集中力がアップのフラッシュカード&学習カードの活用B 中学年(算・理・音)

集中力がアップのフラッシュカード&学習カードの活用B 中学年(算・理・音)

ロングセラー

好評2刷

フラッシュカードで子ども一気に授業に引き込む!

リズムとテンポ、この2つのキーワードで子どもを授業に引込むフラッシュカード。本書は、算数・理科・音楽、各単元の基礎基本的な指導事項を、イラストを多用した遊び感覚で使える実物カード例のほか、フラッシュカードを楽しく進めるコツなどを収録したマニュアル付。

紙版価格: 2,000円+税

送料無料

当日発送

電子書籍版: 未販売

電子化リクエスト受付中

電子書籍化リクエスト

ボタンを押すと電子化リクエストが送信できます。リクエストは弊社での電子化検討及び著者交渉の際に活用させていただきます。

ISBN:
4-18-044713-4
ジャンル:
授業全般
刊行:
2刷
対象:
小学校
仕様:
B5判 128頁
状態:
在庫あり
出荷:
2014年9月2日

目次

もくじの詳細表示

刊行の言葉・本書の使い方
T すぐ使えるカード編
算数カード
★補助計算をつけたわり算◆6枚◆
★単位の換算{かさ・重さ・時間・距離}◆24枚◆
★かさ◆6枚◆
★大きな数◆4枚◆
★図形◆10枚◆
★円の半径・直径の長さ◆6枚◆
★グラフ◆8枚◆
★角度◆9枚◆
★分数◆11枚◆
理科カード
★実験や観察で使う器具・用具◆21枚◆
★水のすがた 用語◆9枚◆
★電気{電池の種類・回路・電池の直列/並列つなぎ}◆11枚◆
★動植物の活動や成長のようす◆63枚◆
★月と星・星座の名前◆14枚◆
★宇宙の観察用具◆2枚◆
音楽カード
★音符・休符・記号◆28枚◆
★階名{五線譜・五線譜上の4分音符・鍵盤・リコーダー}◆46枚◆
★リズム◆20枚◆
★楽器の名前・ひきかた◆39枚◆
U 解説 使い方のマニュアル
算数の解説
★補助計算がわかるフラッシュカード
★フラッシュカードで「詰め」の一押し
理科の解説
★変化のある繰り返しで,一気に集中!
★これでバッチリ!押さえていきたい用語集
音楽の解説
★音符が読め,リズムがとれるらくらく基本学習
★どんなクラスでも子どもが熱中!フラッシュカード
算数 /上杉 圭子/渡邉 康子
理科 /上山 留美/平田 千晶
音楽 /伴 佳代/関根 朋子

まえがき

 フラッシュカードは,授業の導入にとても役立ちます。

 チャイムが鳴って,子どもたちそれぞれが教室に戻ってきて,ばらばらな状態で授業に入るのですが,待っていたら時間がもったいないです。もう用意している子たちへ,授業を始めます。すると遅れてきた子も,急いで授業に入ってきます。

 フラッシュですから,大変短い瞬間にカードをめくっていき,瞬間に見せていきます。

 時間の勝負です。次々とめくり,全体で声を出していけば,一気に授業への準備になります。

 ただ,めくっていくだけではなく,日々練習すると,瞬間に見せる手際もわかってきます。


1.持ち方

 右手でめくる場合は,左手でカードを支える。

 カードを,下から受けるかたちで支える。


2.めくり方

 うしろから,前に送る。

 元のカードと,めくるカードとをあまり離さず,ぴったりつけるかたちでめくる。


3.指の送り方

 カードを支えている左手の親指で,一番うしろのカードを押し上げる。

 右手は親指と人差し指で,すばやく,一番うしろのカードをつまみ,前へ送る。


4.カードの位置

 カードの種類にもよるが,体の横で顔は見えるところにする。

 カードをめくりながらも,子どもたちが見えるようにする。

 とくに英語は,口の形が見える口の横がよい,とされている。


 基本はこのようですが,やっていくうちに教室の子どもの数や広さなどによって,子どもたちが見やすいように工夫するといいかと思います。


 もう一つの使い方で,学習カードの使い方もあります。特に社会科・理科の用語などですが,フラッシュカードという使い方でもいいですし,授業の中で再度習熟させること,最後の確認等で,使うことも考えられます。

 社会・理科の用語は,特別な言い回しがあるので,なかなか理解できない子がいます。

くりかえし提示することで,用語になじんで定着しやすいものです。子どもは初めて聞く言葉に,抵抗をおぼえます。でも,知っている言葉には,にわかに関心を持つものです。

 授業の中での活用も,工夫次第でいろいろ考えられそうです。

 この本には,各カードの紹介が3部作で提示されています。

 @ カード実物の例

 A 使い方の解説

 B カード実物の例の一覧


 実物のカードは,コピーや印刷をしてそのまま使えます。

 一枚の紙に一つの項目のものもありますし,2つの項目を入れる,また裏を利用する,と印刷の仕方も多様にできるようにしています。

 教科ごとにできるだけ,バラエティーに富むように一覧表をつくったつもりですが,是非,読者の方々の工夫をお願いします。

 なお,カードの用紙はフラッシュカードにするには多少堅いケント紙など,学習カードには,画用紙よりすこし厚い紙で大丈夫でしょう。

 プリントアウトするには,ケント紙はちょっと厚いです。プリントできる的確な用紙を探してみてください。


   /石川 裕美

著者紹介

石川 裕美(いしかわ ひろみ)著書を検索»

1953年生まれ

東京学芸大学卒

現在 目黒区立東根小学校教諭

TOSS中央事務局員 女教師ツーウェイ編集長

※この情報は、本書が刊行された当時の奥付の記載内容に基づいて作成されています。
    • この商品は皆様からのレビューを募集中です!

      レビューを投稿する

      明治図書

ページトップへ