特別支援を要する子の担任に必要な黄金の三日間を成功させる基本スキル

特別支援を要する子の担任に必要な黄金の三日間を成功させる基本スキル

ロングセラー

好評6刷

学級経営にとって重要な3日間の対応と、褒める技術を紹介。

あなたは毎年、特別支援の子を担任している?というと、嘘だろうと思うかもしれませんが、実際にはどのクラスにも必ずいる。その子たちとの関係を築いていないと学級崩壊が起こるー今や常識だ。そして、その最大の留意点は、学級開き“黄金の3日間”だ。そのあり方を詳述。


紙版価格: 2,260円+税

送料・代引手数料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
978-4-18-059710-9
ジャンル:
特別支援教育
刊行:
6刷
対象:
小学校
仕様:
A5判 216頁
状態:
在庫あり
出荷:
2019年12月9日
キャッシュレス・ポイント還元事業
テキスト採用品見本お申込みはこちらから

もくじ

もくじの詳細表示

まえがき
T 特別支援を要する子どもたちをひきつけ、黄金の三日間を成功させる学級経営の基本スキル1
/大恵 信昭
[1] ほめて、しつける
[2] 見通しをもたせることで、安定する
[3] 落ち着いて取り組むことのできる教材を準備する
[4] 係活動は一人一役にする
[5] 雨の日に備えたメニューを準備しておく
U 特別支援を要する子どもたちをひきつけ、黄金の三日間を成功させる学級経営の基本スキル2
/大恵 信昭
[1] 小さいうちにアドバルーンをたたく
[2] 特別支援を要する子が複数いる場合の座席配置のポイント
[3] 個より全体を優先し、他の多くの子を味方につける
[4] 保護者と良好な関係を築く
V 障害別特性と、黄金の三日間を成功させる指導のポイント
/大恵 信昭
[1] ADHDの実態をつかみ、黄金の三日間を成功させる指導のポイント
[2] ASの子の実態をつかみ、黄金の三日間を成功させる指導のポイント
[3] 知的障害の子の実態をつかみ、黄金の三日間を成功させる指導のポイント
[4] ダウン症の子の実態をつかみ、黄金の三日間を成功させる指導のポイント
[5] 肢体不自由の子の実態をつかみ、黄金の三日間を成功させる指導のポイント
W 特別支援を要する子どももひきつける、各教科、領域別、黄金の三日間でのおすすめメニュー1
/大恵 信昭
[1] 国語のおすすめメニュー1 五色百人一首
[2] 国語のおすすめメニュー2 漢字パズルなど
[3] 社会のおすすめメニュー1 地図帳ゲーム
[4] 社会のおすすめメニュー2 平成五円玉をつくろう
[5] 算数のおすすめメニュー TOSSランドサイト→百玉そろばん
X 特別支援を要する子どももひきつける、各教科、領域別、黄金の三日間でのおすすめメニュー2
/大恵 信昭
[1] 道徳のおすすめメニュー イチロー選手の夢
[2] 自立活動のおすすめメニュー ヨーガで心と身体と呼吸を整える
[3] 体育のおすすめメニュー 短いパーツで組み立てたバスケットの授業
[4] 総合的な学習のおすすめメニュー ジュニアボランティアの授業
[5] 生活単元学習のおすすめメニュー 掃除の指導
Y 発達障害の子どもが複数在籍するクラスを担任した時の、黄金の三日間のドラマ
/大石 明子
[1] 持ち上がりで、発達障害の子どもが複数在籍するクラスの担任になる
[2] 春休み、四月のスタートに向けて準備をする
[3] 知的な授業で、子どもたちを熱中させる
[4] 黄金の三日間が終了、これからが勝負である
Z 新卒、若手教師に必要な黄金の三日間を成功させる基本スキル
/秋山 良介
[1] 今年こそは黄金の三日間を成功させたい
[2] 黄金の三日間がスタート、子どもたちに大事なことを伝えていく
[3] 五色百人一首の指導、サークルで練習した成果が出た
[4] 夏休みになって、七月までを振り返る
[5] 黄金の三日間に役立つTOSSインターネットランドのおすすめサイト
[ 中学・高校教師に必要な黄金の三日間を成功させる基本スキル
/櫻又 英尊
[1] 生徒の名前を覚える
[2] 学級目標決めで成功体験を積ませる
[3] 学級委員、係決めで失敗しない方法
[4] 提出物を徹底的に詰める
\ 特別支援学級担任に必要な黄金の三日間を成功させる基本スキル
/光村 拓也
[1] 新卒期の普通学級担任の苦い思い出
[2] 特別支援学級の子どもたちとの出会い 黄金の三日間に向けて、準備に力を注ぐ
[3] いよいよ、特別支援学級の子どもたちとの生活が始まる
[4] 複式での授業。一時間の綿密な組み立てが必要となる
] これだけはやってはいけない、黄金の三日間でのNG対応
/大恵 信昭
[1] NG対応1 甘やかせて、子どもの言いなりになり、何でも受け入れる
[2] NG対応2 無計画、行き当たりばったりで、予定を変更する
[3] NG対応3 教えずに叱る
]T 黄金の三日間を迎えるまでの春休みの過ごし方のポイント
/大恵 信昭
[1] 春休みの学級事務チェックリストを活用する
[2] 春休みの仕事を早く終える仕事術
[3] 春休み最終日、子どもたちと会う前日の過ごし方のポイント
]U 今からでも立て直せる、年度途中からの立て直す基本スキル
/大恵 信昭
[1] 四月、授業にこそ力を注ぎ、立て直す
[2] 五月の連休明け、まだまだ立て直せる
[3] 夏休み明け、白銀の三日間を有効に生かす
[4] 年度途中でも、あの手この手を尽くす
あとがき

まえがき

 毎年、あなたは特別支援を要する子を担任する。

 「嘘だろ」と考えている人も、実は担任している。

 クラスには、六パーセントから一四パーセントの特別支援を要する子が存在している。

 だから、クラスには、二人から四人程度の特別支援を要する子がいると考えたほうがよい。

 そういった子どもたちと毎年学級をつくっていく。

 「うまくいったな」と思う年は、その子たちとのかかわりもうまくいったのだろう。

 また、「今年は、駄目だった」と思う年は、対応がうまくいかなかったのだろう。

 「そういうもんだ」と思っている人には、進歩はない。

 「うまくいかなかった」ときには、それなりの原因がある。それを突き詰めて考えてみる必要がある。

 その原因を乗り越えることで毎年安定した学級経営が可能となる。

 では、うまくいかなかった原因はなんだろうか。

 その原因の多くが、実は黄金の三日間にある。

 この黄金の三日間とは、四月の学級開き最初の三日間を言う。

 この時期だけが、教師の経験則として、教師の指示が通りやすい。

 先生の話を聞こうとする唯一の時期なのだ。

 これは、特別支援を要する子も同じなのだ。

 教室を飛び出す子も、教室を歩きまわる子も、暴言を吐く子もこの三日間は、教師の言うことを聞こうとする。この時期だけなのだ。

 このことを知って、特別支援の子を担任するのと、しないのとでは一年間が大きく変わってくる。

 最初の三日間で、子どもを一人一人具体的な事実で褒めているか。自分に問うとよい。

 教師の心がまえとして「褒める」ことができないと担任はできない。

 叱る場面でも「褒める」ことができなければならないのだ。

 向山洋一氏は、学級開きの日、ジーパンをはいて学校に行く。それは、特別支援の子が、同じジーパンをはいてくることを期待し、ジーパンが同じだけでも褒めようと思ったと記している。

 教師は、褒めることが仕事なのだ。

 黄金の三日間で、対応を間違わなければどの子も褒めることができる。

 褒めることで、脳の中に気持ちよくなるサイクルを生み出す。例えば、ドーパミンとい物質が褒めることにより分泌される。このドーパミンはやる気の元なのだ。

 本書は、黄金の三日間で特に気をつけたい行為を紹介した。また、子どもを褒める技術を紹介している。多くの先生に役立つと思う。手に取っていただければ幸いである。


   TOSS岡山サークルMAK代表 /甲本 卓司

著者紹介

甲本 卓司(こうもと たくし)著書を検索»

TOSS岡山サークルMAK代表

『ジュニア・ボランティア教育&総合的な学習』誌編集長

岡山県久米郡久米南町立弓削小学校教諭

大恵 信昭(おおえ のぶあき)著書を検索»

法則化MAKアイランド代表

香川県立香川中部養護学校教諭

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのご感想・ご意見を募集中です

      明治図書
    • ADHDや、アスペルガーの子へ新年度最初の対応、
      毎年、悩みます。

      うまくいかなくて、学級を荒らしてしまったことも
      あります。

      障害別に、特別支援を要する子への対応のポイントを
      簡潔に示されており、大変参考になりました。

      教師の一年を決める、黄金の三日間。

      成功させるために、必読の一冊だと思いました。

      若い先生や、教職を志す学生達にも、ぜひすすめて
      いきたいです。
      2010/2/27こうすけ
読者アンケート回答でもれなく300円分のクーポンプレゼント!

ページトップへ