21世紀型学級づくり14
6年の学級経営・絶対成功する年間戦略
子どもが喜ぶ学級をこう創る!

21世紀型学級づくり146年の学級経営・絶対成功する年間戦略子どもが喜ぶ学級をこう創る!

特別な学年である6年生の学級経営を成功させる月別戦略。

六年生を担任した時、各学期各月でどのような活動を仕組んでいくと学級がまとまっていくのか。著者の五年間の実践から「これは!」というものを厳選して示した。六年生という学年は特別な学年である。小学校最後の学年であるだけにプレッシャーを乗り越えたい。


紙版価格: 2,300円+税

送料・代引手数料無料

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
4-18-103159-4
ジャンル:
学級経営
刊行:
対象:
小学校
仕様:
A5判 212頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年11月18日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
T 四月の戦略
一 まずは、クラスを統率せよ!
二 授業のシステムを確立する ――最初の三時間が勝負!――
三 当番と係を組織する ――楽しい係活動を!――
四 一〇〇日連続日記の挑戦課題を与える
五 四月、早々と全員達成の事実をつくり出す ――全員が跳び箱を跳ぶ――
六 四月の参観日はパーツ教材で組み立てる
七 今年一年の挑戦課題を決める ――NHK全国合唱コンクールへの挑戦――
八 教室騒然! 五色百人一首を取り入れる
U 五月の戦略
一 向山型で算数の力を伸ばす
二 修学旅行の様子をリアルタイムに保護者に伝える
三 修学旅行のロング作文に挑戦させる
四 修学旅行の思い出は一枚新聞にまとめさせる
五 修学旅行俳句コンクールを実施する ――校長先生が選ぶ「最優秀賞」及び「優秀賞」――
V 六月の戦略
一 酒井式の絵に全力を投入する
二 六月の参観日は有田型歴史授業を追試する
三 子どもの悩みに寄りそう ――一〇〇日連続日記から――
四 古川学級伝説的行事を敢行する! ――我慢比べだ、汗かき大会――
W 七月の戦略
一 一学期の「総合的な学習の時間」は汗をかく課題に挑戦する ――プルトップ回収最終作戦・ドラム缶一杯のプルトップを集める!――
二 インパクトのある思い出を残す ――夏だ! 千種川で泳ぐ――
三 自分たちですべてやらせる ――べルピールの丘でキャンプをする――
四 真夏の夜を演出する ――星座観察会そして肝試し大会――
X 八月の戦略
一 夏は親子で盛り上がる! ――ひまわり迷路のナイトオリエンテーリング――
二 成果を目に見える形で残す ――車椅子が届く! プルトップ回収作戦――
三 体当たりの思い出をつくる ――初挑戦、大健闘! NHK全国合唱コンクール――
四 夏休みの読書感想文は、こう書かせる
Y 九月の戦略
一 二学期のスタートは、野口流にかっこよく!
二 再び全員達成の事実をつくり出す ――全員が二五メートルを完泳する!――
三 暑中見舞いにも工夫を加える ――夏のかおり……夏休みクイズハガキ順位発表!――
四 学級にドラマを生み出す! ――佐用郡陸上競技大会――
五 運動会で完全燃焼させる ――子どもたちは風になった! 秋の大運動会――
Z 一〇月の戦略
一 学級通信を綴る ――五〇号記念発行!――
二 保護者から投稿を募る ――学級通信「五〇号に寄せて」――
三 二学期の「総合的な学習の時間」の課題をつくる ――盲導犬は幸せか? それとも、かわいそうか?――
四 校外学習を工夫する ―― 一六〇〇万年前の神秘をさぐる! ビカリア化石発掘――
五 奇跡を起こす ――算数テスト、全員九〇点以上で平均九〇点を突破する!――
[ 一一月の戦略
一 国語科難関単元「やまなし」へ挑戦!
二 「総合的な学習の時間」は徹底的に調べさせる ――討論「盲導犬は幸せか? それとも、かわいそうか?」――
三 生涯の思い出を残す ――子どもたちの歌声、未来へ……「佐用郡連合音楽会」――
四 対外行事をうまく活用する ――ビスラカップドッジボール大会、圧倒的優勝!――
五 討論の力をつける ――『五体不満足』(乙武洋匡著)の授業に至るまで――
六 日記指導、漢字指導のマンネリを打ち破る
\ 一二月の戦略
一 最後は本物を見せる ――盲導犬がやって来た! 全校盲導犬集会――
二 こんな体験的授業もおもしろい!「縄文シチュー」
三 再び古川学級伝説的行事を敢行する! ――ラーメンを盛大に食べよう会――
四 歴代の記録を残しておくのも役に立つ ――一回旋一跳躍大縄跳び歴代連続記録――
五 でっかいパーティーを年に一度は開く ―― 一〇日間分笑った!「とんでもない、クリスマスパーティー」――
六 校長先生と連帯する
] 一月の戦略
一 縄跳びでも全員達成の事実をつくり出す ――全員が二重跳びを跳ぶ!――
二 さらに難関鉄棒でも全員達成の事実をつくり出す ――全員がさか上がりを習得する!――
三 苦しいことにも挑戦させる ――完全燃焼! 力の限り「佐用郡子ども会駅伝大会」――
]T 二月の戦略
一 短期集中型「自学」で課題解決学習に取り組ませる
二 子どもたちの夢を実現する ――喫茶「カフェテリア」オープン――
三 子どもたちの心模様を知る ――バレンタインデーのドラマ――
四 「総合的な学習の時間」のけじめをつける ――車椅子を寄贈する――
]U 三月の戦略
一 一年間の思い出を振り返らせる ――思い出ベスト一〇――
二 クラスの歴史年表をつくる
三 卒業文集を工夫する ――面白文集ネタ――
四 保護者と別れる ――学級通信「一〇〇号に寄せて」――
五 子どもたちへ言葉を贈る
六 認め、評価する ――三〇〇日連続日記から……「さようなら、先生」――
七 子どもたちと別れる
あとがき

まえがき

 私はこれまで、六年生を五度担任した。どのクラスの子どもたちも素直で、やる気に満ちた子どもたちであった。

 どの年度の、どの学級の子どもたちも、私は大好きであった。すべての学級で、充実感に満ちた、楽しい思い出がたくさん残っている。

 ただ、最初からそのような楽しいクラスであったのか。もちろん、そんなことがあるはずはない。むしろ、徐々に創り上げていったというのが実感である。

 一学期は、なかなか自分のクラスにならず、悩むことが多い。しかし、きちんとした布石を打ち続けると、クラスは少しずつ、そしてしっかりとまとまってくる。

 本書では、六年生を担任したとき、各学期、各月でどのような活動を仕組んでいくと、学級がまとまっていくのか、五年間の実践の中から、「これは!」というものを厳選している。

 目次の中のこれらの活動を見ていただくと、各月の基本的な方針が読み取れるものと思う。例えば、四月は「統率する」、五月は「修学旅行を充実させる」、六月は「学習を深める」といった具合に……

 ここに書いていることは、すべて五度の担任中に実践したものばかりである。実践していない内容は一つもない。そのため自信を持っておすすめする。

 ただ一年間では、ここに書いてあることすべてはできない。またすべてしなければならないものでもない。ご自分の学級の実態に合わせて取捨選択し、できるものを取り上げていただきたい。無理をせず、可能な範囲で取り組んでいただければと思う。

 修学旅行のように、学校によっては実施する時期が違う場合もあるだろう。そのような時は、ここにある実践を、ご自分の学級に合うように調整していただきたい。


 六年生という学年は、特別な学年である。小学校最後の学年だけに、子どもたちも保護者も教師に寄せる期待は大きい。担任はかなりのプレッシャーを感じる。一年生から六人の担任でここまで育ててきたにもかかわらず、卒業式で花束をいただくのは六年生の担任だけである。それだけ責任も重い。

 逆に、その大切な学年を任せられるということは、本当に名誉なことである。やりがいもある。意気に感じて全力で指導にあたりたい。

 時にはうまくいかないこともあるだろう。うまくいかないことの方が多いかもしれない。そんなときも投げやりにならず、ネバーギブアップで、試行錯誤を重ねてほしい。それがプロとしての教師の仕事なのだと思う。

 本書は六年生を担任する先生方へ、「ともに頑張りましょう!」という連帯の気持ちを込めて書き上げたものである。

 拙い実践ばかりであるが、子どもたちが喜ぶ学級を創るために、いささかのお役に立てれば幸いである。


  平成一七年七月二〇日 一学期終了、盛夏の中で……   /古川 光弘

著者紹介

古川 光弘(ふるかわ みつひろ)著書を検索»

昭和37年6月兵庫県生まれ

神戸大学教育学部初等教育学科卒業

兵庫県佐用郡南光町三河小学校(昭和61〜平成4)及び,

兵庫県佐用郡南光町徳久小学校(平成5〜平成11)を経て,

現在,佐用郡三日月町三日月小学校教諭(平成12〜)


『子どもの心をどうつかむか』を生涯のテーマとし,日々の実践にあたる。


※有田和正主宰「教材・授業開発研究所」MLを主宰する。

※サークルやまびこ所属

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ