小学3年 学級で起こる“こんな困った→どう対応”プロの知恵事典

小学3年 学級で起こる“こんな困った→どう対応”プロの知恵事典

先生の指導が悪いから勉強しない―親の一言にどう応える?

何かにつけて面倒くさいという、運動会の整列でウチのクラスだけ曲がっていてカッコ悪い、日記でもくっつきの“は”“へ”“を”をいつも間違える。TTの時、こちらが話したいタイミングで個別指導をされる、こんな困った現象をどう乗り越えるかを伝授!


紙版価格: 2,100円+税

送料・代引手数料無料

翌日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-096313-3
ジャンル:
学級経営
刊行:
対象:
小学校
仕様:
A5判 216頁
状態:
在庫僅少
出荷:
2019年11月14日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

まえがき/本書の使い方
第1章 学級経営で起こるこんな困ったこと35選
1 学級の秩序を保つ場面で直面するこんな困った
1 男女のペアを組みたがらない子がいる
2 掃除をさぼる子がいる
3 一人一役の当番を忘れてしまう子がいる
4 大きな声で挨拶できない子がいる
5 ランドセルのしまい方が雑でロッカーから落ちていることがよくある
6 机の並べ方が乱雑になってしまう
7 自習になるとほとんど学習しない子がいる
8 ゴミが落ちていても拾おうとしない子がいる
9 成功するパーティーの企画の仕方がわからない
10 子ども達と学級目標を作るヒント
11 学級の組織をどのようにしたらいいかわからない
12 子どもが意欲的に取り組む当番活動とは
13 授業時間に遅れてくる子がいる
14 毎日遅刻してくる子がいる
15 給食を食べるのが非常に遅い子がいる
16 悪いことをした時に素直に謝れない子がいる
2 学習が遅れがちな子への対応で直面するこんな困った
1 忘れ物が多い子がいる
2 学習の準備をしてから休み時間と言っているが、すぐに忘れる子がいる
3 机の中がすぐに汚くなる子がいる
4 チャイムが鳴っても読書をやめない子がいる
5 何かにつけて「めんどくさい」と言う子がいる
6 整理整頓ができない子が多い
7 しょっちゅう宿題を忘れてくる子がいる
8 保護者に「三年生になってから、家庭学習をしなくなった」と言われる
3 不登校、いじめに関する対応で直面するこんな困った
1 隣に座らない、席をちょっと離すなどの差別を見つけた……
2 観察やアンケートでいじめが疑われた場合どう対応するか
3 いじめをなくすためにどのような語りや授業をしたらよいか
4 不登校児童がいる。どのように対応したらよいか
5 教室に入らない子がいる。どのように対応したらよいか
4 万引き、暴力、器物破損などの対応で直面するこんな困った
1 学校の外で通行人への暴言や二人乗り、万引きなど問題行動を繰り返す子がいる
5 行事指導で直面するこんな困った
1 運動会の練習をきっかけに、集団行動が苦手な子が学校に来なくなった
2 運動会で整列が曲がっていてかっこ悪い
3 遠足の時、「疲れた〜」と言って遅れがちな子がいる
4 始業式や終業式で話を聞いていない子が多い
5 避難訓練で真剣さがたりない
第2章 授業時間に起こるこんな困ったこと40選
1 国語の時間に直面するこんな困った
1 音読でどこを読んでいるかわからなくなる子がいる
2 書くスピードが遅すぎる子がいる
3 討論ができるクラスにするにはどのようなステップが必要か
4 授業時間内に漢字を効果的に覚えさせる方法を教えてほしい
5 日記を書かせているがくっつきの「は」「へ」「を」の使い方がいつも間違っている子がいる
2 算数の時間に直面するこんな困った
1 算数の「説明する」問題の教え方がわからない
2 文章問題で何算になるかわからない子がいる
3 算数の問題数が増え、進度が遅れてしまう
4 九九がなかなか覚えられない子がいる
5 四則計算の意味がわからず、立式できない子がいる
6 引き算の筆算やわり算など、時間が経つとできなくなる子がいる
3 社会の時間に直面するこんな困った
1 社会科の教科書を効果的に使うにはどうしたらいいのか
2 見学の時にただ歩いているだけの状態になってしまう……
4 理科の時間に直面するこんな困った
1 実験をすると時間内に終わらない
2 班で実験をさせるとやっている子とやっていない子が出てくる
5 音楽の時間に直面するこんな困った
1 音楽の時間、歌を歌わない子がいる
2 音楽の時間、歌詞を見ずに歌い間違える子がいる
3 何度言ってもリコーダーの手が右左逆になる子がいる
6 体育の時間に直面するこんな困った
1 マットや跳び箱の数が足りません
2 準備運動を真面目にやらない子がいる
3 「集合」と声をかけるが駆け足で来ない子がいる
4 体育座りをどうしても嫌がる子がいる
5 空白の時間に子ども達が好き勝手なことをしてしまう
7 図工の時間に直面するこんな困った
1 早いが雑な子がいる
2 「絵下手だもん」と言って、取り組まない子がいる
8 総合の時間に直面するこんな困った
1 総合的な学習の時間の進め方がわからない
2 探求的な活動をさせたいが、調べ方がわからず無駄に時間が過ぎていく
9 教育課程全般で直面するこんな困った
1 参観日の授業で何をしたらいいかわからない
2 すぐに集中力が切れ、手遊びをする子がいる
3 確認させる指示に素早く反応しない子がいる
4 発表の声が小さい子がいる
5 発表している子の話を聞いていない子がいる
6 授業にあった机の配置を知りたい
7 積極的に発表する子と、なかなか手を挙げない子がいる
8 テストの問題をよく読まないで答えてしまう子がいる
9 テストの見直しをしない子がいる
10 授業中にぼーっとしてしまう子がいる
11 わかっていても、あまり挙手をしない子がいる
12 何度言ってもぐちゃぐちゃにプリントをしまう子がいる
13 何度言っても字が雑になる子がいる
第3章 保護者対応で起こるこんな困ったこと8選
1 保護者の対応でよく直面するこんな困った
1 「ノートがもったいないから詰めて書かせろ」というクレームへの対応
2 懇談会で何を話したらいいかわからない
3 懇談会で保護者同士が話し合えるようにするには……
4 勉強道具がすべてない子がいる
5 宿題をして来ない子の親があなたの指導が悪いから勉強しないと言ってくる
6 家庭環境が非常に悪い子がいる
7 配布物を全く読まない保護者がいる
8 宿題をたくさん出してくださいと言われる
第4章 校内研修で起こるこんな困ったこと10選
1 校内の研修テーマで直面するこんな困った
1 問題解決学習にある「自力解決の時間」を取るように言われる
2 問題解決学習をしないと非常に嫌な顔をされる
3 「ノートに自分なりの考えを書く」ことになっているが……
4 「関係図」を書かせる単元だが、「教え込んでは多様な意見が出ない」と言われた
5 自力解決の時間に「わからねー」という声が聞こえる
6 算数の問題解決学習をやめさせるにはどうしたらいいか
2 校内の研修運営で直面するこんな困った
1 研修の時間が勤務時間を超える……
2 研修の話し合いを長くしても授業はうまくならないと思うが……
3 職員会議で直面するこんな困った
1 職員会議で何をどう提案すればよいか……
2 輪番で回ってくる司会のやり方がわからない
第5章 同僚との付き合い方で起こるこんな困ったこと7選
1 初任者研修の講師との付き合い方で直面するこんな困った
1 初任者研修の講師とうまく付き合うには
2 教科書を使った指導をやめるように言ってくる
2 同学年の先生との付き合い方で直面するこんな困った
1 学年を組んでいる先生とうまく付き合うには
2 酒井式で絵を描かせたいが、嫌な顔をされる
3 TT指導で、こちらが話したいタイミングで勝手に個別指導される
3 勤務時間にかかわって直面するこんな困った
1 帰る時刻が遅くなってしまう
2 初任者研修の講師との打ち合わせを早く終わらせるにはどうしたらよいか

まえがき

 私が主宰している教育サークルに新卒二年目の先生がいます。

 その先生が新卒一年目に担任したのが小学三年生でした。 私のサークルでは、毎日の実践をML(メーリングリスト)で交流しています。

 毎日、新卒の先生がその日にあった出来事を流します。それに対して私が返信をしました。

 「国語の授業をどう進めたらよいかわかりません」

 「今日学校で子どものトラブルがありました。どう処理すればよかったのですか」

 このような本当に日常の悩みごとを毎日交流してきました。

 本書は、それらの「困った!」という悩みを百集め、「困った!」という悩みをどう解決したかということを書いたものです。拙い内容かもしれませんが、「困った!」という悩みはすべて実際の学校現場で起こったことです。そして、実際に学校現場で解決した方法を載せました。実際に実践したことが書かれています。


  学級には様々な事件が起こる。(中略)

  教師は、これらすべての事実と正面に向き合いながら、子どもたちにとって価値ある教育を営んでいかなければならない。 (『向山洋一発 学級づくり―個への対応QA事典』百二十七ページ 向山洋一著 法則化アンバランス編 明治図書)


 私たちサークル員も日々学級で起こる様々な事件と向き合い続けています。本書は現段階での私たちの学びの成果です。ご批判・ご叱正をいただけたら幸いです。

 本書は、向山洋一先生が全国にTOSSサークルを作ってくださったおかげで世に出ることができました。また、出版にあたっては、明治図書の樋口雅子様に多くのご助言、励ましのお言葉をいただきました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


   /赤塚 邦彦

著者紹介

谷 和樹(たに かずき)著書を検索»

北海道札幌市生まれ。

神戸大学教育学部初等教育学科卒業。

兵庫県の加東市立東条西小学校,滝野東小学校,滝野南小学校,米田小学校にて22年間勤務。

そのあいだ,兵庫教育大学修士課程学校教育研究科にて,教科領域教育を専攻し修了。

TOSS関西中央事務局を経て現在,玉川大学大学院教授。

赤塚 邦彦(あかつか くにひこ)著書を検索»

1979年4月12日北海道札幌市生まれ

北海道洞爺湖町立とうや小学校教諭

法則化アツマロウ代表

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • 対応する際の考え方が、「目から鱗」のものが多いです。
      常識的でありがちな対応で、「ああ、自分もやってるな」、
      TOSS式の対応で、「ああ、そう考えればよかったか」と思うことがいくつもあります。
      すべてが自分の学級に当てはまる訳ではないはずですが、
      困りやすい事例を事前に知っておいて、それに対応する方法をいくつも知っておくことは大切だと思いました。
      他の学年のものも気になるので読んでみます。
      2014/2/16
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ