検索結果
キーワード:
ゆるやかにつながるインターネット
ジャンル:
国語
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
  • 向山型国語に挑戦/指定教材 (第79回)
書誌
向山型国語教え方教室 2014年4月号
著者
雨宮 久
ジャンル
国語
本文抜粋
次の言葉を授業しなさい。  光村図書五年「銀河」に「ゆるやかにつながるインターネット」という教材文があります…
対象
小学校/中学校
種別
グラビア・扉・表紙
仕様
全1ページ (無料提供)
  • 特集 子ども熱中!“要約指導の定石”授業辞典
  • 発問・指示入り!要約指導の定石=3学期教材の事例紹介
  • 小学5年 教材「ゆるやかにつながるインターネット」要約指導の定石
書誌
国語教育 2014年10月号
著者
下地 宏昌
ジャンル
国語
本文抜粋
説明文は次のような指導が考えられる  @『問いの文』、『答えの文』を探す。 A段落ごとにトピックセンテンス(中心となる文)を探す…
対象
小学5年
種別
特集
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 国語力の診断評価―授業挿入の新技法
  • 国語スキルの定着度チェック!―授業で使えるミニテスト 3学期教材の実例紹介
  • 5年「ゆるやかにつながるインターネット」(光村図書)国語スキル定着度チェックのミニテスト
書誌
国語教育 2014年12月号
著者
酒井 基成
ジャンル
国語
本文抜粋
一 出題のポイント 説明文教材は、筆者の主張内容と、論の展開方法がポイントである。 この文章では、筆者の主張について、例示を多く用いながら論じる構成で書かれている。その中で、「強いつながり」「ゆるやか…
対象
小学5年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 向国高段者のバックヤード 松崎力の国語教室 (第2回)
  • 書く力の個人差をTOSSメモで補い、通知表所見まで作成する
書誌
向山型国語教え方教室 2014年6月号
著者
松崎 力
ジャンル
国語
本文抜粋
一 個人差を埋める授業 教科書にある「書く」単元、ここは個人差が出やすい単元である。 教科書を読んで、「さあ、作文を書きなさい」と言っても、まったく鉛筆が動かないという子どももいる。書けたとしても、作…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 美文字指導のポイント (第7回)
  • 1年生/一年生の硬筆指導
書誌
国語教育 2014年10月号
著者
松本 一樹
ジャンル
国語
本文抜粋
1年生の1学期の国語・書写指導は、「ひらがな」が中心である。字を書く前に、次のことは、繰り返し指導されていなければならない…
対象
小学1年
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 特集 目標に向かって!単元を貫く言語活動の授業づくり
  • 小学校・実践授業の展開
  • 高学年/ここに合点!説明文解説ブックをつくろう―要旨をとらえて、自分の考えを明確にする力を付ける〜「まんがの方法」(教育出版五年)〜―
書誌
実践国語研究 2014年7月号
著者
田中 玲里
ジャンル
国語
本文抜粋
一 本単元を貫く言語活動とその特徴 本単元を貫く言語活動として「説明文解説ブックを作る」ことを位置づけた…
対象
高学年
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 美文字指導のポイント (第9回)
  • 3年生/初期の毛筆指導は、どのようなステップで成功体験をさせるかである
書誌
国語教育 2014年12月号
著者
原田 朋哉
ジャンル
国語
本文抜粋
毛筆指導のような実技指導のポイントは、「成功体験」につきる。 出来上がった作品を掲示したものを、本人が「もう一度見つめたい。」と思わせないといけない。特に三年生の段階では、初めての体験で、「自分の字な…
対象
小学3年
種別
連載・常設
仕様
全2ページ (20ポイント)
  • 論理的な記述力の開発に挑む ―「習得」から「活用」へ―
  • 2 論理的な記述力の開発に挑む―低学年
  • 「思考の観点」と教材化の工夫
書誌
国語教育 臨時増刊 2009年2月号
著者
香月 正登
ジャンル
国語
本文抜粋
1 はじめに 「論理的な記述力」を育てる。そのために、「読解」と「表現」の関連指導がますます重要になる。むしろ、一体的な指導といったほうがよいかもしれない。そこで問題となるのが二つ。一つは、「読解」と…
対象
低学年
種別
記事
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 「絶対評価」の到達規準をどう創るか
  • 国語科の到達規準をどう創るか
  • 中学校/言語技術の明確化・体系化そして、ゆるやかな系統化
書誌
授業研究21 2001年12月号
著者
堀 裕嗣
ジャンル
授業全般/国語
本文抜粋
一 第一に「言語技術」の明確化  国語科の評価規準をどう創るか――理念的には何も難しくはない。一時間一時間の指導事項を明らかにして、それに基づいて評価規準を創れば良いのだ。また、評定はその積み重ねによ…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 「多読」へ導くための授業の改善
  • 提言・「多読」へ導くために授業をどう改善するか
  • 「多読」の方策へのヒントを図書館から得る
書誌
国語教育 2006年12月号
著者
府川 源一郎
ジャンル
国語
本文抜粋
図書館の話を二つする。 ひとつは、上野の森にある国際子ども図書館。東京芸術大学と、国立博物館にはさまれた位置にある。明治三九年に帝国図書館として建てられ、昭和四年に増築された明治期ルネサンス様式の建物…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • コンピテンシー・ベースの新しい国語授業づくりに向けて (第3回)
  • 言語活動の選択と「コンピテンシー」
書誌
国語教育 2015年12月号
著者
中村 和弘
ジャンル
国語
本文抜粋
これからの国語科の授業は、言葉を使って言葉について学ぶという国語科の教科特性を生かした、コンピテンシー(資質・能力)の育成へと向かっていくように思われる…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 力をつける宿題の出し方
  • 力をつける宿題の出し方―中学生
  • 中学生の時期の発達課題に合わせて
書誌
国語教育 2011年7月号
著者
植西 浩一
ジャンル
国語
本文抜粋
一 小学校段階での宿題 小学校段階での宿題は、毎時間の授業のあとに少量ずつ、長期休暇中を除けば提出期限を比較的近く設定して(通常は次の国語の授業で提出することとして)、出されることが多い。課題の内容は…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 子どもが自覚して進める国語科学習の創造
  • 子どもが自覚して進める国語科学習がもたらすもの―あとがきにかえて―
書誌
実践国語研究 別冊 2004年12月号
著者
小野田 文雄
ジャンル
国語
本文抜粋
一  「国語教育を拓く会」が活動を開始して10年。通称「拓の会」は、谷口茂雄氏の滋賀県総合教育センターでの国語科の授業改善研究がきっかけとなって生まれた研究サークルである…
対象
小学校/中学校
種別
記事
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 特集 「双方向型作文学習」の提案
  • 大内提案に対する意見
  • 伝え合う活動を要求する状況的場の条件の発見とその組織、展開を
書誌
国語教育 2000年9月号
著者
大西 道雄
ジャンル
国語
本文抜粋
一 大内善一氏の、「伝え合う力」を高めるための作文学習の指導方法として提案された双方向型作文学習の主旨には、基本的に異論はない。しかし、若干、見解を異にするところもあるので、私見を述べさせていただく…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • ミニ特集 教室が熱中する暗唱詩文集
  • 学級全員で取り組んだ暗唱詩文集
書誌
向山型国語教え方教室 2008年6月号
著者
水野 正司
ジャンル
国語
本文抜粋
私は6年生を担任したときに『中学生のための暗唱詩文集』を全員に持たせた。小学生にも読ませたい名文がそろっている。4月に学級費で購入した。1ページ目に「この本の使い方」が書いてある…
対象
小学校/中学校
種別
小特集
仕様
全1ページ (10ポイント)
  • コンピテンシー・ベースの新しい国語授業づくりに向けて (第4回)
  • 資質・能力の育成と「単元」というスタイル
書誌
国語教育 2016年1月号
著者
中村 和弘
ジャンル
国語
本文抜粋
一 「学びたいこと」への置き換え 国語科の授業づくりは、教師の教えたい指導事項を、言語活動を通して子どもが学んでくれるようにデザインを考えるところから始まる。「教師の教えたいこと」を、どう「子どもの学…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 特集 国語学力づくりアクションプラン
  • 書きの学力づくりアクションプラン
  • 書きの学力づくりここに重点を
書誌
国語教育 2003年4月号
著者
大西 道雄
ジャンル
国語
本文抜粋
1 今日育成することが求められている書きの学力は、コミュニケーション機能を基本とする書くことの活動力である。すなわち、言語生活におけるさまざまな目的と必要を、書くという活動によって達成する技術と方法と…
対象
小学校/中学校
種別
特集
仕様
全3ページ (30ポイント)
  • 書評
  • 『国語科授業再生のための5つのポイント』(堀江祐爾著)
書誌
国語教育 2007年12月号
著者
井上 雅彦
ジャンル
国語
本文抜粋
本書は、これからの国語の授業をどのように展開したらよいのかという教師の疑問に、わかりやすく答えてくれる。図や写真を交えて解説される、次の国語力を高める「よりよい授業づくりのための5つのポイント」は、実…
対象
小学校/中学校
種別
連載・常設
仕様
全1ページ (無料提供)
  • 特集 「読解力向上」国語科の果たす役割
  • 「読解力向上」中学校現場からの実践提案
  • 生涯の読書を支える力としての読解力を育てる
書誌
国語教育 2007年2月号
著者
宗我部 義則
ジャンル
国語
本文抜粋
PISA調査では、テキストを「連続型」と「非連続型」とに分けたり、読むという行為を「@情報の取り出し」「Aテキストの解釈」「B熟考・評価」のプロセスでとらえ、その達成度を評価した点が注目されています…
対象
中学校
種別
特集
仕様
全4ページ (40ポイント)
  • 手の内公開・教材研究と発問づくり (第23回)
  • 説明文「便利」ということ(4)
  • 漢字表記と段落内構造
書誌
授業のネタ 教材開発 2003年2月号
著者
野口 芳宏
ジャンル
授業全般/国語
本文抜粋
12 なるべく漢字表記で 第十一段から最後までの文章を引く。 * * * J一人一人が使う道具とちがい、たくさんの人が使うせつびについては、そのような解決方法をとれないこともあります…
対象
小学校
種別
連載・常設
仕様
全3ページ (30ポイント)
※選択した記事は、このページ内のみが操作対象です。他ページでの選択は含みません。
ページトップへ