小学4年 学級で起こる“こんな困った→どう対応”プロの知恵事典

小学4年 学級で起こる“こんな困った→どう対応”プロの知恵事典

ギャングエイジの入口。次々に起す問題への必勝の王手満載

「黄金の3日間」何をどうすればいいの?/シングルエイジからギャングエイジへ/魔の6月(11月)はなぜおきるのか/4年の学習を知的に/学級経営のこまやかな配慮/校内研修で陥りがちなワナと脱却法/次から次にやってくる問題に先手を打つ


紙版価格: 2,100円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-096417-8
ジャンル:
学級経営
刊行:
対象:
小学校
仕様:
A5判 216頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年12月12日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

まえがき/本書の使い方
第1章 「黄金の3日間」何をどうすればいいの?
1 4年生担任に決まりました。春休みに何を準備すればいいですか?
2 出会い、何を話せばいいですか?
3 4教科の最初の授業、何をすればいいですか?
4 最初の体育の授業、何をすればいいですか?
5 最初の音楽の授業、何をすればいいですか?
6 学級の組織をどのように決めればいいですか?
7 係活動・プロジェクトのイメージがわかないのですが
8 係活動・プロジェクトを同学年の先生に「やめろ」と言われました
9 教材を選ぶ時、どんなことをポイントにすればいいのですか?
10 五色百人一首が仲間づくりに効果があるといいますが……
11 給食の準備と片づけにとても困っています
12 4年生になっても掃除中ふざけたりしていなかったりして困っています
13 発達障害の子を担任してどうしていいかわかりません
14 前の学年でいじめがあったと聞きました。どのような学級経営をすればいいでしょうか
15 学校に怒鳴り込んでくる保護者がいます
16 粗野な子が多く、学級全体でもバラバラです
第2章 シングルエイジからギャングエイジへ
17 どんなトラブルが起こりやすいのですか?
18 反抗的な態度ばかりの子がいて対応に困っています
19 「どうしてあの子が」……万引きをした子の指導
20 靴隠し、ものとりが起こります
第3章 魔の6月(11月)はなぜ起きるのか
21 どうして6月(11月)になると子どもは荒れていくのですか?
22 荒れない学級にはどんな秘密があるのですか?
23 お楽しみ会と「全員達成パーティー」では何が違うのですか?
24 イベントの計画・準備・実行、子どもたちが中心でいいですか?
第4章 4年生の学習を知的に
25 音読カードをしてこない子がいて困っているのですが
26 漢字をなかなか覚えられない子に効果がある方法を教えて下さい
27 辞書をすばやく引ける子に育てたいのですが、少しもはやくなりません
28 楽しく書ける作文のネタを教えて下さい
29 どんな名詩を暗唱させたらいいですか?
30 討論になる詩の授業を教えて下さい
31 難しい四字熟語をどのように教えたらいいですか?
32 漢字を使って楽しい授業ができませんか?
33 問題に正対していない答えが多いのでテストの点数が悪いのですが
34 たった3行の詩で本当に3時間も授業が続くのですか?
35 はがきの書き方はどのように教えればいいですか?
36 漢字パズルのような授業はありませんか?
37 どうしたら慣用句を楽しく教えられますか?
38 「事実」と「考え」が違うことをどうしたら理解させられますか?
39 教科書にない教材文にいい教材(詩)はありませんか?
40 作文が上手になる方法はありますか?
41 国語の新教材の教え方を教えて下さい
42 この新教材はどのように組み立てればいいのですか?
43 1年間の漢字のまとめの問題をしたらだいぶ忘れていました……
44 読書をさせたい子ほど読みません
45 社会科見学学習が多いのですが、計画を立てるだけでも大変です
46 見学学習でけんかをしないか、ちゃんと話を聞くか心配です
47 見学学習の見学カードを毎回つくるのが大変です
48 見学する前に何を指導すればいいですか?
49 見学学習の後のまとめなどはどのように進めればいいのですか?
50 地図帳を使った楽しい授業を教えて下さい
51 地図帳は毎時間使うのですか?
52 都道府県、どうしたら覚えられますか?
53 思考力を鍛える算数のいい問題はありませんか?
54 説明するタイプの指導はいつも重くなってうまくいきません
55 教科書の練習問題が多くて進度が遅れます
56 算数のノートがぐじゃぐじゃです
57 割り算ができるようになりません(ノートの書き方)
58 再び、割り算ができるようになりません(アルゴリズム)
59 理科室の使い方を教えたいのですが
60 観察させる時、何をどのように記録させればいいのですか?(理科)
61 豆電球は教材を与えているだけでもいいですか?
62 人体の授業、今ひとつ盛り上がりません
63 跳び箱は本当に誰でも跳ばせられるのですか?
64 逆上がりは全員達成できますか?(4年生で)
65 25m全員泳げるようにさせたいのですが(4年生だからこそ)
66 なわとび二重跳びができません(4年生なのに)
67 授業参観ではどのようなことをすればいいでしょうか?(4年生ならではの配慮)
68 図工のネタ(やんちゃも熱中する)を教えて下さい
69 4年生の総合、平板な活動になってしまいます
第5章 学級経営の細やかな配慮を教えて下さい
70 家庭学習はどのくらいさせればいいのですか?
71 学習発表会、何をさせればいいでしょうか?
72 「えーやだ」とすぐに言う子がいて学級が盛り上がりません
73 教育実習生がきました。何かと大変になりませんか
74 転校生がきます。何を準備すればいいですか?
75 学級の仲間のことを考えられるようになる指導法はありますか?
76 いじめを予防・発見する方法はありませんか?
77 いじめはどの学級でも起こるのですか?
78 図書室の本をなくした子にどう指導すればいいですか?
79 鼓笛隊の編制で親から文句を言われています
80 学校に水筒を持ってこさせていいですか?
第6章 校内研修で陥りがちなワナと脱却法
81 研究授業をするべきでしょうか?
82 指導案の書き方を教えて下さい
83 研究授業の後、子どもたちに挨拶をさせるべきでしょうか?
84 研究授業、教室環境を整えたいのですが
85 研究の内容・方法など、同僚と意見が合いません
86 NRT検査の結果がよくないのですが
87 事前研究会、学年会を行う時間がありません
88 研究授業で一番気をつけることは何ですか?
89 研究授業の準備をいつからすればいいですか?
90 研究授業、どのような記録を残すといいですか?
第7章 次から次にやってくる問題に先手を打ちたい
91 4年生の席替えをどうすればいいですか?
92 学級編成はどうすればいいですか?
93 生活指導の問題が起きました。どうすればいいですか?
94 いじめが起きたらどうすればいいですか?
95 隣のクラスが学級崩壊です
96 地震などの緊急時に何をどうすればいいですか?
97 モンスターペアレントに怒鳴り込まれました
98 パワハラで困っています
99 4年生になって専科の授業が荒れています
100 4年生の担任としてもっとも大切なことは何ですか?

まえがき

 小学4年生担任、困ることは多い。子どもたちが様々な問題を投げかけてくるからである。

 学級とは「荷物を持って坂を上っていく」ことに似ている。少しずつ努力を積み重ねていけば、目的の場所へ前進するが、その努力をやめたとたん、成長をとめる。成長がとまるのは、学級全体でもあり、教師自身でもある。

 その本質は、教師自身の成長にかかっている。

 「学ぶ教師だけが、子どもの前に立つことを許される」というが、本当である。

 「学ぶ」とは、自分自身で一生懸命考えるという意味ではない。

 「学ぶ」とは「真似ぶ」からきている。まさに「真似」をするのだ。

 先人の知恵に学ぶのである。それを「追試」という。大いに追試をして、今までの実践を超えるものを1つ2つとつくっていっていただきたい。本書を書いたサークルの仲間もみんな、数々の失敗をしている。その失敗を乗り越えてきたのは、先人の知恵に学んできたおかげである。本書には、その体験が詰まっている。

 私は、これまでに4年生担任を6回してきた。似たようなことも起こるし、全く異なるドラマも起こる。

 けんかや万引きなどのトラブルが多いのが4年生の特徴だ。様々なトラブルに対応してきた。一見違ったように見えるトラブルも、対応の原理は同じであることが多い。4年生、ギャングエイジとも呼ばれ、「10歳の壁」といわれる脳の発育のまっただ中にもいる。それら脳の発達の状態から、指導の原理をもっておくことが大切だ。

 また、本書では、4年生には限らないが、学級担任に起こる様々な問題についてもふれることにした。モンスターペアレント、パワーハラスメント、発達障害の子どもへの対応など、問題が次から次に起こる。研究授業、学校行事など、日々の教育活動も多忙だ。

 そのような様々な困った場面での対応術を、100例収めた。

 紙面構成を次のようにしてある。まずは、「よく見られる指導風景」を挙げた。隣の学級、あるいは、自分の学級に当てはまることが多いと思う。次に「常識的でありがちな対応」を挙げた。学校のほとんどの教室では、このように行われているだろう、というサークルの仲間の体験をもとにしている。その上で、「TOSS式の対応」を示した。今まで「成功した実践例」を選択してある。

 ぜひとも、追試して、困った状況から抜け出していただけたらと思う。

 また、まだトラブルに見舞われていない方にも、それを「予防」する対応法を身につけていただきたいと思う。

 本書を刊行するにあたり、明治図書の樋口雅子編集長、企画を進めていただいた玉川大学教職大学院教授の谷和樹氏に執筆の機会を与えていただき、ご指導いただいたことに感謝の意を表する。


   /根本 直樹

著者紹介

谷 和樹(たに かずき)著書を検索»

北海道札幌市生まれ。

神戸大学教育学部初等教育学科卒業。

兵庫県の加東市立東条西小学校,滝野東小学校,滝野南小学校,米田小学校にて22年間勤務。

そのあいだ,兵庫教育大学修士課程学校教育研究科にて,教科領域教育を専攻し修了。

TOSS関西中央事務局を経て現在,玉川大学大学院教授。

根本 直樹(ねもと なおき)著書を検索»

1966年 福島県生まれ

福島大学教育学部卒業

現在,喜多方市立駒形小学校勤務

TOSS福島代表

TOSS認知症予防脳トレ士

向山型国語教え方教室副編集長

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ