中学1年:学級で起こる“こんな困った→どう対応”プロの知恵事典

中学1年:学級で起こる“こんな困った→どう対応”プロの知恵事典

甘えを引きずる中1にどう対応するかヒント100

入学式の後教室に入ってすぐ行うことは何か、学級が暗い…すぐ出来る楽しい活動は何か、男女の仲がよくなる活動や学級通信第1号に書くことは何かなど、学級経営のツボの押さえ方をはじめ、教科書を使った授業の基本型、教科書の読ませ方など、1年間必携のハンドブック


紙版価格: 2,200円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-096719-3
ジャンル:
学級経営
刊行:
対象:
中学校
仕様:
A5判 216頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年10月15日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

目次

もくじの詳細表示

はじめに
本書の使い方
T 学級経営の困った感はこれで解消
1 入学式ではどのように振る舞えばいいのですか?
2 教科書で最初に教えるポイントは何ですか?
3 入学式後、教室に入った直後に行うことは何ですか?
4 入学式後に教師の所信表明で伝えるべきことは?
5 入学してくる生徒の名前と顔はどう覚えますか?
6 給食システムはどのように決めますか?
7 クラスが和む学級レクの工夫はどのようにすればいいですか?
8 生徒の不安を除くガイダンスはどうしたら良いのですか?
9 家庭訪問が教師にとっても親にとっても有効な時間になるにはどうすればいいですか?
10 学級の秩序を守る具体的方法とは何ですか?
11 学級が暗い、すぐにできる楽しい活動はありませんか?
12 男女の仲が悪いのですが、良くするにはどうしたらいいですか?
13 清掃システムの決め方をどのように工夫すればいいですか?
14 生徒がいきいきと活動できる係活動の組み立て方を教えてください
15 学級委員や委員会・係の決め方はどうすればいいの?
16 入学式前に是非用意したい、おすすめグッズには何がありますか?
17 入学式前に教室をどのように整えたらいいでしょうか
18 朝の会、帰りの会のメニューは何を取り入れればいいですか?
19 黄金の三日間の計画はどのように立てればいいでしょうか?
20 給食指導で気をつけることは何でしょうか?
21 生徒を伸ばす日記指導のABCを教えてください
22 学級便りはエピソードで語るとはどういう意味でしょうか?
23 学校行事でやる気にさせるにはどうすれば良いですか?
24 入学式、学級の黒板にどのようなメッセージを書きますか?
25 昼休みや放課後はどのように過ごしますか?
26 絶対必要な学級の約束事として、何を生徒に話しますか?
27 新入生代表の生徒、どう指導しますか?
28 黄金の三日間で絶対にやっておきたいことは何ですか?
29 シルバーの三日間でするべきことは何ですか?
30 中一で進路に向けて何を学習すればいいですか
31 学級文庫等で中学生に読ませたい本はどんなものですか?
U 小学校から中学校へ 飛躍する授業の技
32 教材研究・準備の時間を生み出すにはどうすれば良いですか?
33 教科書を使った授業の基本型はありますか?
34 教科書の読ませ方にはどのような方法がありますか?
35 授業開きで心がけることは何ですか?
36 授業開きのおすすめプランは何ですか?
37 生徒に絶対身につけさせたい技能は何ですか?
38 ノートの取り方の基本をどのように教えればいいですか?
39 ノート指導・ノートチェックはどうすればいいですか
40 生徒の実態把握・情報共有はどうしますか?
41 授業を安定させる授業ルールはどのように示しますか
42 授業の忘れ物には、どのように対応したらよいですか?
43 全員を授業に参加させる指名方法には、どのようなものがありますか?
44 学習に遅れがちな子への具体的な指導法はどのようにすれば良いか?
45 中一にもわかりやすく入試問題を教える方法は何ですか?
46 四月だからこそ、道徳で扱うべき内容は何ですか
V 安心、安全と保護者に感じさせる学級担任の技能
47 入学式前に、支援を要する子への対応をどうすれば良いですか?
48 第一号の学級通信に絶対書きたいことは何ですか?
49 特別に支援を要する子の保護者への最初の連絡は何をすれば良いですか?
50 病気や事故、事件のときの家庭への連絡には、どんな方法がありますか?
51 保護者から苦情の電話がかかってきたらどう対応しますか?
52 入学式後の保護者会、何を話したらよいですか?
53 宿題に関わる苦情や相談への対応はどうしますか
54 保護者に連絡を取る際気をつけること
55 保護者の信頼を得るためにはどのようにすれば良いですか?
56 モンスターペアレントへの対応は、どうすれば良いですか?
57 良かったことやほめることを保護者に伝えるにはどんな方法がありますか?
58 保護者懇談にはどんなコツがありますか?
59 学級懇談はどのように進めれば良いですか?
60 保護者から「訴えます」と言われた時はどうすれば良いですか?
61 一筆箋を書く時のポイントは何ですか?
W 小中連携(中1ギャップ)
62 トラブルを減らすこれだけはやっておきたい布石は何ですか?
63 入学説明会で、小学生の知りたいこと・見たいこと・聞きたいことは何ですか?
64 入学前の人間関係等にこじれが大きい場合、どのように対応すれば良いですか?
65 発達障がいと引き継ぎのある子への対応は、どうすれば良いですか?
66 小学校と中学校の授業システムの違いにどう対応させますか?
67 小学校で習う九九を覚え切れていない子がいたらどうすればいいですか?
68 小学校と中学校の英語の授業の違いは何ですか?
69 小学校による学力の差への対応はどうすれば良いですか?
70 中学から特別支援学級に入った子への対応はどうすれば良いですか?
71 生徒から出た日常的な質問にどう答えますか?
72 気になる子の小学校での情報を知るには、どうすれば良いですか?
73 小学校で登校拒否傾向のある子への対応は、どうしたら良いですか?
74 小学校からの資料で大切なことは何ですか?
75 小学校の時の行動で注意すべきことは何ですか?
76 小学校の先生に聞いておくと良いことは何ですか?
77 生徒に接する時のポイントは何ですか?
78 小中の違いに生徒がとまどうことは何ですか?
79 定期テスト作成にあたって気をつけることは何ですか?
80 頭髪など小学校では良くて中学校ではダメなことをどのように説明すれば良いですか?
81 テスト、戸惑わないように配慮するポイントは何ですか?
82 先輩への接し方で、伝えておくべきポイントは何ですか?
X 生徒指導の布石をどう打つか
83 いじめをさせないための布石は何ですか?
84 万引きに対してどのように指導をすれば良いですか?
85 警察に関わるような事件に対してどう対応しますか?
86 春休みに絶対やっておいた方が良いことは何ですか?
87 わからないことを誰に質問すれば良いですか?
88 部活動入部に向けてどのように支援しますか?
89 自転車通学者に徹底することは何ですか?
90 ネットによるトラブルを防ぐ指導をどのように行えば良いですか?
91 校則を守らない生徒への対応をどうすれば良いですか?
92 上手に他クラスと足並みを揃えるにはどうすれば良いですか?
93 生徒にイライラしたとき、どのように心を鎮めますか?
94 部活動でいじめが起きたときはどうしますか?
95 卒業式での在校生の指導をどうしますか?
96 学級内で起こるトラブルをどのように防ぎますか?
97 目の前でケンカがあった場合、まず何を行い、次に何を行えばいいですか?
98 生徒からいじめられたと訴えがありました。何を行えばいいですか?
99 いじめの兆候を発見した場合、その場でやることは何ですか?
100 暴言を吐く生徒にどのように対応しますか?
おわりに

はじめに

 本書は、初めて担任をする若手の先生方に向けて書いた。この思いに賛同する同志がすぐに二〇人集まった。文部科学省の報告では、平成二五年度に退職する小中学校教員は二三五〇〇人。それに対し、新規採用教員は二二〇〇〇人である。大量退職、採用の時代がいよいよやってきた。私たち中堅教師が学校の中核をなすことになった。これから現場に立つ若手教師や学生に何を伝えられるのか。ともにこの時代に教師として新しい教育文化を創造していく同志と何ができるのか考えた。

 「困った感」

 本書を貫くキーワードは若手の困った感である。同僚である新規採用者に、初めて学級の担任になる時に知りたいことは何か聞いてみた。私たちが当たり前だと思っていること、無意識に先輩から伝承されてきた微細技術や情報が伝わっていなかった。例えば新学期、学級の生徒の名前を覚えて教室に入るのはTOSS教師であれば当たり前である。それを「授業をやっているうちに覚えられるよ」「名前なんて覚えなくても授業できる」という同僚の甘い言葉に惑わされ失敗をしていく。本書はそうした失敗談を上段にまとめ、解決するための身につけたいワザや、プロの指導と対応を下段にまとめてある。本書は新卒教師が担任になった時に困ることをQA形式で書いている。大学では教えてくれない現場の微細技術や指導のポイントを失敗談とともに書いている。チェックシートを活用すれば自分に必要な情報をすぐに取り出せるようになっている。一人でも多くの若手に、この本によって素晴らしい学級と、子どもたちとの出会いが生まれればと考えている。


  平成二五年七月   /吉原 尚寛

著者紹介

谷 和樹(たに かずき)著書を検索»

小学校教諭として22年間勤務。現在,玉川大学教職大学院教授。

TOSS中央事務局/TOSS授業技量検定担当。

吉原 尚寛(よしわら なおひろ)著書を検索»

1974年9月23日生まれ

TOSS東雲代表 向山・小森型理科研究会事務局

千葉県銚子市立第五中学校勤務

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ