授業力アップへの挑戦23
学級統率・中学生との闘い方

授業力アップへの挑戦23学級統率・中学生との闘い方

好評2刷

中学生を統率するプロ教師のワザ

荒れる中学校の理由ははっきりしている。教師が中学生との闘いに負けてしまうからだと著者は明解に答える。さらに「学級を統率できないからだ」と教師の責任回避を問題にする。そのため「統率」を意識して責任感を持ち、教育技術、授業力、対応力をと呼びかける。


紙版価格: 1,860円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-150214-0
ジャンル:
学級経営
刊行:
2刷
対象:
中学校
仕様:
A5判 152頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年6月20日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
1 「統率」するには「責任感」が要る
一 「統率」を意識せよ
二 「責任感」がすべての入り口なのだ
三 何を以て「責任感」と言うのか
2 「統率」するには「教育技術」が要る
一 恥ずかしい授業をしていないか
二 授業を成立させるのは「教育技術」である
3 「統率」するには「授業力」が要る
一 「ひどい授業」からの出発
二 不勉強な教師を救った授業
三 「授業力」を向山洋一氏の授業に学ぶ
4 「統率」するには「対応力」が要る
一 「杓子定規」を検討せよ
二 「対応力」のキーワード
5 「対応力」を具体化する 1
一 生徒の「我が儘」を叩きつぶす
二 周りの生徒を「説得」しているのである
三 「釘」はまったく効かない
四 「違い」を楽しむ生徒たち
6 「対応力」を具体化する 2
一 「どこにでもある状況」で困っている中学教師
二 状況を分析せよ
三 長期的な手立てを打つ
四 短期的な手立てを打つ
7 「統率」するには「権威」が要る
一 「権威」を定義する
二 権威を打ち立てる「出会い」の教育技術
三 差別の構造を破壊せよ
8 「統率」するには「危機管理」が要る
一 「小さな芽」を摘み取る
二 「学級の状態」を診断せよ
三 「学級の状態」こう診断する
9 「いじめ」を叩きつぶせ
一 担任が発見したときの第一手
二 「他の生徒からの訴えでわかったとき」こう対応せよ
三 第二手・第三手を繰り出せ
四 「ひとりぼっちの生徒」こう対応せよ
五 「いじめと闘える学級」こうつくる
10 「ドラマ」を仕掛けよ
一 「統率の過程」が「ドラマ」である
二 待っていても「ドラマ」は起きない
三 「ドラマ」はささやかでもいい
11 「日常」をこそ大切にせよ
一 教育界の「迷信」
二 「非日常」の効果は持続しない
三 「日常」の指導こそである
12 学級づくりに「日記」を生かせ
一 「日記」は生徒との重要な接点である
二 向山型・日記指導のコツ
三 長野式・日記指導の展開
四 長野式・日記指導の具体
五 日記で生徒との関係をつくる
13 「学ぶ」以外に道はない
一 無駄な活動はないのだ
二 「学びて時にこれを習う」べし
あとがき

まえがき

 荒れる中学校。

 なぜ荒れるのかは、あきれるほどはっきりしている。

 理由は、たった一つしかない。


 教師が、中学生との闘いに負けてしまう。

 からである。負けてしまった教師は、もはや生徒にとって教師ではない。「あいつ」や「そいつ」と同等の存在に過ぎない。

 なぜ負けてしまうのかである。

 これもまた、理由ははっきりしている。


 学級を統率できない。

 からなのだ。これ以外に、何も理由はない。

 「こうだから」「ああだから」と荒れる理由をあげつらって、立て直した学校があるのかである。理由をあげつらうのは、学級を統率できない教師の責任回避でしかない。責任回避で、荒れる中学校を立て直せるはずがないではないか。荒れる中学校が荒れっ放しなのも、道理である。

 さらに問う。

 なぜ、学級を統率できないのかである。

 理由は、これもまた一つしかない。


 中学生との闘い方を知らない。

 これに尽きる。

 あれだこれだとあげつらうと、すべてがぼやけて、何も見えない。しかし、原因・理由をたった一つに絞って追究すると、すべてがすっきりと見えてくるのである。「何をどうすれば荒れを防げるのか」がわかってくる。

 ただし、次のことは確実に言える。


 その手立ては一つではない。

 本書で、手立ての一つを提案する。ご批正いただければ幸いである。


   /長野 藤夫

著者紹介

長野 藤夫(ながの ふじお)著書を検索»

昭和37年生まれ 茨城県岩井市(現,坂東市)出身

TOSS中学網走みみずくの会代表

昭和60年 早稲田大学第一文学部哲学科東洋哲学専修卒業

平成元年 新潟県吉田町立吉田中学校

平成4年 北海道斜里町立宇登呂中学校

平成6年 北海道留辺蘂町立瑞穂中学校

平成10年 上越教育大学大学院派遣

平成12年 北海道北見市立北中学校

平成16年 北海道留辺蘂町立温根湯中学校教頭

平成18年 北海道紋別市立渚滑中学校教頭

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ