新米教師の悩みに実力派が答えるQA事典3
先生が大好きになる特別活動指導のコツ

新米教師の悩みに実力派が答えるQA事典3先生が大好きになる特別活動指導のコツ

好評2刷

全国の若手教師から届いた悩み相談を有名教師がズバッと解決!

朝一番にすることは?給食係りにする指導とは?運動会の練習の組み立て方とは?学級づくりはまず何から始めるか?新卒が失敗しやすいこととは?最初の座席はどのように決めたらよいか?テストで間違えた問題のやり直させ方、というような、特活のイロハに関するQA集。


紙版価格: 1,960円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-100729-4
ジャンル:
特別活動
刊行:
2刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 164頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年7月22日
新学習指導要領解説書籍
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

まえがき
〔T〕 特別活動の悩みに対するQA
学級活動
1 朝一番、教室に入ってすること
2 朝一番、教室に入って見るのはどこか
3 朝の時間の過ごさせ方
4 ハンカチ・ちり紙を徹底させるには
5 毎朝、元気よく歌わせるには
6 一年生、給食係の班はどうするか
7 給食係に指導するコツ
8 おかずを分けるときに気をつけること
9 おぼんで給食をもらうときに気をつけること
10 好き嫌いが多い児童への対応
11 デザートを友達からもらう子には
12 残ったおかずはどうするか
13 給食の片づけのコツ
14 当番にはどんなものがあるか
15 当番活動をしっかりさせるためには
16 風邪が流行したときにすること
17 クラスのお楽しみ会の企画はだれがやるのか
18 新年にはどんなイベントがいいか
19 学期末の大パーティーがうまく進まないとき
20 ストーブの使いはじめにすること
21 ストーブを安全に使用させるためには
22 教室で安全に過ごさせるには
23 ストーブの事故を防ぐためには
24 ストーブ使用時の換気で注意すること
25 係が全員協力して仕事を行うには
26 係活動を盛り上げるには
27 係活動を盛り上げるベスト3
児童会活動
1 一年生を迎える会を成功させるポイント
2 児童会担当が二人、主とサブの違い
3 盛り上がったイベント三つは何か
4 六年生を送る会で涙を誘う出し物
学校行事
1 秋の集会、ベスト5
2 運動会までに、どの段階で何を準備するのか
3 競技種目を選ぶポイント
4 運動会の練習の組み立て
5 鼓笛指導のポイント
6 学習発表会までのスケジュール
7 オーディションのポイント
8 劇で、一時間の指導の組み立て
〔U〕 はじめの三日間の悩みに対するQA
1 新しいクラスを担任するとき何をしたらよいか
2 学級づくりはまず何からやるか
3 目標を決めたら次に何をするか
4 当番・係活動のしくみをつくるとき気をつけること
5 どのようにしてクラスのルールをつくるか
6 子どもたちに印象づける自己紹介
7 楽しい学級開きの遊びにはどんなものがあるか
8 一年生、一学期にどうしても教えておきたいこと
9 一年生を初めて担任するとき気をつけること
10 一年生を担任するときの教師の心構え
11 一年生との出会いで心がけること
12 子どもに教科指導するときの心構え
13 新任教師の心構え
14 学校が始まる前までの準備
15 新卒教師が失敗しやすいこと
16 障害児を担任するとき気をつけること
17 学習障害児を受け持つときの準備
18 障害児教育についての参考文献
19 五年担任に決定、低学年と違う心構え
20 高学年を担任するときのコツ
21 始業式の話
22 担任がいなくても一日生活できるポイント
23 始業式、出会いを感動的にする演出
24 子どもを迎える前にすべきこと
25 担任する子の情報の集め方
26 前の三クラスのルールがある中、クラスのルールを確立するには
27 最初の座席はどのように決めたらよいか
28 荒れたクラスを担任するときのチェックポイント
29 学級を統率していく上で大切なことは何か
30 転校生が来たときの対応
31 二学期の学習習慣のチェックポイント
〔V〕 仕事術の悩みに対するQA
1 テストの丸つけの方法
2 テストで間違えた問題のやり直させ方
3 週案の目的とは何か
4 通知票の所見に書く場合の大原則
5 所見を具体的に書く方法
6 通知票の行動の記録のつけ方
7 夏休みの作品処理の仕方
8 研究授業の見方
9 長い指導案を書く必要があるのか
10 すぐにできる学級文集の作り方
〔W〕 保護者とのつきあい方の悩みに対するQA
1 学校にどなり込んでくる親への対応
2 宿題を出すように言われた。出すべきか
3 家庭訪問がうまくいく方法
4 保護者会で、親から宿題の質問が出たときの対応
〔X〕 その他の悩みに対するQA
1 授業中の水飲みはよいのか
2 「〜が好きだ」といううわさをやめさせるには
3 虫歯の語りから風邪の予防の小話
4 努力の目安は百

まえがき

 「学校力」が問われる時代がやってきた。

 「学校力」が厳しく評価される時代がやってきた。その学校力を支えるのは何か。

 それは当然、「教師力」である。「教師力」を支えるもの何か。

 それは当然、「授業力」である。

 では、今の教師の授業力は時代に耐えられるレベルに向上しているのか。結論は否である。だから、教育再生会議が設置されたのである。だから、中央教育審議会が設置され教育改革が行われているのである。学校選択制、人事考課制度、教員免許状更新制度などが本格的に全国的に導入されるのも時間の問題である。このような時代を教師として生き抜いていくためには、自らの「教師力向上」のための修業を常にすることが必須の条件になると考える。では、今の学校現場には教師の授業力を向上させるシステムがあるのか。これも否である。一〇〇%ではないにしても、いまだに現場の多くの研究はスローガン主義が多く、研究のための研究であり、子どもの事実、教師の実感に基づいていない。職員室にも授業について語る場面はほとんどない。これは異常な事態だ。例えば、病院の医者たちが病院で患者をどうするかの話をしない状態を想像してみればいい。そんな病院に私たちは行きたくないはずだ。教師は授業をするために、教師になったのだ。しかし、日々、授業とは縁遠いことで「忙しい、忙しい」を連発している。本来の授業のことで忙しいのなら私も本望だ。しかし、そうではないのだ。それは、現場の教師が一番知っているはずだ。

 授業の悩み、学級経営の悩みを解決するシステムが学校にないことは大問題なのである。例えば、新採用の教師は大学で実践的なことをほとんど身につけないで現場に来る。当然、教室は荒れる。しかし、だれもその解決策を教えてくれない。どうしたらよいのか途方にくれ、志半ばで現場を去ったり、うつ病になったりする教師が増えてしまうのである。私たち、TOSSアンバランス福島は、十三年前にTOSS代表の向山洋一氏から「向山洋一教育実践QA全国事務局」としての活動をするように使命を受けた。以来、毎年、郡山市に向山洋一氏をお招きしての「QAセミナー」を開催してきた。ここ数年は、向山洋一氏の弟子である伴一孝氏、甲本卓司氏も講師に招いてのセミナーを開催している。毎回、二百名を超える申し込みをいただいている。学校では解決できない悩みをもった先生方が参集して、その解決のためにQAを行っているのだ。

 今回、明治図書の樋口雅子編集長からの依頼により、「新米教師の悩みに実力派が答えるQA事典」というテーマで執筆することとなった。掲載されているQAは、主に「向山洋一教育実践QAセミナー」でのQA、また、QA事務局の機関紙である『QAマガジン』、アンバランス主催の講座でのQAを再構成した。学校の教育技術の伝承システムを補完することに役立てば幸いである。このような機会を与えていただいた樋口雅子編集長、そして、向山洋一氏、弟子・一門の先生方に深く感謝の意を表し「まえがき」とさせていただく。


   TOSSアンバランス福島代表 /星野 裕二

著者紹介

星野 裕二(ほしの ゆうじ)著書を検索»

福島県二本松市立小浜小学校勤務

TOSSアンバランス福島代表

TOSS東北中央事務局準備会代表

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ