教室のドラマを実況中継するプロの学級通信

教室のドラマを実況中継するプロの学級通信

好評5刷

保護者にも子どもにも、教師自身も役に立つ学級通信を公開

学級通信には、ウソが書けない。教室で通信を配ると、子ども達はすぐに読む。家庭では通信をネタに学校生活が話題になる。結果として、保護者への説明責任にもなるメディアだ。うそやゴマカシのない教育実践記録を学級通信として残すコツを披露!


紙版価格: 3,200円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-106514-0
ジャンル:
学級経営
刊行:
5刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 260頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年12月10日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき /河田 孝文
第1章 出会いの演出で保護者の信頼を一気につかむ
■ 保護者の心をつかむ! 通信第1号のポイントはこれだ /林 健広
〈実物資料〉
2年 学級通信『七色の落書き』第1号
4年 学級通信『OverDrive』第1号
5年 学級通信『HEROES』第1号
6年 学級通信『マキシマム』第1号
第2章 保護者を通信の虜にする! あの手この手
1.参観日に行けなくても安心! 参観日をこう魅せる!ワザ /奥田 嚴文
〈実物資料〉
2年 学級通信『七色の落書き』学級経営資料
6年 学級通信『マキシマム』学級経営資料
2年 学級通信『七色の落書き』参観授業「点字」
4年 学級通信『OverDrive』参観授業「漢字文化」
5年 学級通信『Burn』参観授業「算数:約数」
2.参観日よりよく分かる授業の様子! 通信のポイント5 /大貝 浩蔵
〈実物資料〉
2年 学級通信『七色の落書き』食育 腸にいい食べ方をしよう
2年 学級通信『七色の落書き』算数 ながさをしらべる
2年 学級通信『七色の落書き』算数 ひっ算を身につける
2年 学級通信『七色の落書き』国語 作文指導
4年 学級通信『OverDrive』算数 概数
4年 学級通信『OverDrive』算数 2けたでわるわり算
5年 学級通信『HEROES』図工 授業開き 自画像指導
5年 学級通信『HEROES』図工 授業開き 自画像着色指導
6年 学級通信『マキシマム』社会 授業開き
6年 学級通信『マキシマム』国語 要約指導
6年 学級通信『マキシマム』国語 読書感想文への道
6年 学級通信『マキシマム』算数 面積図
3.保護者も納得! 信頼向上! 趣意説明はこうする! /江口 儀彦
〈実物資料〉
2年 学級通信『七色の落書き』算数 かけ算九九に突入
2年 学級通信『七色の落書き』国語 作文力とは
2年 学級通信『七色の落書き』恥ずかしさからの脱却
2年 学級通信『七色の落書き』文字を丁寧に書けない子
2年 学級通信『七色の落書き』言われたとおりにすることの難しさ
2年 学級通信『七色の落書き』なぞる・うつすは学習の基本
4年 学級通信『OverDrive』時間をまもる
6年 学級通信『マキシマム』上達した要約力
6年 学級通信『マキシマム』ノート消費量は学力に比例する
6年 学級通信『マキシマム』心のネジを締める
6年 学級通信『マキシマム』夢は紙に書く
6年 学級通信『マキシマム』掃除にまつわるエトセトラ
4.保護者が目を皿にして読む,子どもの作品の見せ方 ポイント5 /中山 崇
〈実物資料〉
2年 学級通信『七色の落書き』町たんけん
2年 学級通信『七色の落書き』社会見学
2年 学級通信『七色の落書き』版画
4年 学級通信『OverDrive』へちまの観察記録
4年 学級通信『OverDrive』読書感想画
5年 学級通信『HEROES』自画像
6年 学級通信『マキシマム』ネガポジ
6年 学級通信『マキシマム』読書感想画
6年 学級通信『マキシマム』わたしたちの生活と日本国憲法
6年 学級通信『マキシマム』版画
5.保護者の意見を掲載する /平松 英史
〈実物資料〉
4年 学級通信『OverDrive』学級通信の感想
4年 学級通信『OverDrive』運動会の感想
6年 学級通信『マキシマム』家庭訪問特集
6.保護者が読みたくなる文体の工夫 /桑原 佑樹
第3章 管理職にも報告いらず!? 行事指導の報告術
■ 描写プラス子どもの報告文 /岸 義文
〈実物資料〉
2年 学級通信『七色の落書き』ドッジボール大会
4年 学級通信『OverDrive』運動会練習
4年 学級通信『OverDrive』運動会
4年 学級通信『OverDrive』社会見学
4年 学級通信『OverDrive』ドッジボール大会
4年 学級通信『OverDrive』長縄大会
6年 学級通信『マキシマム』修学旅行
第4章 子どもも読むから子どもが伸びる! 子どもを虜にするこんなワザ
1.ほめる場面をこう演出する /平松 英史
〈実物資料〉
6年 学級通信『マキシマム』目配りができる子
2.他者から見た学級の情報をのせる /桑原 佑樹
〈実物資料〉
2年 学級通信『七色の落書き』テレビアナウンサーから
4年 学級通信『OverDrive』長縄目撃証言
6年 学級通信『マキシマム』学級参観記
3.有益情報を載せる /桑原 佑樹
〈実物資料〉
6年 学級通信『マキシマム』耳かき講座
第5章 通信発行の裏技大公開
1.年間100号を突破するノウハウ /山田 恵子
2.学級通信用資料をこう集める /山田 恵子
3.ムリなくネタ集め! 学級通信取材ノウハウ /内藤 恵子
4.魅せる!レイアウト術 /大貝 優希
〈実物資料〉 レイアウト例(『マキシム』より)
第6章 先生に担任してもらってよかった!を実感させる最終号の工夫
■ 最終号で読者をわしづかむポイント /大貝 優希
〈実物資料〉
2年 学級通信『七色の落書き』
4年 学級通信『OverDrive』
6年 学級通信『マキシマム』
あとがき /大貝 優希

まえがき

 学級通信は,第一級の資料である。

 なぜなら,学級通信には,ウソが書けないからである。

 教室で通信を配ると,子ども達はすぐに読む。自分の話題や作品を探すのである。また,友達のことを読みこむ。

 そこに,少しでも事実と異なる情報が紛れ込んでいたら,子ども達はすぐに指摘する。「先生,ここちょっとちがうよ」と。

 子ども達は,間違いに敏感である。そして,かなり正確である。

 学級通信は,精度の高いフィルターを経て保護者の元に届けられているのである。

 家庭では,通信をネタに学校生活の話題となる。テーマが授業であれば,授業の話題が親子でやりとりされる。学級生活,行事もしかり。

 このように,通信の内容は,子ども,保護者,家庭を経て何度も反芻される。ウソやゴマカシは必ず取り出されるのである。

 学級通信の最大の価値はここにある。

 だから私は,授業を中心に学級通信を続けている。自らの実践記録として,学級通信を増産している。それが,同時に保護者への説明責任にもなる。ウソやゴマカシのきかない学校の情報を届けることになるのだから。

 十年以上前,学級通信発行に心血を注ぐ教師に出会った。

 授業の事実をデフォルメした(デッチアゲに近かった)内容が通信に綴られていた。または,内容がぼかされて報告されていた。

 その教師は,休み時間,子どもと遊ばなかった。掃除時間,指導しないで通信を打っていた。子どもが相談に来ても相手にしなかった。

 同僚からの評価は低かった。大量の通信を発行していたにも関わらずである。「あいつは,授業は適当にして通信を書いている。掃除もしない。子どもとも遊ばない」と。

 学級通信の目的が発行数最優先になるのは,本末転倒である。

 説明責任を果たすメディアであるはずの通信が,ねつ造されているのだから。


 学級通信は,何のために発行するのか。

 第一は,自分自身のためである。

 ウソやゴマカシのない教育実践記録を残すためである。その延長線上に保護者への説明責任がある。そして,波及効果として子どもの意欲喚起がある(作品が掲載されると子どもは燃える)。

 授業をおろそかにした通信発行にはなんの意味もない。

 学級通信を多く出す教師がいい教師ではない。授業をきちんとする教師がいい教師なのである。

 授業がいい加減になるのなら,学級通信発行はやめた方がいい。授業を最優先すべきである。

 その上で,学級通信を「ウソのない実践記録集」として発行することを勧める。


 本書には,私のサークルTOSS/Advanceの仲間が「ウソのない実践記録集」であり,「保護者へ効果のある」通信を厳選したナンバーが収録されている。


 保護者にも子どもにも,そして教師自身の役に立つ学級通信発行の参考になればと思う。


   /河田 孝文

著者紹介

大貝 優希(おおがい ゆき)著書を検索»

1978年山口県生まれ

現在、山口県光市立浅江小学校教諭

TOSS長州教育サークル所属

TOSS/Advance所属

河田 孝文(かわた たかふみ)著書を検索»

1964年5月山口県豊浦郡豊北町神田特牛生まれ

1988年 山口大学教育学部卒業

1988年 山口県山陽町立厚狭小学校教諭

1993年 山口県豊浦町立小串小学校教諭

1996年 山口県下関市立江浦小学校教諭

1999年 山口県豊浦町立川棚小学校教諭

現在,下関市立桜山小学校教諭

1988年教育技術法則化運動に参加する。

向山洋一・22番弟子、槇田 健・1番弟子

TOSS道徳教育研究会代表

TOSS長州教育サークル所属

TOSS/Advance代表

TOSS/Advance著書を検索»

代表 河田孝文

 教育技術法則化運動の解散に伴い発足したTOSS(Teachers Organization of Skill Sharing)の考えに基づき向山型授業のスキルや技能を学びあう場として長州教育サークルの子サークルとして、2002年より山口県下関市周辺の教師を中心にサークル活動を始めている。週に1回、下関市の小月公民館で例会を行い、常時20名ほどの参加者が模擬授業や実践紹介を通じて授業の腕を磨いている。代表の河田氏から一つひとつの模擬授業に代案・コメントがあり、そのことを励みに県外から参加する教師も多い。

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 現場で役立つ一冊でした。
      2017/5/330代・小学校教員
    • 圧巻の内容です!!河田氏の学級通信には、見事な実践が数多く記録されています。これを見た保護者が、河田氏のファンになってしまう気持ちが分かる気がします。

      学級通信を作るときのポイント、コツもたくさん書かれているので、私は学級通信を作るときには、必ずこの本を手元に置いています。お勧めです!!
      2009/9/27まさお
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ