-5
ジャンル:
学級経営
刊行:
対象:
小学校
仕様:
A5判 152頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年8月26日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

監修のことば――教師の「心のベクトル」こそ肝要だ――
T 規範意識を育てる向山型学級経営
一 システムで規範意識を高める
1 全員の子が活躍、当番のお仕事 /久保 宏行
2 おもしろい係出現、係活動の盛り上げ方 /小田 哲也
3 給食時間、トラブル〇(ゼロ)、そのシステムづくり /松田 健之
4 掃除道具がいつもきれいにそろっているクラス /杠 友樹
二 ほんの少しの「技」で規範意識を高める
1 話を最後まで聞ける子どもたち /苑田 知久
2 子どもたちがシーンとなるとっておきの話 /土橋 美香
3 子どもたちをきびきび動かす指示 /山田 智英
4 新卒教師、荒れないクラスにするためのコツ /藤田 哲夫
5 ベテラン教師から学ぶ低学年の学級経営のコツ /藤田 哲夫
6 嫌われている子を「技」で改善する /伴 佳代
7 一年生がしっとりと話を聞くようになるクラスづくりのコツ /久保 宏行
8 二年生がしっとりと話を聞くようになるクラスづくりのコツ /森永 祐司
9 みんなの前で物怖じしないで発表する子を育てる /末光 秀昭
10 低学年、本の読み聞かせはこうする /都知木 裕子
11 子どもたちが笑顔で迎えてくれる教室 /伴 佳代
12 個別評定で規範意識を高める /末光 秀昭
13 体育の授業で規範意識を高める /末光 秀昭
14 教室以外での上手な聞かせ方 /末光 秀昭
15 ほめてほめてほめまくる /末光 秀昭
16 続けることで力をつけさせていく /末光 秀昭
17 逆上がりで成功体験 /末光 秀昭
三 トラブルが起こったときにこそ、規範意識を高める
1 子ども同士のトラブル対処法 /桐谷 行一
2 いじめ発見、教師の対応術 /藤本 敬介
3 「勝敗にこだわる子」への対応術 /杠 友樹
4 「わがままな子」への対応術 /坂口 慎英
5 「学校へ来たがらない子」への対応術 /森永 祐司
U 特別支援対応、規範意識の育て方
1 「わからない」と授業中に叫ぶ子への対応 /小田 哲也
2 席を立ってうろうろする子への対応 /吉武 徹也
3 教師の言うことをなかなか聞かない子への対応 /善能寺 正美
4 ずっとおしゃべりばかりする子への対応 /松原 貴大
5 忘れ物ばかりする子への対応 /東 邦彦
6 身の回りの整理整頓がまったくできない子への対応 /末光 秀昭
5 おもらしをする子への対応 /川田 紗弥香
V 規範意識を高める道徳指導
1 相手のことを心から考えよう・実践事例 /藤本 敬介
2 弱いものをかばおう(弱いものいじめをするな)・実践事例(1) /伴 佳代
3 弱いものをかばおう(弱いものいじめをするな)・実践事例(2) /東 邦彦
4 世のため、人のためになることをしよう・実践事例 /松田 健之
5 まずは自分にできることをしよう・実践事例 /松原 貴大
6 先人に学ぼう・実践事例 /善能寺 正美
W 規範意識育成は家庭とのつながりから
一 フェイス・トゥ・フェイスで信頼を築く
1 四月の保護者会ではこれを絶対に話す /川口 悦史
2 保護者会を活発にする五つの方法 /木下 和弥
3 家庭訪問で保護者の信頼を得る /上野 裕之
4 保護者との電話連絡はこうする /藤本 貴美子
5 保護者会、とっておきの話 /土橋 美香
6 家庭訪問を成功させるいくつかのコツ /中尾 憲治
7 保護者との連絡の仕方のコツ /吉武 徹也
8 保護者会、とっておきの資料はこれだ /末光 秀昭
二 ツーウェイで信頼を築く
1 規範意識を育てる学級通信の書き方 /末光 秀昭
2 これからはブログを使って、家庭と提携する /木下 和弥
あとがき

監修のことば──教師の「心のベクトル」こそ肝要だ──

 人間の心のベクトルには、三種類ある。ひとつは「未来に生きる」、今ひとつは「現在に生きる」、最後のひとつは「過去に生きる」である。

 長崎市のある指導主事が「〇年前に伴先生の授業を見て、心底衝撃を受けた」と発言した。

 当時の伴学級は、あの「やまなし」をやった六年生。その時は、室生犀星を扱った討論の授業を「学校訪問」で公開したのである。

 その後、私は四年生担任になった。四月、学級をもってびっくりした。まるでなっていないことばかりだったからだ。数年来、かなりひどい先生に担任されていたようである。

 「何でこんなこともできないんだ」

 「これもやってない、あれもできてない」

 「話は聞けない、動けない」


 こんなことばかりで、学級を訪れる卒業生に、「疲れるよ」とよく話していた。そのままいくと、おわかりのように、当然「自分の実践はこんなものじゃない。もっと凄い仕事ができるんだ」と、以前の六年生の実践にばかり目が向いてしまう。心のベクトルが「過去」に向かうのである。

 そこで私は、四月の最初に研究授業を引き受けて、自分の現在の仕事を公開した。

 無論、つい一カ月前までやっていた仕事(授業実践)とは、天と地ほどの開きがある。初めて私の授業を見る方は「何だ、あの人ってこの程度なのか…」と思うはずだ。それでも、私はそこに自分を追い込んだ。つまり、そうすることによって、


  前の学年での自分の仕事を、全て否定した


のである。

 そうやって「最低の状態」を公開してしまえば、後はもう上ってゆくだけだ。怖いもの無しの状態になる。目の前の仕事に、自分自身が没頭できるようになるのだ。

 結果として、その学級は一年間で相当なものになった。「包丁でスタン・スタン・スタンと切っていくような授業」ができるようになったのである(件の六年生よりも速い授業になったはずだ)。最低の、まるでできなかった子が一〇〇点をとり、どの子ができる子で、どの子ができない子かわからない状態になった。


 その子たちは、五年生では「最高の学年」と評された。

 もし、私が「自分の授業は凄かった」「自分の仕事はこんなものではない」と、過去の実践にしがみついていたら、このような仕事はできはしなかっただろう。「過去」が素晴らしければ素晴らしいほど、その「過去」は「現在」の自分を縛る。そこから脱却するには、「過去」を否定するしかない。だから、いかに「自己否定」することが大切かということなのだ。

 これは、向山洋一氏の哲学そのものだ。教師にとって「自己否定」とは、まずい授業の公開、研究授業に他ならない。ここから逃げる教師には、絶対に「新しい仕事の創造」などできるものではないのである。


 学校で行った「基礎・基本徹底システム」の研修で、計算テストの結果報告があった。ほとんどの先生方が、全てきちんと私が提案した形式で、個人名入りの結果(どの問題ができてどの問題ができてない)を報告した。


 ところが、そうではない年輩教師がいる。ある人は、はなから報告しない(通知票を付けていた)。ある人は、個人名を抜いて報告した。これを司会の教頭が、黙って通過させた。それで終わろうとするので、私は手を挙げた。「形式を守って提出してほしい」と発言したのである。本来、これは私が言うべきことではない。だから、「管理職がちゃんと指導してください」と言ったのである。この時点で勤務時間は終了していたので、あとは発言できなかった(出さなかった方は、いつもは勤務時間にうるさいのだが、こんな時だけはグチャグチャとわけのわからない言い訳をしていた)。

 終了後、教頭から校長室に呼ばれたので、いくつか話をした。


 「例えば私は、運動会は無くてもよいと思う」

 「しかし、学校の会議で共通理解したことだから、きちんと行う」

 「ところが、私の学級の子どもたちだけ、覆面をして走らせるとする」

 「これが『個人名を出さない』ということだ」

 「もしくは、うちの学級だけ運動会をボイコットする」

 「これが『報告をしない』ということだ」

 「運動会でそういうことが起こっても、黙って見て見ぬふりをする人はいない」

 「なぜならば、親や地域が見ているからだ」

 「では今日のはどうか。親や地域が見ていないから、見て見ぬふりが通るのか」

 「運動会と、子どもに基礎・基本の力をつけるのと、どっちが大事なのだろうか」

 「学校経営方針にも『基礎・基本の力をつける』『一人ひとりを伸ばす』と書いてある」

 「学校経営方針には、『運動会をしっかりやる』とは書いていない」

 「題目だけの経営方針ならば、やめてほしい。もっともらしいことを言わないでほしい」


 次の「基礎・基本徹底システム」の報告会で、私は二年生の時「一組」だった子たちがかけ算九九を覚えていないと、事実を報告した。二年一組担任だったのは、既に退職したが、滅茶苦茶なことをやっていた教師だ。そうすると、前回「覆面」で報告をした教師は、「特定の人を名指しで厳しく批判している」と攻撃してきた。私は、それ以上反論しなかったが、本当に「一体何を考えているのだ」と思っていた。大切なのは「子ども」である。これは間違いない。誰に尋ねたってそうのはずだ。「子ども」を守るのが私たちの仕事なのである。ところが彼らは、「自分たちの立場」「仲間の立場」を守ることを優先する。「わけの分からない教師」が可愛そうなのか。「わけの分からない教師に習った子どもたち」が可愛そうなのか。どっちなのかと私は言いたい。この一事をとっても、彼らのメンタリティが腐ってしまっていることがわかる。TOSSは彼らと全く次元が違う。仲間だからこそ、正面切って批判(喧嘩)できるのだ。彼らの間では、おそらくそういうことはないのではないだろうか。甘ちゃんの、母性オンリーのぬるま湯集団に堕落しているのが見て取れる。

 「規範意識」は、むしろ教師にこそ、求められている。その自覚をもって、本書を編纂してみた。


  二〇〇八年七月   /伴 一孝

著者紹介

伴 一孝(ばん かずたか)著書を検索»

1962年3月生まれ

1985年長崎大学教育学部卒業

現在,長崎県西海市立瀬戸小学校勤務

『向山型国語教え方教室』誌(明治図書)副編集長

TOSS長崎代表

末光 秀昭(すえみつ ひであき)著書を検索»

1964年生まれ

1986年長崎大学教育学部卒業

現在,長崎市立桜が丘小学校勤務

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ